公務員になるための情報サイト

「栄養学のプロフェッショナル」の地方公務員「管理栄養士」になるには?

地方公務員「管理栄養士」になる方法の解説ページです。国家資格である「管理栄養士」の資格をもち、所属する自治体が運営する保健所や病院などの施設に勤務し、職務を全うします。地方公務員には、他に栄養士や学校栄養士などの採用もあります。

2017年04月22日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
「管理栄養士」として働く「地方公務員」になるには?
行政管理栄養士になるには

「管理栄養士」として働く「地方公務員」になるには?

地方公務員の管理栄養士になるには、各地方自治体が実施する管理栄養士の採用試験に合格し採用されることでなることができます。勤務先は、主に地方自治体が運営する市役所や保健センター、病院や学校です。

受験資格は、厚生労働省が管轄の国家資格である「管理栄養士」が必要で、その他年齢などについて受験する地方自治体ごとに定められています。

なお、「管理栄養士国家試験」の受験には、栄養士の免許があらかじめ必要です。

地方公務員の管理栄養士の仕事は、勤務先で異なり、検診や栄養士免許手続きなどを行う保健所、市民への栄養指導をする保健センター、給食や献立の計画をする学校や病院と、業務は非常に多岐にわたります。

また、地方公務員には、他に栄養士や学校栄養士などの採用もあり、国立病院に国家公務員としての管理栄養士の採用もあります。

管理栄養士・栄養士・学校栄養士に関するおすすめ記事

地方公務員に関する新着記事

ページトップ