北朝鮮2022年10月4日、約5年ぶりに中距離弾道ミサイルを太平洋上に落下させる武力挑発

北朝鮮、アメリカに核戦力向上を誇示する狙いか(2022年10月13日情報)

公務員総研の行政・社会ニュース紹介、今回は「北朝鮮、米に核戦力向上を誇示する狙いか」についてです。


北朝鮮、米に核戦力向上を誇示する狙いか

北朝鮮が米に核戦力の向上を誇示する狙いかと、読売新聞オンラインのツイッターから投稿がありました。

北朝鮮は約5年ぶりに中距離弾道ミサイルを発射

北朝鮮は10月4日、約5年ぶりに中距離弾道ミサイルを太平洋上に落下させる武力挑発を強行したというニュースがありました。

原子力空母を朝鮮半島周辺に展開するなど、軍事的な圧力を強める米国に対し、核戦力の向上を誇示する狙いがあるとみられているそうです。

10月4日のミサイルは、中距離弾道ミサイル「火星12」か、その改良型の可能性があるということです。

参考)読売新聞オンライン:https://www.yomiuri.co.jp/world/20221004-OYT1T50144/

中距離弾道ミサイル「火星12」とは?

「火星12」は、北朝鮮が開発した中距離弾道ミサイル (IRBM) です。

このミサイルは液体燃料方式で、射程がおよそ5000キロに及びます。

北朝鮮の首都、ピョンヤンを中心に半径5000キロの円を描くと、アメリカ軍の拠点があるグアムに加え、インドの首都、ニューデリーもその中に含まれます。

参考)NHKのサイト:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221004/k10013847871000.html
防衛省のサイト 北朝鮮による核・弾道ミサイル開発について:https://www.mod.go.jp/j/approach/surround/pdf/dprk_bm.pdf

北朝鮮のミサイルの発射の狙いは?

北朝鮮のミサイルの発射の狙いについて、NHKのサイトでは以下のような内容がありました。

北朝鮮情勢に詳しい南山大学の平岩俊司教授は、今回、弾道ミサイルを発射した北朝鮮のねらいについて「韓国で5年ぶりの保守政権であるユン・ソンニョル(尹錫悦)政権ができ、米韓合同軍事演習、日米韓の共同訓練も行われ、3か国が結束を固めている中、政治的なメッセージとして発射したとみられる」と分析しています。

出典)NHKのサイト:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221004/k10013847871000.html


みんなの反応・SNSの反応

本記事は、2022年10月13日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

日本の行刑
気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG