公務員になるための情報サイト

【平成29年度公務員試験】「法務省専門職員(人間科学)」の試験情報

国家公務員専門職である「法務省専門職員(人間科学)」の平成29年度の採用試験の日程や試験内容、試験実地場所などについてご紹介します。難易度は、大学卒業程度で職3種類と社会人採用や性別による採用区分があります。

2018年03月30日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
試験日程と試験地について
「矯正心理専門職」の第一次試験・第二次試験の内容について
法務教官と保護観察官の第一次試験・第二次試験について
採用予定人数について
【平成29年度公務員試験】「法務省専門職員(人間科学)」の試験情報

平成30年度国家「法務省専門職員(人間科学)」の採用試験日程

平成30年度 国家公務員採用試験の「国家公務員専門職 法務省専門職員(人間科学)」の試験日程のお知らせです。
受付期間は、2018年3月30日(金)9:00~4月11日(水)です。

試験日程と試験地について

試験の受付期間は、3月31日(金)9:00~4月12日(水)でインターネットから申し込みます。第一次試験が6月11日、第二次試験が7月11日から7月13日です。最終合格発表日は、8月23日9時~です。

試験地は、第1次試験地と第2次試験地、矯正心理専門職、法務教官及び法務教官(社会人)と保護観察官でそれぞれ異なります。

矯正心理専門職、法務教官及び法務教官(社会人)の第1次試験地は、札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市、那覇市で、第2次試験地は、札幌市、仙台市、さいたま市、名古屋市、堺市、広島市、高松市、福岡市、那覇市です。

保護観察官の第1次試験地は、札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市、那覇市で、第2次試験地は、札幌市、仙台市、さいたま市、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市、那覇市です。

「矯正心理専門職」の第一次試験・第二次試験の内容について

「矯正心理専門職」区分と「法務教官」「保護観察官」区分では、試験の形式が異なります。

矯正心理専門職は第一次試験では、基礎能力試験・専門試験(多肢選択式)・専門試験(記述式)の3つ実施されます。

基礎能力試験は公務員として必要な基礎的な能力(知能及び知識)についての筆記試験です。内訳は知能分野27題(文章理解11 判断推理8 数的推理5 資料解釈3)知識分野13題(自然・人文・社会13(時事を含む))で、配点比率は2/11です。

専門試験(多岐選択式)は法務省専門職員(人間科学)として必要な専門的知識などについての筆記試験です。内訳は必須問題(心理学に関連する領域)選択問題(心理学、教育学、福祉及び社会学に関する基礎の40題から任意の計20題選択)で、配点比率は3/11です。

専門試験(記述式)は法務省専門職員(人間科学)として必要な専門的知識などについての筆記試験です。内訳は心理学に関連する領域1題で、配点比率は3/11です。

第二次試験では、人物試験があります。こちらは、人柄、対人的能力などについての個別面接で、配点比率は3/11です。加えて、身体検査と身体測定(視力について測定)が実施されます。

法務教官と保護観察官の試験科目も4つあります。

基礎能力試験は公務員として必要な基礎的な能力(知能及び知識)についての筆記試験です。内訳は知能分野27題(文章理解11 判断推理8 数的推理5 資料解釈3)知識分野13題(自然・人文・社会13(時事を含む))で、配点比率は2/10です。

専門試験多岐は法務省専門職員(人間科学)として必要な専門的知識などについての筆記試験です。40題出題 40題解答(心理学、教育学、福祉及び社会学に関する基礎)で、配点比率は3/10です。

専門試験記述は法務省専門職員(人間科学)として必要な専門的知識などについての筆記試験です。選択問題(心理学に関連する領域、教育学に関連する領域、福祉に関連する領域、社会学に関連する領域から1題ずつ計4題出題、任意の1題選択)で、配点比率は3/10です。

人物試験は人柄、対人的能力などについての個別面接で、配点比率は2/10です。これに身体検査と身体測定が含まれます。

それぞれの試験時間は2時間20分、人物試験は1時間45分となります。

法務教官と保護観察官の第一次試験・第二次試験について

「法務教官」と「保護観察官」の一次試験は、基礎能力試験・専門試験(多肢選択式)・専門試験(記述式)の3つ実施されます。

基礎能力試験は公務員として必要な基礎的な能力(知能及び知識)についての筆記試験です。内訳は知能分野27題(文章理解11 判断推理8 数的推理5 資料解釈3)知識分野13題(自然・人文・社会13(時事を含む))で、配点比率は2/10です。

専門試験(多岐選択式)は、40題出題 40題解答(心理学、教育学、福祉及び社会学に関する基礎)で、配点比率は3/10です。

専門試験(記述式)は法務省専門職員(人間科学)として必要な専門的知識などについての筆記試験です。選択問題(心理学に関連する領域、教育学に関連する領域、福祉に関連する領域、社会学に関連する領域から1題ずつ計4題出題、任意の1題選択)で、配点比率は3/10です。

第二次試験では、人物試験が実施され、内容は、人柄、対人的能力などについての個別面接で、配点比率は2/10です。これに法務教官区分には、身体検査と身体測定が実施されます。

それぞれの試験時間は2時間20分、人物試験は1時間45分です。

採用予定人数について

平成29年度の法務省専門職員採用予定数は区分によって異なります。

矯正心理専門職A(男子)は約25名、矯正心理専門職B(女子)は約7名、法務教官A(男子)は約95名、法務教官B(女子)は約15名、法務教官A(社会人・男子)は約15名、法務教官B(社会人・女子)は約5名、保護観察官(男女)は約35名を予定しています。

この記事に関連するキーワード

法務省専門職員(人間科学)に関するおすすめ記事

国家公務員に関する新着記事

ページトップ