公務員になるための情報サイト

世界平和のために働く公務員「国際公務員」になるには?

国際連合などの国際機関で働く「国際公務員」になるための方法を解説します。日本のために働くのではなく、世界のために働く「公務員」。それが「国際公務員」です。そのため、日本の公務員の身分ではありません。ただ、外務省では、国際機関人事センターを設置し、国際機関での日本人職員採用の支援を行っています。

2017年04月21日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
「国際公務員」になる方法
世界平和のために働く公務員「国際公務員」になるには?

「国際公務員」になる方法

国連などに所属する国際公務員になるには、「空席広告への応募」や「国連事務局ヤング・プロフェッショナル・プログラム(YPP)」や「JPO派遣制度」などがあります。

「空席広告」とは、職員の欠員や新設による人員補充に対する公募制度です。国際的に募集され、各国際機関のホームページの「employment」や「recruitment」といった採用ページに情報が掲載されますが、世界中の優秀な人材から応募がある非常にハードルの高い採用制度です。

採用試験の応募条件も、英語またはフランス語で職務遂行が可能であることに加え、応募するポストと関連する修士号以上の学歴や職務経験(2年以上)があります。

また、日本では、「JPO派遣制度」を推進しています。この制度は、自国の若手職員を国際機関に推進する制度で、日本では外務省の国際機関人事センターが管轄し、将来国際公務員を志望する人間に対して、日本政府が派遣にかかる経費を負担して一定期間(原則2年間)各国際機関で職員として勤務する仕組みです。

ただし,これによって国際機関の正規職員に正式になれるわけではなく、最終的には正規の採用ルールにのっとって採用される必要がありますので注意が必要です。

この記事に関連するキーワード

国際公務員に関するおすすめ記事

その他公務員関連職に関する新着記事

ページトップ