TAG

国連(国際連合)

「国連(国際連合)」をテーマにした記事です。

  • 2021年7月1日

国連憲章の「敵国条項」とは? - 戦後76年、日本はいまだに「敗戦国」のままなのか

第二次世界大戦が終結して、2021年の今年、日本は戦後76年目を迎えました。

しかし、国連(国際連合)が定めた国際連合憲章の条文には、未だに「第二次世界大戦中に連合国の敵国であった国」、つまり「敗戦国」に対する措置を規定した文言が残されていますのをご存じでしょうか?

これを「敵国条項」といいます。

本記事では、「敵国条項」をテーマに解説します。

  • 2020年4月21日

WHO(世界保健機関)とは?なぜアメリカと揉めているの?

新型コロナウイルスの蔓延によって、ニュースでも「WHO」という組織名を耳にする機会が増えました。そして同時に、今アメリカがWHOと揉めていることも、報道されています。

本記事では、「WHO(世界保健機関)」とはどのような組織なのか簡単におさらいしつつ、なぜアメリカと揉めているのかについて、アメリカ在住の日本人ライターに、コラムにしていただきました。

  • 2019年3月31日

【日本の負担は世界3位 】国連の「国連分担金」について(2019年ランキング)

世界193カ国が加盟する「国連」の財政は、加盟国が負担する「国連分担金」によって支えられています。

日本は長い間、国連を財政面で支えてきましたが、2019年から「国連分担金負担率」が世界2位から3位に「後退」することが決まりました。この「後退」は何を意味するのかについてもご説明します。

  • 2018年2月22日

戦乱と災害、二つの側面を持つ「海外における自衛隊派遣」について

国家公務員である「自衛隊」は要請があれば、国内だけでなく海外へも派遣され、活動を行います。その自衛隊の海外派遣は大きく分けて戦災、その他の災害に対する活動と分かれています。

今回は、自衛隊の海外派遣の内容や今までの実績、海外派遣をめぐる課題などについて解説しています。

  • 2017年11月8日

国連の教育機関「ユネスコ」とは?仕事内容や成り立ち

国際連合教育科学文化機関「UNESCO(ユネスコ)」は、「諸国民の教育、科学、文化の協力と交流を通じて、国際平和と人類の福祉の促進」を目的に設立された国際連合の専門機関です。今回は、そのユネスコとはどんな機関かそこに所属する国際公務員の仕事内容などについて解説します。

  • 2017年4月21日

世界平和のために働く公務員「国際公務員」になるには?

国際連合などの国際機関で働く「国際公務員」になるための方法を解説します。日本のために働くのではなく、世界のために働く「公務員」。それが「国際公務員」です。そのため、日本の公務員の身分ではありません。ただ、外務省では、国際機関人事センターを設置し、国際機関での日本人職員採用の支援を行っています。

NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG