総理の仕事(3) - 日本の内閣制度の歴史と歴代の内閣総理大臣について

総理の仕事シリーズ第3弾は、「日本の内閣制度の歴史と歴代の内閣総理大臣について」について解説します。

日本はいつから内閣制度を採用しているのか、そして歴代の内閣総理大臣についてわかりやすく解説します。

2020年(令和2年)9月16日、第4次安倍内閣では官房長官を勤めていた菅義偉氏が、第99代目内閣総理大臣に就任しました。

本ページでは、日本の内閣制度の歴史と歴代の内閣総理大臣について解説します。

歴代の日本の内閣総理大臣一覧

内閣総理大臣 在職日数
1代 伊藤博文 861日
2代 黒田清(兼任)三條實美 544日
3代 山縣有朋 499日
4代 松方正義 461日
5代 伊藤博文(臨時兼任)黒田清隆 1,485日
6代 松方正義 482日
7代 伊藤博文 170日
8代 大隈重信 132日
9代 山縣有朋 711日
10代 伊藤博文(臨時兼任)西園寺公望 204日
11代 桂太郎 1,681日
12代 西園寺公望 920日
13代 桂太郎 1,143日
14代 西園寺公望 480日
15代 桂太郎 62日
16代 山本權兵衞 421日
17代 大隈重信 908日
18代 寺内正毅 721日
19代 原 敬(臨時兼任)内田康哉 1,133日
20代 高橋是清 212日
21代 加藤友三郎 440日
22代 山本權兵衞 128日
23代 清浦奎吾 157日
24代 加藤高明(臨時兼任) 若槻禮次郎 597日
25代 若槻禮次郎 446日
26代 田中義一 805日
27代 濱口雄幸 652日
28代 若槻禮次郎 244日
29代 犬養 毅(臨時兼任) 高橋是清 156日
30代 齋藤 實 774日
31代 岡田啓介 611日
32代 廣田弘毅 331日
33代 林 銑十郎 123日
34代 近衞文麿 581日
35代 平沼騏一郎 238日
36代 阿部信行 140日
37代 米内光政 189日
38代 近衞文麿 362日
39代 近衞文麿 93日
40代 東條英機 1,009日
41代 小磯國昭 260日
42代 鈴木貫太郎 133日
43代 東久邇宮稔彦王 54日
44代 幣原喜重郎 226日
45代 吉田 茂 368日
46代 片山 哲 292日
47代 芦田 均 220日
48代 吉田 茂 125日
49代 吉田 茂 1,353日
50代 吉田 茂 204日
51代 吉田 茂 569日
52代 鳩山一郎 100日
53代 鳩山一郎 249日
54代 鳩山一郎 398日
55代 石橋湛山 65日
56代 岸 信介 473日
57代 岸 信介 769日
58代 池田勇人 143日
59代 池田勇人 1,097日
60代 池田勇人 337日
61代 佐藤榮作 831日
62代 佐藤榮作 1,063日
63代 佐藤榮作 906日
64代 田中角榮 169日
65代 田中角榮 718日
66代 三木武夫 747日
67代 福田赳夫 714日
68代 大平正芳 338日
69代 大平正芳(臨時代理)伊東正義 217日
70代 鈴木善幸 864日
71代 中曽根康弘 396日
72代 中曽根康弘 939日
73代 中曽根康弘 473日
74代 竹下 登 576日
75代 宇野宗佑 69日
76代 海部俊樹 203日
77代 海部俊樹 616日
78代 宮澤喜一 644日
79代 細川護煕 263日
80代 羽田 孜 64日
81代 村山富市 561日
82代 橋本龍太郎 302日
83代 橋本龍太郎 631日
84代 小渕恵三 616日
85代 森 喜朗 91日
86代 森 喜朗 297日
87代 小泉純一郎 938日
88代 小泉純一郎 673日
89代 小泉純一郎 371日
90代 安倍晋三 366日
91代 福田康夫 365日
92代 麻生太郎 358日
93代 鳩山由紀夫 266日
94代 菅直人 452日
95代 野田佳彦 482日
96代 安倍晋三 729日

日本の現在の内閣制度はどのようにしてできたのでしょうか?

日本に「内閣制度」が創設されたのは、1885年(明治18年)のことです。「太政官達第六十九号」が発せられ、「内閣」と「内閣総理大臣」がそれまでの「太政官制」と「太政大臣」に代わって設置されました。

明治維新後、五箇条の御誓文の方針に則った政治が太政官制度によって行われてきましたが、古くから続く太政官制度は新しい時代にはそぐわないものになっていました。また、太政官制度は太政大臣が極端に忙しいといった制度面においても欠陥がありました。

当時、参議であった伊藤博文は、太政官制度の改革を提唱していました。そして伊藤博文は内閣制度を提案しています。その提案は保守派などの反対も受けましたが、結果的にその提案が通り、新しい制度が創設されることになりました。

それから1889年(明治22年)には、明治憲法が公布されています。明治憲法の下では天皇が統制権を総覧するものと定められていましたが、内閣については特段の規定は設けられませんでした。

日本の初代内閣総理大臣は誰?

日本が内閣制度に移行したのは、明治18年(1885年)であり、初代内閣総理大臣は紙幣の肖像にもなった伊藤博文です。

内閣総理大臣就任時の最年少記録は、この初代総理伊藤博文の44歳で、現在もその記録は破られていません。

初代内閣総理大臣「伊藤博文」について

内閣制度が創設された際、初代内閣総理大臣に就任したのは伊藤博文でした。

当時、誰が内閣総理大臣になるか世間の注目を集めていましたが、内閣制度をつくり上げたことが評価されたことで就任することになりました。

第一次内閣では、大日本帝国憲法の下準備に奔走しています。その後、1888年(明治21年)に枢密院を開設する際に枢密院議長となるため内閣総理大臣を辞任しました。大日本帝国憲法は、第2代内閣総理大臣黒田清隆の下で、1889年(明治22年)に発布されました。

伊藤博文はその後、1892年(明治25年)から再び内閣総理大臣を務めています。そして、1894年(明治27年)に朝鮮半島を巡って日本と清との間で日清戦争が勃発しました。朝鮮内で起きた甲午農民戦争と呼ばれる農民の内乱に端を発したものです。

この戦争の処理を巡って、日本と清との争いが激化しました。日清戦争は翌年にかけて続き、その結果、日清講和条約が締結されることになりました。

その後、日本は1904年(明治37年)に大国ロシアを相手に日露戦争を起こしています。その結果、アメリカ合衆国の大統領ルーズベルトの斡旋によってポーツマス条約と呼ばれる講和条約が結ばれました。

そして1909年(明治42年)、伊藤博文はハルビン駅を訪れた際に大韓帝国の民族運動家であった安重根に暗殺されました。ロシア蔵相と満州や朝鮮問題について非公式に話し合うためだったと言われています。

任期の長い内閣総理大臣

2006年(平成18年)9月26日から2007年(平成19年)8月27日まで

在職日数
安倍晋三 第1次(2006年9月~2007年8月)
第2~4次(2012年12月~2020年9月)
連続2,822日
通算3,118日
桂太郎 第1次(1901年6月~1906年1月)
第2次(1908年7月~1911年8月)
通算2,886日
佐藤栄作 1964年11月~1972年7月 連続2,798日

日本の総理大臣はアメリカやイギリスに比べ交代が非常に多いと言われています。日本の総理大臣が23人も交代している期間に、アメリカの大統領とイギリスの首相は7人しか交代していないという統計も出ています。

そんな日本の総理大臣ですが、在任2000日を超える総理大臣も歴代で何人かいます。

1位 安倍晋三氏 - 通算・連続共に首位

一人目は、2020年9月まで内閣総理大臣を務めた安倍晋三氏(あべ しんぞう)であり、歴代最長を記録しました。

これまで、内閣総理大臣連続在任日数は、安倍晋三氏の大叔父である佐藤栄作氏が2,798日で最長でした。しかし安倍晋三氏の連続在任日数が2,822日となり、佐藤栄作氏の記録を半世紀ぶりに塗り替えました。

また、短命に終わった第1次安倍政権(在職366日)を含めると、在任日数は3,165日になり、長く通算首位だった戦前の内閣総理大臣、桂太郎氏の記録をも抜いており、日本の内閣総理大臣としては、安倍晋三氏が通算・連続日数ともに一位です。

2位 桂太郎氏 - 100年以上通算首位だった戦前の内閣総理大臣

次いで通算在職期間が長い内閣総理大臣は、桂太郎氏(かつら たろう)です。在職期間は第一次・第2次合わせて2,886日、安倍晋三氏に抜かれるまで、約100年ずっと首位でした。

3位 佐藤栄作氏 - 半世紀もの間連続首位

3位が佐藤栄作氏(さとう えいさく)で、通算2,798日です。又甥である安倍晋三氏に記録を抜かれるまで、連続在任日数は首位でした。

4位以降も有名な総理が多い

なお、伊藤博文(いとう ひろぶみ)の2,720日や、吉田茂(よしだ しげる)の2,616日など、やはり誰でも名前を知っているような大臣は任期が長かったようです。

▼参考URL:首相官邸|歴代内閣
https://www.kantei.go.jp/jp/rekidainaikaku/

任期の短い内閣総理大臣4人

2000日を超える長期政権を実現した歴代大臣を紹介しましたが、逆に任期の短かった総理大臣もいます。

最も任期が短かったのは、明治20年に就任した東久邇総理氏です。

東久邇総理氏はもともと日本の皇族で、皇籍離脱後に東久邇宮 稔彦王(ひがしくにのみや なるひこおう)から東久邇稔彦(ひがしくに なるひこ)を名乗った大臣です。

羽田孜氏(はた つとむ)64日、石橋湛山氏(いしばし たんざん)65日と、短い任期の大臣は他にもいますが、東久邇総理氏は終戦事務が一段落したということを理由に、わずか54日で総辞職となりました。

まとめ

以上、「総理の仕事(3) - 日本の内閣制度の歴史と歴代の内閣総理大臣について」でした。

その他の「総理の仕事」シリーズも併せてご参照ください。

「総理の仕事」に関する記事一覧

本記事は、2020年11月23日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG