公務員になるための情報サイト

「国家総合職」の給料・年収・初任給例まとめ - 出世後の年収も解説

国家公務員総合職は、各中央省庁で、幹部及び幹部候補として活躍するキャリア官僚。その給料は、国家公務員の中でも上位に位置づけられ、幹部キャリアコースとして歩んでいきます。そんな「国家公務員総合職」の給料・年収などについて解説します。

2018年02月08日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
国家公務員「総合職」の給料について
国家公務員「総合職」の初任給例(平成27年度実績)
行政職(一)の場合の、平均給与データと年収例
国家総合職の出世後の給料例 最高年収約2300万円
国家公務員「総合職」の福利厚生・働き方
関連職:国家一般の給料について
【出世後の年収も解説】国家公務員リーダー「国家総合職」の給料・年収

国家公務員「総合職」の給料について

国家公務員「総合職」では、本府省採用の場合は、国家公務員行政職俸給表(一)が適用されます。院卒者試験での入省の場合は、行(一)2級11号俸が適用され、大卒程度試験の入省の場合は、行(一)2級1号俸が適用されます。(平成23年12月末時点)

公務員の給料の考えた方は、正確には、「月の給与」と「ボーナス」があり、月の給与は、給料(基本月給=俸給表の俸給月額)と各種手当(地域手当や扶養手当など)の合計値です。毎月「税金」と「社会保険」は、民間企業と同じく、給与から差し引かれます。

国家公務員「総合職」の初任給例(平成27年度実績)

国家公務員「総合職」(国家総合職)の初任給は、おおざっぱに計算すると約22~25万円です。

詳しくは、下記にて説明します。

国家総合職の初任給は、本府省採用で院卒者試験での採用の場合は、行政職俸給表(一)2級11号が適用され、俸給20.5万円、本府省業務調整手当約5,000円、地域手当約3.7万円で合計約24.6万円です。大卒程度試験での採用の場合は、行政職俸給表(一)2級1号俸が適用され、俸給約18.1万円、本府省業務調整手当約5,000円、地域手当3.3万で合計約21.8万円です。

ボーナスも支給されます。

ちなみに、国家公務員一般職の大卒程度試験での月給与は約21万円で、総合職とスタートではそこまで差がありませんが、総合職で、今後役職がついてきたりするため、上級職に昇任していくので、給与面では差が開いていきます。

行政職(一)の場合の、平均給与データと年収例

国家総合職や、国家一般職などの行政系国家公務員の職員は、行政職俸給表(一)が適用され、その月給例は、下記の通りです。
行政職俸給表(一)の平均43.5 歳時点の月例給は、合計 約40.9万円で、内訳は、俸給:33.4万円、扶養手当:1.1万円、俸給の特別調整額(管理職手当)1.2万円、地域手当・広域異動手当:約3.8万円、住居手当:0.5万円、単身赴任手当等:0.8万円です。

ボーナスについては、年間4.2月分が年間2回に分けて(6月、12 月)支給されます。期末手当(2.6月分)と勤勉手当(1.6月分)に分かれており、勤勉手当は、人事評価の結果に基づき支給されます。(※平成28年4月1日現在)単純にボーナスを月給4.2ヶ月で計算すると年収は、660万円程度と算出されます。

ちなみに、行政職俸給表(一)の最高額は、「558,300円」で、上記と同じ年収計算をすると年収約900万円です。

国家総合職の出世後の給料例 最高年収約2300万円

つづいて、国家総合職の場合は「指定職」と呼ばれる特別な上級職についた場合は、給与の計算が、行政職俸給表とは異なる計算になります。指定職には、本府省の局次長、部長、審議官から、本府省の局長、外局の長官、内閣府審議官、事務次官で順に上級職になり、給与もあがります。

一番上に位置する「事務次官」は19名が在職し、俸給月額は1,175,000円と定められています。(※平成28年4月1日/在職者数は平成27年4月1日現在)ちなみに、内閣総理大臣は、俸給月額は約200万円、国務大臣は約150万円です。

ボーナス・手当(結婚・子どもあり)を含めたモデル年収では、事務次官は約2300万円、本府省局長クラスが約1700万円、本府省課長クラスが約1200万円、課長補佐クラスが約750万円です。

国家公務員「総合職」の福利厚生・働き方

国家公務員の勤務時間は原則として、1日7時間45分で、休みは、土曜日、日曜日及び祝日等の休日です。休暇には、年20日の年次休暇(4月1日採用の場合、採用の年は15日)のほか、病気休暇、特別休暇(夏季、結婚、出産、忌引、ボランティア等)及び介護休暇があります。また、ワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭生活の両立)支援制度を用意しています。

残業時間や忙しさは、勤務する省庁で変わりますが、幹部職・幹部候補として責任ある役職で働くため、激務のケースが多く、また、国会対応と予算編成作業の時期は特に激務と言われています。

関連職:国家一般の給料について

>各省庁で活躍する「国家一般職」の給料・年収・退職金について

各中央省庁に所属し、事務のプロフェッショナルとして活躍する「国家公務員一般職」の給料は、所属省庁・担当業務(区分)に応じて行政職員、研究職員、警察官などの公安職にさらに区分けされます。そんな少し複雑な「国家公務員一般職」の給料・年収などを解説します。

この記事に関連するキーワード

国家公務員総合職(国家総合)に関するおすすめ記事

国家公務員に関する新着記事

ページトップ