公立大学法人「九州歯科大学」の基本情報(沿革・職員数など)

公立大学の職員を目指す方に知っておいてほしい公立大学法人「九州歯科大学」の基本情報について解説します。 公立大学法人「九州歯科大学」は、福岡県北九州市にある公立大学で、「九州歯学医学校」の流れをくむ大学です。

はじめに

公立大学法人「九州歯科大学」は、本拠地(大学本部/キャンパス)は、福岡県北九州市にあり、1949年(昭和24年)に設置された公立大学です。

公立大学法人「九州歯科大学」の入試の偏差値は、学部によって変わりますが、45~57.5程度のようです。

今回は公立大学法人「九州歯科大学」に関する基本的な情報について解説します。

公立大学法人「九州歯科大学」の沿革について

公立大学法人「九州歯科大学」の沿革は、「福岡市因幡町に九州歯科医学校」が創立された
1914年(大正3年)までさかのぼります。

その後、1921年(大正10年)に「九州歯科医学専門学校」と昇格、1944年に「福岡県立医学歯学専門学校」と改称、1947年「福岡県立歯科医学専門学校」と改称、旧制「福岡県立高等学校」が開設されました。

1949年に「新制九州歯科大学」(学部のみ)に昇格、1953年に「福岡歯科衛生士養成所」が「福岡県歯科衛生士養成所」と改称、1955年に九州歯科大学歯学進学課程が開設、「福岡県歯科衛生士養成所」が附属歯科衛生学院と改称されました。

1966年に大学院歯学研究科が開設、1992年に韓国延世大学歯科大学と学術交流協定が締結、1994年に中国上海鉄道医学院と学術交流協定が締結、2001年に中国同済大学と学術交流協定が締結、2006年に公立大学法人に移行、2013年にタイのシーナカリンウィロート大学と大学間学術交流協定が締結されました。

同年に、フィンランドのヘルシンキ大学、台湾高雄医学大学、カナダのブリティッシュコロンビア大学、香港大学、インドのシュリ・ラーマチャンドラ大学と大学間学術交流協定が締結されました。

2014年に大学院歯学研究科口腔保健学科専攻(修士課程)が開設され、2016年(平成28年)に台湾台北医科大学と大学間学術交流が締結されました。

公立大学法人「九州歯科大学」の理念・スローガンについて

公立大学法人「九州歯科大学」の理念・スローガンは、下記の3つです。

1)高度な専門性を持った歯科医療人を育成する。
2)地域医療の中核的な役割を果たす。
3)歯科医学を支える研究を推進する。

この理念のもと、公立大学法人「九州歯科大学」は、下記の6つを目的としています。

1)プロフェッションとしての人間性や豊かな教養、専門知識・技能の備わった歯科医療人を育成する。

2)科学的情報を正しく理解した上で歯科保健医療活動を行うことのできる人材を育成する。

3)全身の健康という観点から、社会構造の変化に対応できる歯科医療人を育成する。

4)多職種と連携し、歯科保健医療を通じて地域社会に貢献できる歯科医療人を育成する。

5)国際交流活動を強化し、国際的な視野に立って歯科保健医療活動を行うことのできる人材を育成する。

6)学際領域の学問分野と協働して国際的な研究を展開し、地域社会の発展に寄与する。

公立大学法人「九州歯科大学」の学章・校歌について

学章(シンボルマーク)について

公立大学法人「九州歯科大学」の学章(シンボルマーク)は、医学の父として知られるヒポクラテスがスズカケの樹の下で医療のあり方を説いたことに由来した「スズカケの葉」の図形の右横に「九歯大」の文字を配したデザインです。

校歌について

公立大学法人「九州歯科大学」の校歌については、確認できませんでした。

公立大学法人「九州歯科大学」の学長について

現在の公立大学法人「九州歯科大学」の学長は、「西原 達次(にしはら たつじ)」さんです。

「西原 達次」さんの経歴ですが、九州歯科大学歯学部を卒業、東京医科歯科大学大学院歯学研究科(歯学博士)を修了、1993年(平成5年)に国立予防衛生研究所口腔科学部歯周病室長に就任しました。

その後、1999年に九州歯科大学の教授に就任、2005年に同大学大学院歯学研究科長に就任、2006年に公立大学法人九州歯科大学理事兼歯学部長に就任した後、2012年(平成24年)に公立大学法人九州歯科大学理事長兼学長に就任しました。

学長の「西原 達次」さんは、公立大学法人「九州歯科大学」が歴史や伝統を基に時代に即した教育改編や国内外の大学との連携を推進し、よりいっそう教育・研究・臨床活動を充実させることに努めています。

なお、「西原 達次」さんは、公立大学法人「九州歯科大学」の第2代目の学長です。

公立大学法人「九州歯科大学」の本拠地・キャンパスについて

公立大学法人「九州歯科大学」には、本拠地のある「本部キャンパス」があります。

この「本部キャンパス」には、歯学部、歯学研究科があるほか、附属図書館、動物実験施設、コンピュータ関連施設、附属病院、講堂などが置かれています。

なお、「本部キャンパス」は、福岡県北九州市にあり、最寄り駅は、「JR南小倉駅」です。

公立大学法人「九州歯科大学」の教職員数について

公立大学法人「九州歯科大学」の教員数は、120人で、職員数については、確認できませんでした。

教員採用に関する情報は、下記ページをご覧ください。

> 公立大学法人「九州歯科大学」の教員数
参考URL:https://www.kyu-dent.ac.jp/about/organization

公立大学法人「九州歯科大学」の学生数について

公立大学法人「九州歯科大学」の平成29年度の学生数は、学部学生数は、681名(うち外国人学生 1名)で、大学院学生数は、203名(うち外国人学生 5名)です。

参考URL:https://www.kyu-dent.ac.jp/admissions/departments/past

公立大学法人「九州歯科大学」の学部について

公立大学法人「九州歯科大学」には、「歯学部」があります。

公立大学法人「九州歯科大学」大学院について

公立大学法人「九州歯科大学」の大学院は、「歯学研究科」です。

公立大学法人「九州歯科大学」の財務状況について

平成29年度の決算報告書では、公立大学法人「九州歯科大学」の収入は、33億8,500万円ということです。

その主な内訳は、運営費交付金収入、附属病院収入、授業料収入などです。

参考URL:https://www.kyu-dent.ac.jp/files/uploads/29_kessanhoukoku.pdf

まとめ

いかがでしたか?

公立大学法人「九州歯科大学」は少人数のテュートリアル教育や歯科医療人としての将来を考えるWADSキャンプがあることを特徴とする公立大学です。

公立大学法人「九州歯科大学」のウェブサイトのURL

参考URL:https://www.kyu-dent.ac.jp/

そのほかの「公立大学」の基本情報はこちらです。

公立大学法人の記事一覧

本記事は、2019年9月25日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG