【学校栄養士の仕事】学校栄養職員・学校栄養教諭の仕事内容

公立学校などで働く地方公務員の学校栄養士には、「学校栄養職員」と「栄養教諭」という2種類の職業があります。今回は「学校栄養職員」と「栄養教諭」の違いや、それぞれの仕事内容をメインに解説します、あわせて、学校栄養士になる方法についてご説明します。

「学校栄養職員」と「学校栄養教諭」の仕事内容とは?とその役割

栄養士の中には、地方公務員の一員として公立学校など教育施設に勤務する「学校栄養士」がいます。

「学校栄養士」と聞くと、「給食のメニューを考える人かな?」というイメージを持たれる方が多いかもしれません。もちろん、それも正しいのですが、実はこの学校栄養士には2種類の職種が存在します。

地方公務員の学校栄養士その1「学校栄養職員」

学校栄養士の中の、まず1つ目の職業が「学校栄養職員」です。学校栄養職員は管理栄養士や栄養士として、給食の献立の計画や調理業務に携わる職業です。

学校栄養職員は調理師の指導をする仕事や、給食室の衛生管理なども担当します。生徒に配布される給食だよりの作成を、学校栄養職員が担当しているという学校も多いようです。

地方公務員の学校栄養士その2「栄養教諭」

そして学校栄養士の中のもう1つの職業が「栄養教諭」です。栄養教諭は「教諭」という名のとおり、生徒に対して栄養や食事などに関する授業を行うことができる職業です。栄養教諭は平成17年に誕生した比較的新しい職業ですから、まだ聞きなれないという人も多いと思います。

栄養教諭の業務内容は基本的には給食の献立の計画や、調理業務に携わることが中心ですが、その他に、栄養について児童や生徒、保護者、他の教師について直接、指導・教育することができます。

栄養についての指導・教育業務というのは、例えば、総合学習や学級活動、家庭科の時間などに、食育についての授業を行うことがあります。これは、担任の先生や家庭科の先生と協力して行うこともあれば、ゲストティーチャーとして、その時間の授業運営を任されるなど、実施のしかたには学校や自治体によって様々な方針があるようです。

栄養教諭として個別の相談を受けることもあり、アレルギーなどを持つ児童に対して他の食材で栄養面をカバーできるよう考え、本人に指導することや、保護者からの食事の相談などを受ける場合もあります。

また、教員の一員として、クラブなどの各種活動での担当教諭として活躍する方もいるようです。このように、いわゆる食育を教師の立場で行い、教員として学校運営の一部にも携わることができるのが、栄養教諭が学校栄養職員とは大きく異なる部分です。

地方公務員の学校栄養士になるには?

地方公務員の学校栄養士になるには、まず栄養士か管理栄養士の資格を取得する必要があります。

▼学校栄養士になるための第一歩「栄養士」になる方法

栄養士になるには、まず厚生労働大臣から指定認可を受けている栄養士養成課程のある2年制から4年制の専門学校、短大、大学に通い、必要単位を取得して卒業します。その後、都道府県知事に申請することで、栄養士免許を取得することができます。

管理栄養士になるには、大きく2通りの方法があります

学校栄養士になるための第一歩「管理栄養士」になる方法その1

まず1つ目は、管理栄養士の養成課程がある学校に通い、必要単位を取得して卒業した後に、管理栄養士国家試験を受験する方法です。この場合、学校を卒業した時点で栄養士の免許を取得することができます。

学校栄養士になるための第一歩「管理栄養士」になる方法その2

もう1つの方法は、栄養士として実務経験を1~3年以上積むことで、管理栄養士国家試験の受験資格を得て、国家試験を受験する方法です。実務経験の長さは、何年制の栄養士養成学校に通っていたかで異なり、4年制の学校なら実務経験は1年、3年制の学校なら実務経験は2年、というように、学んでいた期間が長い程、受験資格に必要な実務経験が短くなります。

こうして栄養士か管理栄養士の免許を取得した上で、もしくは取得見込みの状態で、地方自治体の職員採用試験を受けると学校栄養職員に、更に教員免許取得のための養成課程を修了すると学校栄養教諭になることができます。

地方公務員の学校栄養職員になるには?仕事内容は?

学校栄養職員になる方法

地方公務員の学校栄養職員になるには、上記のように栄養士、管理栄養士の免許を取得した後、各都道府県が実施する職員採用試験に試験に合格する必要があります。

最近は給食は業者に発注するという学校も増え、学校内で給食の調理作業を行うことは少なくなりました。その為、学校ごとではなく、自治体で数人の学校栄養職員を採用し、複数の学校の給食管理を担当するというパターンが増えてきており、学校栄養職員の採用は狭き門となっているようです。

学校栄養職員の仕事内容

学校栄養職員の業務内容の中心となるのはやはり、給食の献立作成です。給食の予算は限られていますので、何を作っても良いというわけではなく、一ヶ月毎の献立を、栄養のバランスと予算を併せて考慮しながら組み立てます。

育ち盛りの子どもたちに必要な栄養素は何か、また発育に必要なカロリー量は確保できているか、を考えながら給食の献立を作成していくのが学校栄養職員としての腕のみせどころです。それに加えて、子どもたちが食べやすい味付けや、柔らかさや大きさなどおかずの形状にも気を配ることが求められます。

学校の給食室で調理する場合には、学校栄養職員も調理師と一緒に調理作業に加わることが多く、調理師に調理法を指導したり、時には調理師の意見も取り入れたりしながら、協力して給食を作ります。

また、ひな祭りや七夕などの季節のイベントに合わせた特別メニューや、旬の食材を使ったメニューを用意するなど、子供たちが楽しく食事できるように工夫をこらさなくてはなりません。

衛生管理も学校栄養職員の重要な仕事

学校栄養職員の仕事は献立作成だけではなく、給食室や配膳環境の衛生管理も行います。給食室で調理を行なっている場合はもちろん、業者から納品される給食を配膳する場合にも、給食室や配膳環境の衛生管理は必須です。

学校栄養職員の工夫が詰まっている給食だより

また、給食だよりなどで、旬の食材やその栄養価の紹介を行うのも学校栄養職員の業務です。季節の行事に合わせた献立を出した時には、その行事に関する献立の由来について説明することもあるので、食文化についての知識が必要です。

給食だよりでは、子供たちがの衛生管理の一環として、各家庭に対して食中毒などの危険性に関する情報提供をすることがあります。給食だよりは各家庭へ配布するものですから、「しっかり加熱しましょう!」などといった調理方法への注意喚起などを、保護者にも理解してもらいやすいようわかりやすく工夫して記載することが大切です。

地方公務員の栄養教諭になるには?仕事内容は?

栄養教諭になる方法

地方公務員の栄養教諭は、他の教職員と同じ学校教員の立場にあり、教員免許が必要な職業です。栄養教諭の養成課程がある各種学校に通って、必要単位を取得し卒業する必要があるのですが、学校の種別によって取得できる教員免許の種類(一種・二種)が変わります。例えば短期大学を卒業すると二種免許状、大学を卒業すると一種免許状を取得できます。

栄養教諭の養成施設では、同時に栄養士の免許や管理栄養士国家試験の受験資格を得ることができます。

栄養士や管理栄養士の免許を持っている人が栄養教諭を目指す場合

すでに栄養士や管理栄養士の免許を持っている場合には、栄養教諭の免許が取得できる学校に再入学、または科目等履修生となり、必要単位を取得することで栄養教諭を目指すことができます。

学校栄養職員として勤務経験のある人が栄養教諭を目指す場合

また、学校栄養職員として働いたことがある人も、栄養教諭の資格を取得することができます。学校栄養職員としての実務経験がある場合には、免許法認定講習と教職員検定を受けることで、栄養教諭免許の取得が可能です。実務経験によって教員免許取得のための単位数は異なります。

さらに、他の教員免許を持っているという人も、栄養士養成課程のある学校などで栄養士免許を取得すれば、栄養教諭の免許を得ることが可能です。

栄養教諭特有の仕事内容その1「食育に関する授業」

栄養教諭の仕事は、学校栄養職員のように給食管理業務を行うことはもちろん、それに加えて食育に関する授業を行うことも含まれます。授業は家庭科の時間や総合学習、学級活動の時間で行われることがほとんどで、栄養教諭は栄養の専門家として、担任の先生に授業の指導をしたり、家庭科の先生など他の先生と連携して授業そのものを運営したりしています。

栄養教諭特有の仕事内容その2「食や栄養についての個別相談」

また、児童や保護者への個別の食育指導も栄養教諭の業務の一部です。栄養教諭は専門的な立場から、例えばアレルギーを持つ生徒に対して、栄養が偏らないように指導する、子供の食生活に悩みを抱える保護者の相談にのるなどの業務にあたります。給食の指導に関して、他の教員から相談を受けることもあるようです。

栄養教諭特有の仕事内容その3「クラブ活動などの担当教員業務」

もともと栄養教諭は平成17年に食育の推進を担うために制定された比較的新しい職業であり、教師と同等の立場で食や栄養について指導できる職業です。教員なので、クラブ活動で担当教諭として栄養についてを教えることもできますし、各種委員会や、全校集会などで、食育についての重要性を説くこともできます。

栄養教諭は比較的新しく様々な可能性が広がる職業

ただし、栄養教諭の配置を進めている自治体もありますが、まだ配置が進んでいない自治体もあり、栄養教諭の需要は自治体によって大きく異なります。各学校に栄養教諭の採用枠がある場合もありますが、何校か掛け持ちという場合もあるようです。

いずれにせよ、栄養教諭は制度として確立する途上にある、新しい仕事だと言えるので、働き方によっては様々なことに挑戦できる可能性がある職業だと言えます。

まとめ

このページでは、地方公務員の学校栄養士の中の「学校栄養職員」と「栄養教諭」の二種類の職業について解説しました。

学校栄養士が行う子供たちへの食育とは、ただ栄養についての説明ができれば良いということではありません。まだ未熟な成長過程にある子どもたちにとっては、食の大切さ、そして食生活そのものへの興味関心を促せるような指導や給食運営がとても重要です。

直接子供たちに向けて栄養についての教育ができる栄養教諭だけでなく、直接的な指導を行わない学校栄養職員も、担任の先生などの補佐的な立ち位置で児童と触れ合うことがあり、親しみを持って接することが食事に関心を持ってもらうことにつながるかもしれません。

また、学校栄養士は子どもの気持ちに寄り添えるような献立を考えることも大切です。子どもの味覚は大人とは違う上に、子供にとっての食事は栄養補給以外にも意味を持つと考えられています。そのため毎日の献立は子どもたちの身体だけでなく、情緒や季節感といった心を育てることにもつながるのです。

そして学校で働く栄養士は大人数の食事を管理するため、その衛生面についても気を抜けません。少しの気の緩みが集団食中毒などといった、健康を害する大きな事件に発展することがあるので、徹底的に気をつける必要があります。

このように学校栄養士は、栄養についての知識をもったプロであると同時に、学校という特殊な環境において、給食を介して食育によって人を育てる職業です。この人を育てるという意識をしっかり持つ人が、学校栄養士には向いていると言えるでしょう。

本記事は、2018年5月20日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG
【AD】オンライン・カウンセリングサービス