「図書館司書補助会社」の「契約社員」に関する仕事内容・給料レポート

図書館司書補助会社で働く、女性の「契約社員」によるキャリア体験談レポートです。

今回は、その「契約社員」の仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

はじめに

図書館司書補助会社で働く、女性の「契約社員」によるキャリア体験談レポートです。

ちなみに、その方は、図書館司書の資格を持っているそうです。

「図書館司書補助会社の契約社員」を目指した理由

本に囲まれて仕事ができれば嬉しいと思いました。

地域にくる移動図書館車の司書に勧められたことがきっかけです。

当時は司書という仕事をあまりよく知りませんでしたが、移動図書館車を楽しみにしている利用客の好みを熟知し、お勧め本を提案している司書の姿にあこがれました。

「図書館司書補助会社の契約社員」の仕事内容について

現在は、業務委託で請け負っているエリアの学校図書館司書を巡回し学校図書館司書の業務補助をしています。

仕事内容は、委託先の学校が希望するサービスの具体的提案や打ち合わせ、勤務司書の日程調整、実施内容の確認、実施内容の補助、各種業務報告の整理・ファイリングなどをメインに行っています。

その他に、学校司書への定期的な研修の実施、研修資料の作成、また司書業務のデータベース化も手掛けています。

サービスの具体的提案については、学校から来るアンケート調査を確認し、社のサービスと照らし合わせた上で、業務についての具体案を提供時期と共に提案します。

勤務司書の日程調整については、日報確認や勤務依頼書などで、各校の勤務依頼日に滞りなく勤務が実施できるか、またできているかについて管理しています。

実施内容の確認、補助については、実施内容報告書を確認し情報を集約することで対応をしています。

学校司書への定期的な研修の実施については、学校司書に必要なスキルを学べるように、それまでの事例をもとに研修を組み立てています。

「図書館司書補助会社の契約社員」の1日の仕事の流れ

7時半:自宅をでて電車で通勤
8時半:本社到着
9時:曜日によっては午前中推進委員会会議出席、そのほかの場合は、司書提出書類の確認、ファイリング業務
10時:担当校の提出書類の確認、ファイリング、相談対応
12時:お昼休憩(60分)
13時:研修用資料の調査、作成 打ち合わせ用の資料作成
15時:担当校へ電車及びバスを利用して移動
16時:担当校の司書及び担当教諭と業務打ち合わせ会議準備
司書と議題及び、進行についてのすり合わせ
業務打ち合わせ、会議時の司会進行
17時:担当校司書業務の相談受付や、手が足りない所の補助
主に、選書ヘルプ業務、書架の整理、授業支援についての資料作成支援等
17時半:勤務終了し電車で帰宅

この仕事の給料・残業・有給休暇について

私の場合ですが、月給は約21万円です。

ちなみに、ボーナスはなく、年収が250円程度です。基本7.5時間勤務で、残業はありません。

残業振替も可能なので、もしも時間が超過した場合で責任者の認可があれば、他の日に早く帰るなどで勤務時間数を調整できます。

交通費も上限はあるもののほとんど実費が支払われます。

この仕事で、働いているときに困ったこと

フリーデスクなので、パソコンが足りなかったり席がなかったりすることがあります。

そのあたりは改善していただけるとありがたいと思っています。

移動が多い仕事なので、天候に非常に左右されます。暑い、寒いなどの体力的に負荷はかかります。

学校様がお客様ということになりますが、学校の教育という感覚で考えると、提供するサービスだけでは物足りないと思われることが沢山あり、かといって、業務量過多になるのも避けなければならず、その辺のバランス感覚がとても難しい職場です。

この仕事や職場でよかったこと

大きい組織の為、待遇に差が生じるというようなことがありません。

安定した中で働けるということは、恵まれていると思います。入社時の書類手続きや保険処理なども、迅速で不安がありませんでした。

勤務する社の施設も非常に整理整頓されて美しく保たれており、お茶の施設や、喫煙所も完備されており、常に、清潔な場所で仕事を遂行できるというありがたさがあります。

また、職業上、落ち着いた人格の方が多いため、社内での人間関係のトラブルなどが発生しずらく、そのあたりのストレスは非常に少ないと言えます。

「図書館司書補助会社の契約社員」の仕事エピソード

常に、業務をきちんと遂行できているかどうかを確認しなければならないので、大変といえば大変です。

ですが、司書の報告で生徒や児童とのかかわりが大変楽しいことや、教師に信頼を得ることができる喜びなどを聞くとサポートする側も非常に嬉しくなります。

逆に現場の人間関係がこじれたりすることもあり、その際は、人間関係の調整にはいらねばならず、スタッフの心理的サポートもしなければなりません。

心理的に疲れている人をどうサポートすればいいのか、その疲れがどこから来ているのかといったことを見つけて対処するのは、心理のプロでないかぎり非常に消耗する作業ではあります。

「図書館司書補助会社の契約社員」の職場恋愛について

職場での結婚や恋愛は、あまり聞きません。

また、基本定時に上がってその後食事を一緒にするというようなコミュニケーションのあり方はあまり見受けられません。

これまで、職場内で結婚したという話も今のところ聞いたことがありません。業務委託先でも聞いたことはありませんのである意味、仕事に徹した場ということが言えます。

やはり、契約社員を中心とした職場だからかもしれません。

正社員の人達がどの程度のコミュニケーションをとっているのかということはわかりませんので、そのあたりは、差し控えたいと思います。

まとめ ー「図書館司書補助会社」を目指す方へメッセージ

どんな仕事も大変なことはあるでしょうが、本という媒体が好きという方へ本をお渡しできるという、とても幸せな仕事です。

本記事は、2018年8月28日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG