平成30年度「鳥取県警察官」採用情報 – 警察官採用試験まとめ

鳥取県の平成30年度の「警察官採用試験」に関する情報まとめページです。 平成30年度の鳥取県警察官の採用試験は、大学卒業程度「警察官A」の試験区分「警察官(男性)」「警察官(女性)」「警察官(男性/武道/柔道)」「警察官(男性/武道/剣道)」「警察官(サイバー犯罪捜査官)」などがあります。

はじめに

「鳥取県警察」の平成30年度の警察官採用試験情報について紹介します。

平成30年度の鳥取県警察官「警察官A」の採用試験は、第1回は5月に、第2回は9月に実施されます。また、平成30年度の鳥取県警察官「警察官B」の採用試験は、9月に実施されます。

「鳥取県警察官」の採用試験「警察官A」の試験区分には、「警察官(男性)」「警察官(女性)」などがあります。試験内容は、1次試験に択一式「教養試験」、「適性検査」、2次試験に「人物試験」、「論文試験」、「適性検査」、「身体検査」、「体力検査」が行われます。

第1回実施:鳥取県警察「警察官A」の採用試験情報

平成30年5月に実施される第1回鳥取県警察「警察官A」の採用試験は、試験区分「警察官(男性)」「警察官(女性)」「警察官(男性/武道/柔道)」「警察官(男性/武道/剣道)」「警察官(サイバー犯罪捜査官)」での募集を予定しています。

鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(男性)」は、警視庁、大阪府との共同試験です。鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(男性)」は、第1志望または第2志望として警視庁または大阪府を選択できますが、鳥取県を第2志望とすることはできません。

また、鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(男性)」は、第1志望の鳥取県で1次試験に合格した場合、第2志望はなかったものとみなされます。

区分:「警察官(男性)」

鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(男性)」は、33才の年齢までで(※試験実施年度の4/1の年齢)、短期大学を除く学校教育法による大学を卒業した人、または、2019年3月31日までに卒業する見込みの人、および、人事委員会がこれと同等の資格があると認めた人に受験資格があります。

区分:「警察官(男性/警視庁採用)」

鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(男性/警視庁採用)」は、35才の年齢までで(※試験実施年度の4/1の年齢)、短期大学を除く学校教育法による大学を卒業した人、または、2019年3月31日までに卒業する見込みの人、および、人事委員会がこれと同等の資格があると認めた人に受験資格があります。

ただし、鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(男性/警視庁採用)」の受験資格は、基準が鳥取県警察と異なる場合がありますので、詳細は警視庁にお問い合わせください。

【警察官(男性/警視庁採用)のお問い合わせ先】
警視庁採用センター
URL:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyo/30/recruit/info-co-exam.html

区分:「警察官(男性/大阪府採用)」

鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(男性/大阪府採用)」は、33才の年齢までで(※試験実施年度の4/1の年齢)、短期大学を除く学校教育法による大学を卒業した人、または、2019年3月31日までに卒業する見込みの人、および、人事委員会がこれと同等の資格があると認めた人に受験資格があります。

なお、鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(男性/大阪府採用)」の受験資格は、鳥取県警察と基準が異なる場合がありますので、詳細は大阪府にお問い合わせください。

【警察官(男性/大阪府採用)のお問い合わせ先】
大阪府警察官採用センター
URL:https://www.police.pref.osaka.jp/06saiyo/keikan/information/system/04rec_share.html

区分:「警察官(女性)」

鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(女性)」の受験資格は、33才の年齢までで(※試験実施年度の4/1の年齢)、短期大学を除く学校教育法による大学を卒業した人、または、2019年3月31日までに卒業する見込みの人、および、人事委員会がこれと同等の資格があると認めた人に受験資格があります。

区分:「警察官(男性/武道/柔道)」

鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(男性/武道/柔道)」は、33才の年齢までで(※試験実施年度の4/1の年齢)、公益財団法人講道館が認定する柔道3段以上の段位を有している人に受験資格があります。

なお、鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(男性/武道/柔道)」の受験資格要件となっている資格については、受験申込締切日である4月23日までに取得しているものに限られます。

区分:「警察官(男性/武道/剣道」

鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(男性/武道/剣道)」は、33才の年齢までで(※試験実施年度の4/1の年齢)、一般財団法人全日本剣道連盟が認定する柔道3段以上の段位を有している人に受験資格があります。

なお、鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(男性/武道/剣道)」の受験資格要件となっている資格については、受験申込締切日である4月23日までに取得しているものに限られます。

区分:「警察官(サイバー犯罪捜査官)」

鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(サイバー犯罪捜査官)」は、サイバー犯罪の捜査業務等を行います。具体的には、「コンピュータや電磁的記録を対象とした犯罪」「コンピュータ・ネットワークをその手段として利用した犯罪」「不正アクセス行為の禁止等に関する法律違反」などの犯罪を取り締まります。もちろん、一般的な警察官の業務として、個人の生命・身体や財産を保護し、犯罪を予防・鎮圧・捜査し、被疑者の逮捕や、交通の取り締まりを含む公共の安全と秩序を維持する任務も担当します。

鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(サイバー犯罪捜査官)」は、38才の年齢までで(※試験実施年度の4/1の年齢)、短期大学を除く学校教育法による大学を卒業した人、または、2019年3月31日までに卒業する見込みの人、および、人事委員会がこれと同等の資格があると認めた人に受験資格があります。

ただし、鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(サイバー犯罪捜査官)」は、基本情報技術試験、ITパスポート試験および初級システムアドミニストレータ試験を除き、情報処理の促進に関する法律第9条1項に規定する情報処理安全確保支援士試験、または、第29条1項に規定する情報処理技術者試験に合格していることが要件となっています。

なお、鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(サイバー犯罪捜査官)」の受験資格要件となっている資格については、受験申込締切日である4月23日までに取得しているものに限られます。

鳥取県警察「警察官A」の試験内容

鳥取県警察「警察官A」の試験内容は、1次試験は、択一式「教養試験」、「適性検査(2次試験で評価)」で、2次試験は、個別面接による「人物試験」、「論文試験」、「適性検査」、「身体検査」です。

鳥取県警察「警察官A」は、試験区分「警察官(男性/警視庁採用)」および「警察官(男性/大阪府採用)」をのぞき、1次試験に、分野「英語」「中国語」「韓国語」「柔道」「剣道」「財務」「情報処理」で規定する資格等を有する人に対し、資格加点があります。

また、鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(男性)」「警察官(男性/武道/柔道)」と「警察官(男性/武道/剣道)」は、2次試験に実技試験があり、試験区分「警察官(サイバー犯罪捜査官)」は、2次試験に専門試験があります。

なお、鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(男性)」は、警視庁または大阪府のみを志望する場合には、1次試験の適性検査を受ける必要はありません。

鳥取県警察「警察官A」の日程等

鳥取県警察「警察官A」の申込期間は、4月6日(金)~4月23日(月)、1次試験の日程は、5月13日(日)、2次試験の日程は、7月2日(月)~7月4日(水)を予定しています。

最終合格発表は、7月31日(火)の予定です。

第2回実施:鳥取県警察「警察官A」の採用試験情報

平成30年9月に実施される第2回鳥取県警察「警察官A」の採用試験は、試験区分「警察官(男性)」「警察官(女性)」「警察官(自己推薦)」での募集を予定しています。

鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(自己推薦)」で求める人材例については、ホームページや受験案内でご確認ください。

鳥取県警察「警察官A」は、33才の年齢までで(※試験実施年度の4/1の年齢)、短期大学を除く学校教育法による大学を卒業した人、または、2019年3月31日までに卒業する見込みの人、および、人事委員会がこれと同等の資格があると認めた人に受験資格があります。

試験内容は、1次試験は、択一式「教養試験」、「適性検査(2次試験で評価)」で、2次試験は、個別面接による「人物試験」、「論文試験」、「適性検査」、「身体検査」です。

なお、鳥取県警察「警察官A」の1次試験は、分野「英語」「中国語」「韓国語」「柔道」「剣道」「財務」「情報処理」で規定する資格等を有する人に対し、資格加点があります。

また、鳥取県警察「警察官A」の試験区分「警察官(自己推薦)」は、2次試験に「アピール論文(2次試験で評価)」があります。

申込期間は、7月27日(金)~8月31日(金)、1次試験の日程は、9月16日(日)、2次試験の日程は、11月8日(木)~11月9日(金)を予定しています。

最終合格発表は、12月13日(木)の予定です。

鳥取県警察「警察官B」の採用試験情報

平成30年9月に実施される鳥取県警察「警察官B」の採用試験は、試験区分「警察官(男性)」「警察官(女性)」での募集を予定しています。

なお、鳥取県警察「警察官B」の試験区分「警察官(男性)」は、警視庁、大阪府との共同試験です。鳥取県警察「警察官B」の試験区分「警察官(男性)」は、第1志望または第2志望として警視庁または大阪府を選択できますが、鳥取県を第2志望とすることはできません。

また、鳥取県警察「警察官B」の試験区分「警察官(男性)」は、第1志望の鳥取県で1次試験に合格した場合、第2志望はなかったものとみなされます。

区分:「警察官(男性)」「警察官(女性)」

鳥取県警察「警察官B」の試験区分「警察官(男性)」「警察官(女性)」の受験資格は、18~33才の年齢での資格があります(※試験実施年度の4/1の年齢)。ただし、短期大学を除く学校教育法による大学もしくはこれに準ずる学校を卒業した人、または、2019年3月31日までに卒業見込みの人は受験できません。

なお、「学校教育法による大学に準ずる学校」の詳細については、ホームページや試験案内をご確認ください。

区分:「警察官(男性/警視庁採用)」

鳥取県警察「警察官B」の試験区分「警察官(男性/警視庁採用)」の受験資格は、35才の年齢まで資格があります(※試験実施年度の4/1の年齢)。

なお、鳥取県警察「警察官B」の試験区分「警察官(男性/警視庁採用)」の受験資格は、基準が鳥取県警察と異なる場合がありますので、詳細は警視庁にお問い合わせください。

【警察官(男性/警視庁採用)のお問い合わせ先】
警視庁採用センター
URL:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyo/30/recruit/info-co-exam.html

区分:「警察官(男性/大阪府採用)」

鳥取県警察「警察官B」の試験区分「警察官(男性/大阪府採用)」の受験資格は、18~33才の年齢での資格があります(※試験実施年度の4/1の年齢)。ただし、短期大学を除く学校教育法による大学もしくはこれに準ずる学校を卒業した人または2019年3月31日までに卒業見込みの人は受験できません。

なお、鳥取県警察「警察官B」の試験区分「警察官(男性/大阪府採用)」の受験資格は、鳥取県警察と基準が異なる場合がありますので、詳細は大阪府にお問い合わせください。

【警察官(男性/大阪府採用)のお問い合わせ先】
大阪府警察官採用センター
URL:https://www.police.pref.osaka.jp/06saiyo/keikan/information/system/04rec_share.html

鳥取県警察「警察官B」の試験内容

鳥取県警察「警察官B」の試験内容は、1次試験は、択一式「教養試験」、「適性検査(2次試験で評価)」で、2次試験は、個別面接による「人物試験」、「作文試験」、「適性検査」、「身体検査」、「体力検査」です。

なお、鳥取県警察「警察官B」の試験区分「警察官(男性)」で、警視庁または大阪府のみを志望する場合には、1次試験の適性検査を受ける必要はありません。

また、鳥取県警察「警察官B」の1次試験は、鳥取県警察「警察官B」の試験区分「警察官(男性/警視庁採用)」および「警察官(男性/大阪府採用)」のぞき、分野「英語」「中国語」「韓国語」「柔道」「剣道」「財務」「情報処理」で規定する資格等を有する人に対し、資格加点があります。

鳥取県警察「警察官B」の日程等

鳥取県警察「警察官B」の申込期間は、7月27日(金)~8月13日(月)、1次試験の日程は、9月16日(日)、2次試験の日程は、10月29日(月)~10月31日(水)を予定しています。

最終合格発表は、11月22日(木)の予定です。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、鳥取県の平成30年度の警察官採用試験情報をお届けしました。

参考になれば幸いです。

鳥取県の警察官採用案内ページURL

試験案内
https://www.pref.tottori.lg.jp/jinji/

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG