公務員になるための情報サイト

公立大学法人「青森公立大学」の基本情報(沿革・職員数など)

公立大学法人の職員を目指す方に知っておいてほしい公立大学法人「青森公立大学」の基本情報について解説します。

公立大学法人「青森公立大学」は、青森県青森市にある公立大学法人で、成績評価指標に米国の大学や高校で使用されている特定方式によって算出する「GPA制度」を導入している大学です。

2019年10月07日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
はじめに
公立大学法人「青森公立大学」の沿革について
公立大学法人「青森公立大学」の理念・スローガンについて
公立大学法人「青森公立大学」の学章・校歌について
公立大学法人「青森公立大学」の学長について
公立大学法人「青森公立大学」の本拠地・キャンパスについて
公立大学法人「青森公立大学」の教職員数について
公立大学法人「青森公立大学」の学生数について
公立大学法人「青森公立大学」の学部について
公立大学法人「青森公立大学」大学院について
公立大学法人「青森公立大学」の財務状況について
まとめ
公立大学法人「青森公立大学」のウェブサイトのURL
そのほかの「公立大学法人」の基本情報はこちらです。

はじめに

公立大学法人「青森公立大学」は、本拠地(大学本部/キャンパス)は、青森県青森市にあり、1993年(平成5年)に設置された公立大学法人です。

公立大学法人「青森公立大学」の入試の偏差値は、学部によって変わりますが、48~56程度のようです。

今回は公立大学法人「青森公立大学」に関する基本的な情報について解説します。

公立大学法人「青森公立大学」の沿革について

公立大学法人「青森公立大学」は、1963年(昭和38年)に青森市議会に「大学誘致特別委員会」が設置され、1991年(平成3年)に青森公立大学(仮称)開設準備委員会が設置され、1993年に「青森公立大学」が創設されました。

その後、1997年に青森公立大学大学院が設置され、2006年に1学部1学科から3学科に改編され、2009年(平成21年)に公立大学法人へ移行されました。

公立大学法人「青森公立大学」の理念・スローガンについて

公立大学法人「青森公立大学」の理念・スローガンは、下記の3つです。

1)多くのことを教えすぎない。
2)教えるべき事を徹底して教える。
3)常に問いを発し、自らが考える知的訓練により想像力を育てる。

公立大学法人「青森公立大学」の学章・校歌について

学章(ロゴマーク)について

公立大学法人「青森公立大学」の学章(ロゴマーク)は、2013年(平成25年)に正式に制定されました。

この学章(ロゴマーク)は、円の中に縦と横の線を組み合わせた図形とラテン語「Vēritās vōs lìberābit」の語によってデザインされています。

このマークの縦の線は、大学における「教育」と使命である「研究」を表現し、横の線は「地域貢献」を表しています。

なお、「Vēritās vōs lìberābit」のラテン語は、「真理は汝らに自由を得さすべし」と言う聖書の一節で、書物と学問的事柄が迷信と偏見から自由にすることを表しています。

校歌(イメージソング)について

公立大学法人「青森公立大学」の校歌(イメージソング)は、2013年(平成25年)の公募によって選定された「星 知央」さんの楽曲です。

公立大学法人「青森公立大学」の学長について

現在の公立大学法人「青森公立大学」の学長は、「香取 薫(かとり かおる)」さんです。

「香取 薫」さんの経歴ですが、1976年(昭和51年)に電気通信大学電気通信学部を卒業、1978年に同大学院電気通信学研究科修士課程を修了、明治大学計算センター(現・情報科学センター)研究員に就任、1983年(昭和58年)に東京工学院情報専門学校(現・東京工学院専門学校)講師に就任しました。

その後、1988年に北海道東海大学工学部専任講師に就任、1993年(平成5年)に弘前大学人文学部助教授に就任、1997年に弘前大学人文学部教授に就任、2002年に広島市立大学大学院情報科学研究科博士課程を修了しました。

2004年(平成16年)に青森公立大学経営経済学部教授に就任、2008年に同大学地域研究センター長、同大学院経営経済学研究科長に就任、2011年に同地域連携センター長に就任した後、2012年(平成24年)に公立大学法人「青森公立大学」の学長に就任しました。

学長の「香取 薫」さんは、公立大学法人「青森公立大学」の学生が前を向いて悠然と歩み、複雑な現代社会を生き抜いていけるよう、教育理念の実現に努めています。

なお、「香取 薫」さんは、公立大学法人「青森公立大学」の第3代目の学長です。

公立大学法人「青森公立大学」の本拠地・キャンパスについて

公立大学法人「青森公立大学」には、経営経済学部、経営経済学研究科があるほか、図書館、地域連携センター、国際芸術センターなどが置かれています。

なお、「本部キャンパス」は、青森県青森市にあり、最寄り駅は、青森駅です。

公立大学法人「青森公立大学」の教職員数について

公立大学法人「青森公立大学」の教員数は、43人で、職員数については、確認できませんでした。

教員採用に関する情報は、下記ページをご覧ください。
> 公立大学法人「青森公立大学」の教員数

https://www.nebuta.ac.jp/wp-content/uploads/01university-information/pdf/jouhoukouhyou/03-01_2018.pdf

公立大学法人「青森公立大学」の学生数について

公立大学法人「青森公立大学」の2018年5月1日現在の学生数は、学部学生数は、1,301名で、大学院学生数は、6名です。

参考URL:https://www.nebuta.ac.jp/wp-content/uploads/01university-information/pdf/jouhoukouhyou/04-03_2018.pdf

公立大学法人「青森公立大学」の学部について

公立大学法人「青森公立大学」には「経営経済学部」があります。

公立大学法人「青森公立大学」大学院について

公立大学法人「青森公立大学」の大学院には、「経営経済学研究科」があります。

公立大学法人「青森公立大学」の財務状況について

平成29年度の決算報告書では、公立大学法人「青森公立大学」の収入は、13億9,028万1,092円ということです。

その主な内訳は、授業料・入学料および検定料、運営費交付金などです。

参考URL:https://www.nebuta.ac.jp/wp-content/uploads/01university-information/pdf/zaimu_gyoumu_jisseki/h29_kessan_houkoku.pdf

まとめ

いかがでしたか?

公立大学法人「青森公立大学」は、自分の頭で考える知識訓練に力を入れていることを特徴とする公立大学です。

ちなみに、公立大学法人「青森公立大学」出身の有名人は、元アナウンサーの山田 理さん、元カーリング選手の寺田 桜子さん、アナウンサーの室谷 香菜子さんなどがいらっしゃいます。

公立大学法人「青森公立大学」のウェブサイトのURL

参考URL:https://www.nebuta.ac.jp/

そのほかの「公立大学法人」の基本情報はこちらです。

https://koumu.in/tags/472

国立大学法人等職員に関するおすすめ記事

その他公務員関連職に関する新着記事

ページトップ