公立大学法人「滋賀県立大学」の基本情報(沿革・職員数など)

公立大学の職員を目指す方に知っておいてほしい公立大学法人「滋賀県立大学」の基本情報について解説します。 公立大学法人「滋賀県立大学」は、滋賀県彦根市にある公立大学で、「滋賀県立短期大学」「滋賀県立農業短期大学」を前身とする大学です。

はじめに

公立大学法人「滋賀県立大学」は、本拠地(大学本部/キャンパス)は、滋賀県彦根市にあり、1995年(平成7年)に設置された公立大学です。

公立大学法人「滋賀県立大学」の入試の偏差値は、学部によって変わりますが、45~55程度のようです。

今回は公立大学法人「滋賀県立大学」に関する基本的な情報について解説します。

公立大学法人「滋賀県立大学」の沿革について

公立大学法人「滋賀県立大学」の沿革は、「滋賀県立短期大学」と「滋賀県立農業短期大学」が開学された1950年(昭和25年)までさかのぼります。

その後、1958年(昭和33年)に「滋賀県立農業短期大学」が廃止され、1995年(平成7年)に「滋賀県立大学」が開学、1996年に滋賀県立大学看護短期大学部が開学、1999年に大学院修士課程(環境科学研究科、工学研究科、人間文化学研究科)が開設されました。

さらに、2001年(平成13年)に大学院博士課程開設(環境科学研究科、工学研究科、人間文化研究科)、2003年に人間看護学部が開設、2005年に看護短期大学部が閉学、2006年に公立大学法人に移行、2007年(平成19年)に大学院修士課程(人間看護学研究科)が開設されました。

公立大学法人「滋賀県立大学」の理念・スローガンについて

公立大学法人「滋賀県立大学」の理念・スローガンは、下記の3つです。

1)学術の中心として高度な学芸と風土に培われた文化を教授・研究する。
2)広い視野と豊かな創造力、先進的な知識・技術を持つ有為の人材を養成する。
3)開かれた大学として、滋賀県の持続的発展の原動力として大きく寄与する。

公立大学法人「滋賀県立大学」の学章・校歌について

学章(シンボルマーク)について

公立大学法人「滋賀県立大学」の学章(シンボルマーク)は、「滋賀」のアルファベット表記「SIHIGA」の頭文字「S」と琵琶湖の「波紋」「波」をモチーフとしたデザインです。

この学章(シンボルマーク)は、3つの波で滋賀の自然・文化・知識・技術・人間性などを表し、これらが波紋となって学術研究の拠点、人の育つ場が表現されています。

ちなみに、色は琵琶湖ブルーが使用されています。

校歌について

公立大学法人「滋賀県立大学」の校歌は、「鮎撥ねる」です。

この校歌の作詞は、「梅原 賢一郎」さん、作曲は、「細川 俊夫」さんです。

公立大学法人「滋賀県立大学」の学長(理事長)について

現在の公立大学法人「滋賀県立大学」の学長(理事長)は、「廣川 能嗣(ひろかわ よしつぐ)」さんです。

「廣川 能嗣」さんの経歴ですが、1974年(昭和49年)に京都大学工学部高分子化学科を卒業、1976年に京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻修士課程を修了、1979年に日本ゼオン株式会社入社、研究員、研究室長、研究企画管理部長ほかを歴任、1982年(昭和57年)にマサチューセッツ工科大学客員研究員に就任しました。

その後、1993年(平成5年)に新技術事業団橋本相分離構造プロジェクト技術参事に就任、2000年年に東京工業大学連携教授に就任、2008年に滋賀県立大学工学部教授に就任、2013年に同大学工学部長に就任した後、2015年(平成27年)に公立大学法人「滋賀県立大学」の理事長に就任しました。

学長の「廣川 能嗣」さんは、公立大学法人「滋賀県立大学」が、少人数教育や、お互いを高め合う多様な学びを通じて、「国際通用性のある知実践力をそなえた人が育つ大学」となることを目指しています。

なお、「廣川 能嗣」さんが、公立大学法人「滋賀県立大学」の何代目の学長であるのかについては確認できませんでした。

公立大学法人「滋賀県立大学」の本拠地・キャンパスについて

公立大学法人「滋賀県立大学」には、本拠地(本部キャンパス)のある「彦根キャンパス」があります。

この「彦根キャンパス」には、環境科学部、工学部、人間文化学部、人間看護学部、環境科学研究科、工学研究科、人間文化学研究科、人間看護学研究科があります。

このほかに、図書情報センター、産学連携センター、交流センター、地域リエゾン・オフィス、学生ホール、環境管理センター、エコキャンパスセンター、地域共生センターなどが置かれています。

なお、「彦根キャンパス」は、滋賀県彦根市にあり、最寄り駅は、「彦根駅」または「南彦根駅」です。

公立大学法人「滋賀県立大学」の教職員数について

公立大学法人「滋賀県立大学」の教職員数の総数は、264人で、このうち職員数は、58人で、教員数は、203人です。

教職員採用に関する情報は、下記ページをご覧ください。

> 公立大学法人「滋賀県立大学」の教職員数
参考URL:http://www.usp.ac.jp/campus/base/kyoshokuinsu/

公立大学法人「滋賀県立大学」の学生数について

公立大学法人「滋賀県立大学」の平成30年5月1日現在の学生数は、学部学生数は、2,420名で、大学院学生数は、267名です。

参考URL:http://www.usp.ac.jp/campus/base/gakuseisu/

公立大学法人「滋賀県立大学」の学部について

公立大学法人「滋賀県立大学」には、4つの学部があります。

1)環境科学部
2)工学部
3)人間文化学部
4)人間看護学部

公立大学法人「滋賀県立大学」大学院について

公立大学法人「滋賀県立大学」の大学院は、下記の通り、3つあります。

1)環境科学研究科
2)工学研究科
3)人間文化学研究科

公立大学法人「滋賀県立大学」の財務状況について

平成29年度の決算報告書では、公立大学法人「滋賀県立大学」の収入は、47億5,300万円ということです。

その主な内訳は、運営費交付金、授業料・入学料および検定料などです。

参考URL:http://www.usp.ac.jp/user/filer_public/ed/ec/edec0568-d971-4220-95a9-ef5884f4eebc/h29kessanhoukokusyo.pdf

まとめ

いかがでしたか?

公立大学法人「滋賀県立大学」は、全学共通科目に「人間学」があり、基礎教育の重視を特徴とする公立大学です。

公立大学法人「滋賀県立大学」のウェブサイトのURL

参考URL:http://www.usp.ac.jp/

そのほかの「公立大学」の基本情報はこちらです。

公立大学法人の記事一覧

本記事は、2019年9月28日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG