公立大学法人「岡山県立大学」の基本情報(沿革・職員数など)

公立大学の職員を目指す方に知っておいてほしい公立大学法人「岡山県立大学」の基本情報について解説します。 公立大学法人「岡山県立大学」は、岡山県総社市にある公立大学で、「岡山県立短期大学」が4年制大学に昇格して開学された大学です。

はじめに

公立大学法人「岡山県立大学」は、本拠地(大学本部/キャンパス)は、岡山県総社市にあり、1993年(平成5年)に設置された公立大学です。

公立大学法人「岡山県立大学」の入試の偏差値は、学部によって変わりますが、48~63程度のようです。

今回は公立大学法人「岡山県立大学」に関する基本的な情報について解説します。

公立大学法人「岡山県立大学」の沿革について

公立大学法人「岡山県立大学」は、1993年(平成5年)に「岡山県立短期大学(1955年開学)」が4年制に昇格して開学されました。

その後、1997年(平成9年)に大学院修士課程が開設、1999年に大学医博士課程が開設、2003年に大学院博士課程に保健福祉学研究科が増設、2007年(平成19年)に公立大学法人に移行されました。

公立大学法人「岡山県立大学」の理念・スローガンについて

公立大学法人「岡山県立大学」の理念・スローガンは、「人間尊重と福祉の増進」です。

この理念のもと、公立大学法人「岡山県立大学」は、下記の4つを目標に掲げています。

1)他の教育研究機関および地域社会との交流・連携を推進する。
2)人間・社会・自然の関係性を重視した実学を教授・研究する。
3)豊かな教養と深い専門性を備え、新しい時代を切り拓く人材を育成する。
4)学術文化の進展や地域産業の振興に寄与する。

公立大学法人「岡山県立大学」の学章・校歌について

学章(シンボルマーク)について

公立大学法人「岡山県立大学」の学章(シンボルマーク)は、2007年(平成19年)に法人化されたことを機に、それまで使用されていた「OPU」のマークから移行された「岡山(Okayama)」の「O」をモチーフとしたデザインです。

このマークは、公立大学法人「岡山県立大学」のシンボルカラーの紫色によって2つの螺旋を組み合わせたデザインで、地域と大学の一体感や活動的なイメージが表現され、古代吉備の里の曲玉のような形は地域の歴史が表されています。

校歌について

公立大学法人「岡山県立大学」の校歌については、確認できませんでした。

公立大学法人「岡山県立大学」の学長について

現在の公立大学法人「岡山県立大学」の学長は、「沖 陽子(おき ようこ)」さんです。

「沖 陽子」さんの経歴ですが、1974年(昭和49年)に京都大学農学部農学科を卒業、1979年に岡山大学農業生物研究所助手に就任、1982年(昭和57年)に同大学大学院農学研究科農学専攻博士課程を修了、1983年に国立公害研究所(現:国立環境研究所)客員研究員に就任、1984年にフロリダ大学(アメリカ合衆国)客員研究員に就任しました。

その後、1989年(平成元年)に岡山大学大学院自然科学研究科講師に就任、1991年に同大学農学部助教授に就任、2001年に同大学環境理工学部教務委員長に就任、2005年に同大学大学院環境学研究科教授に就任しました。

2007年(平成19年)に岡山大学環境理工学部長に就任、2012年に同大学大学院環境生命科学研究科教授に就任、2017年に岡山県立大学理事兼副学長(産学官連携担当)に就任、2019年(平成31年)4月より公立大学法人「岡山県立大学」の学長に就任しました。

学長の「沖 陽子」さんは、公立大学法人「岡山県立大学」の大学構成員が三位一体となって学生の目線で共に考え、主体性のある教育や充実した学生支援に力をいれています。

なお、「沖 陽子」さんは、公立大学法人「岡山県立大学」の第6代目の学長です。

公立大学法人「岡山県立大学」の本拠地・キャンパスについて

公立大学法人「岡山県立大学」には、本拠地のある「本部キャンパス」があります。

この「本部キャンパス」には、情報工学部、保健福祉学部、デザイン学部、保健福祉学研究科、情報系工学研究科、デザイン学研究科があります。

このほかに、附属図書館、国際交流センター、講堂、体育館、エネルギーセンター、学生会館などが置かれています。

なお、「本部キャンパス」は、岡山県総社市にあり、最寄り駅は、「服部駅」です。

公立大学法人「岡山県立大学」の教職員数について

公立大学法人「岡山県立大学」の教職員数の総数は、226人で、このうち職員数は、62人で、教員数は、164人です。

教職員採用に関する情報は、下記ページをご覧ください。

> 公立大学法人「岡山県立大学」の教職員数
参考URL:https://www.oka-pu.ac.jp/cider_doc_download/download/?file_id=1681&oname=0

公立大学法人「岡山県立大学」の学生数について

公立大学法人「岡山県立大学」の平成30年5月1日の学生数は、学部学生数は、1,633名で、大学院学生数は、200名です。

参考URL:https://www.oka-pu.ac.jp/guide/guide_detail/index/33.html

公立大学法人「岡山県立大学」の学部について

公立大学法人「岡山県立大学」には3つの学部があります。

1)保健福祉学部
2)情報工学部
3)デザイン学部

公立大学法人「岡山県立大学」大学院について

公立大学法人「岡山県立大学」の大学院は、下記の通り、3つです。

1)保健福祉学研究科
2)情報系工学研究科
3)デザイン学研究科

公立大学法人「岡山県立大学」の財務状況について

平成29年度の決算報告書では、公立大学法人「岡山県立大学」の収入は、36億7,500万円ということです。

その主な内訳は、運営費交付金、授業料・入学料および検定料などです。

参考URL:https://www.oka-pu.ac.jp/media_images/files/29kessanhoukokusho.pdf

まとめ

いかがでしたか?

公立大学法人「岡山県立大学」は、中国・四国エリアの公立大学で優良ブランド第1位であり、充実した施設を特徴とする公立大学です。

公立大学法人「岡山県立大学」のウェブサイトのURL

参考URL:https://www.oka-pu.ac.jp/

そのほかの「公立大学」の基本情報はこちらです。

公立大学法人の記事一覧

本記事は、2020年1月5日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG
【AD】オンライン・カウンセリングサービス