【日本宇宙防衛隊!?】航空自衛隊、「宇宙作戦隊」を組織(2020年5月)

「航空自衛隊」とは、自衛隊のうちの航空部門にあたる防衛省の特別の機関のことです。 本記事では、「航空自衛隊」をテーマに『自衛隊が宇宙領域から日本防衛』をご紹介します。


航空自衛隊府中基地に「宇宙作戦隊」が新編

2020年5月18日、航空自衛隊に防衛大臣直轄の「宇宙作戦隊」が新編されました。

航空自衛隊府中基地を拠点に、約20名で編成、日本の人工衛星へ危険をもたらす「スペースデブリ(宇宙ごみ)」等を監視をすることが設立の目的です。

キーワードチェック:「スペースデブリ(宇宙ごみ)」とは?

・使われなくなった人工衛星(耐用年数を過ぎて機能を停止、事故・故障により制御不能となったもの)
・衛星打ち上げの際に使用されたロケット本体や部品、破片、工具等。

スペースデブリの大多数は大気圏へ再突入した際に燃え尽きましたが、現在も衛星軌道上には4,500トンを超えるデブリが残されています。

当面は、JAXA(Japan Aerospace Exploration Agency)やアメリカ宇宙軍と「活動開始に向けた調整」や「人材育成」を行い、2023年度より本格的な「監視活動(宇宙状況監視(SSA)」をスタートする予定です。

「宇宙作戦隊」シンボル・マーク

『シンボル・マーク』の説明

・正面の十字は、宇宙を象徴する「星」をイメージ。
・地球及び衛星軌道は、常続不断の監視をイメージ。
・6つの丸は、防衛省初となる宇宙監視専用レーダーを意味。
・合計20個の星は、2020年に部隊を新編したことを意味。

▼参考URL:航空自衛隊|ニュースリリース「宇宙作戦隊 シンボル・マークについて」(外部サイト)

「宇宙作戦隊」の活動イメージ

「宇宙作戦隊」の活動イメージ

▼参考URL:防衛省|宇宙・サイバー・電磁波の領域における能力の獲得・強化(外部サイト)

YouTubeで「宇宙作戦隊」訓練を初公開!

YouTubeで「宇宙作戦隊」の訓練動画が公開されています。


「宇宙作戦隊」訓練を初公開 航空自衛隊

スペースデブリの脅威

現在のスペースデブリの数は、地上から追跡されている10㎝以上の物体で約2万個、1cm以上は50~70万個、1mm以上は1億個を超えるとされています。

デブリが衝突の相対速度は秒速10~15km(時速200kmで走る新幹線の約270倍の速度)の超高速衝突となり、小さなデブリでも巨大な運動エネルギーを持ち、小指の先ほど(1㎝程度)の小さなデブリでも人工衛星に極めて深刻なダメージを与えることになります。

人工衛星へのデブリ衝突、衝突が疑われる事例・報告もあります。

デブリ衝突が確認された事例
西暦 事例
1996 フランス軍事観測衛星CERISEにアリアンロケット破片が衝突、ブーム損傷。
2009 米国の通信衛星イリジウムに使用済みロシア衛星が衝突、大破。
2013 エクアドル小型衛星NEE-01 Pegasoに旧ソ連ロケット破片衝突。高速回転し衛星通信途絶。
微小デブリ衝突が疑われる事例
西暦 事例
2006 ロシア通信衛星Express-AM11故障。冷却液が噴出、衛星の姿勢が失われ機能不全に。
2007 欧州気象衛星Meteosat-8不具合。軌道が突然変化し東西方向の位置制御スラスタ破損。
2013 ロシア小型技術実証衛星BLITS故障。突然スピンレート及び高度が変化。

▼参考URL:JAXA|スペースデブリに関してよくある質問(外部サイト)

「宇宙作戦隊」は、地上のレーダーと監視用衛星を使い、日本の人工衛星に被害を及ぼす可能性のあるスペースデブリを監視し、衝突・損傷を防ぎます。

重要性が増す「宇宙作戦隊」の任務

人類初の人工衛星は、1957年にソビエト連邦が打ち上げたスプートニク1号です。

それから60年以上が過ぎ、軌道上の衛星は約4,400機以上あります(発表:国連宇宙部)。

今後も人工衛星の打ち上げが加速することを考えると、「宇宙作戦隊」の任務はより重要でハードなものになりそうです。

まとめ

以上、「自衛隊が宇宙領域から日本防衛」でした。

自衛隊に関するその他の記事は是非、下記カテゴリTOPページよりご覧ください。

自衛隊(自衛官など)に関する記事一覧

本記事は、2021年7月24日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG