【自衛隊の活躍をアニメで!】自衛隊が活躍するアニメ4選

自然災害や敵国の侵略……アニメの世界でも、日本へ脅威が訪れることがあります。そんな時、ヒーローの如く日本の防衛を行う存在として、「自衛隊」が登場します。 今回は自衛隊が活躍する「日本のアニメ4選」をご紹介します。

ドラゴンと航空自衛隊の女の子の物語を描く『ひそねとまそたん』

2018年4月より放送中のTVアニメ『ひそねとまそたん』は、航空自衛隊が管理する「軍用機に擬態するドラゴン」である「まそたん」と新人女性搭乗員の「ひそね」との物語を描いた作品です。

『エヴァンゲリオン』や『シン・ゴジラ』で知られる樋口真嗣さん

『ひそねとまそたん』の監督を務めるのは、『エヴァンゲリオン』や『シン・ゴジラ』の監督として知られる樋口真嗣さんです。また、脚本を手掛けるのは『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』で知られる岡田麿里さんです。

本作のメインとして登場するドラゴン・まそたんは、「軍用機に擬態するドラゴン」という世にも珍しい存在ですが、樋口さんが監督として映画『日本沈没』を撮影していたときに、空を飛ぶ飛行機を見て登場させることを思いついたそうです。

『ひそねとまそたん』における自衛隊の活躍

『ひそねとまそたん』では、航空自衛隊がメインで登場します。

岐阜基地に配属された新人女性航空自衛官の「ひそね」が、F-15J戦闘機に偽装して空を飛ぶドラゴン「まそたん」や、先輩航空自衛官たちと出会い成長していく物語です。

航空自衛官の仕事がほのぼのとしたコメディタッチで描かれているので、ほっこりとした気持ちで楽しむことができます。「ひそね」と「まそたん」の物語はもちろん、魅力的な先輩自衛官との思わずクスリとしてしまうやり取りにも注目です。

ちなみに、ドラゴン・まそたん役を演じているのは、漫談家の神田松之丞さんです。まそたんは、航空自衛隊に秘匿されていて、国家的な命運を左右するともいわれている存在です。そんなまそたんが何故、秘匿されているのか、どんな秘密を抱えているのかが今後解き明かされていくはず。いったいどんな秘密を抱えているのか……ぜひともチェックしてみてください。

海上自衛隊が登場『名探偵コナン 絶海の探偵』

『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』は、2013年に公開された劇場版『名探偵コナン』シリーズ第17作目の作品です。本作は、劇場版『コナン』シリーズで初めて「自衛隊」が登場します。

イージス艦を部隊に緊迫のストーリーが紡がれる

海上自衛隊の「イージス艦」体験航海に参加した主人公・江戸川コナンや少年探偵団(コナンが通う小学校の生徒で結成された探偵団)は、海上自衛隊に艦内を案内してもらいながらも戦闘訓練を見学していました。しかし、艦内で襲撃事件が発生したのをきっかけに、大きな事件に巻き込まれていきます。

脚本はTVドラマ『相棒』などを手がける櫻井武晴さんです。そのためか、本作は、アニメというよりもドラマのような印象を受けます。また、派手なアクションシーンはないのですが、ジリジリと迫る危機に緊張感を覚えます。

『名探偵コナン 絶海の探偵』における自衛隊の活躍は?

『名探偵コナン 絶海の探偵』は、海上自衛隊全面協力のもと制作されていて、舞台となる「イージス艦」は、実際に存在するイージス艦・あたご型護衛艦「あたご」をモデルに忠実に再現されています。ほかにも、護衛艦「きりしま」や舞鶴水中処分隊など海上自衛隊が所有する護衛艦や部隊が登場するシーンもあります。

また、作中で少年探偵団のメンバーである元太が、イージス艦を「海の名探偵なんだろ!」と例えているように、子供の視点でも分かりやすく「イージス艦」や「海上自衛隊」の働きをみることができます。

陸上自衛隊が登場『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり.』

『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く(かく)戦えり.』は、陸上自衛隊がファンタジー世界に足を踏み入れることができるようになった世界を描いた作品です。2015年から2016年にかけて、TOKYO MXにて放送されました。

銀座とファンタジーの世界が繋がった世界を描く!

『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり.』は、銀座に出現した“門”を通じて“特地”と呼ばれるファンタジー世界が繋がった日本と、特地を統べる巨大国家“帝国”を舞台に、自衛隊の活躍や日常が描かれている物語です。

物語の主人公・伊丹耀司は、陸上自衛隊二等陸尉の自衛官で、漫画やweb小説を読むことが好きなオタクです。そんな伊丹は、銀座に“門”が出現した際に発生した“銀座事件”での功績が評価され、二等陸尉に昇進します。そして、持ち前のオタク知識を用いて特地の偵察隊長も務めます。

ちなみにこの主人公は、門が出現した時はコミケ会場に向かう途中で、「ちくしょう! コミケに間に合わなくなる!」と叫びながらも救助を行うシーンがあるなど、どこか親しみやすさのあるキャラクターです。

『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり.』における自衛隊の活躍

『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり.』は、陸上自衛隊を始めとした自衛隊が数多く登場します。

ファンタジーの住人と自衛隊の戦いが描かれる戦闘シーンでは、「戦車」や「戦闘機」、「機関銃」が「戦闘魔法」や「ファンタジーの世界の住人」と戦うファンタジーならではのコラボレーションを観ることができます。この世界では自衛隊はとっても強く、「自衛隊無双」アニメとも呼ばれています。

自衛隊の活躍を描く『東京マグニチュード8.0』

『東京マグニチュード8.0』は、2009年にノイタミナで放送されたTVアニメです。

大災害発生後の東京を描いた『東京マグニチュード8.0』

『東京マグニチュード8.0』は、これまでご紹介した作品とは異なり自衛隊がメインで登場する作品ではありません。しかし、自衛隊が登場することによって、「救える・救えた命がある」ことを知ることができます。

本作は、巨大地震が発生し大きな被害を受けた東京を舞台に、一人の少女を中心とした被災者の目線で物語が進みます。アニメが放送された時期は2009年ではありますが、このアニメを見ているとふと2011年に発生した「東日本大震災」が頭をよぎります。

災害が発生したことで、当たり前だった日常が崩壊していく様には絶望を感じ、そんな日々のなかで差し込む救いの手には希望を感じられる。アニメではありますが、どこかノンフィクションのような作品です。

『東京マグニチュード0.8』における自衛隊の活躍

『東京マグニチュード0.8』で自衛隊は、巨大地震で被災した人々を救うために、災害派遣・人面救助で登場します。

放送が行われた2009年には、自衛隊と『東京マグニチュード0.8』がコラボしたポスターが全国の自衛隊駐屯地に掲示されていました。また、本作で自衛隊が活躍したことで「自衛隊がこんな活躍をしていたなんて」と知る人も増えたといわれるように、自衛隊の活躍がアニメで見ることができます。

第5話では、自衛隊が作成する「カレー」が登場します。自衛隊が作成するカレーは、牛乳やコーヒーを入れたりと隠し味が含まれており、ちょっとした名物として有名です。

本作ではそんな隠し味を入れるシーンもアニメ化されています。そのシーンで主人公たちが「そんなものいれるの…?」と不思議そうな反応をしているのですが、その表情が災害発生という「非日常」のなかで「日常」を感じさせてくれて、個人的には隠れた名シーンだと思っています。気になる方はぜひともチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は、自衛隊が活躍するアニメをご紹介しました。

アニメの世界でも、自衛隊は人命救助や災害派遣などで活躍しています。また、今回ご紹介したアニメは、陸上自衛隊、航空自衛隊、海上自衛隊の活躍を楽しむことができます。現在、自衛隊を目指している方はもちろん、子供に自衛隊の仕事を伝えたい方にもおすすめです。

本記事は、2018年10月21日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG