【人間関係に苦労】「私立幼稚園の先生」の仕事内容・給料レポート

私立幼稚園で正規雇用職員として働く、女性の「幼稚園の先生」によるキャリア体験談レポートです。 今回は、その幼稚園の先生の仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

はじめに

私立幼稚園で正規雇用職員として働く、女性の「幼稚園の先生」によるキャリア体験談レポートです。

ちなみに、その方は、幼稚園教諭の資格以外に保育士資格を持っているそうです。

「幼稚園の先生」を目指した理由

小さい頃から習っていたピアノが生かせるからです。

また自分を担任してくれた先生が優しくて楽しくてステキな方だったので、その先生に憧れて私もなりたいと思いました。

「私立幼稚園の正規雇用職員」の仕事内容について

私は私立幼稚園で幼稚園教諭として働いていました。業務内容は大きく分けて2つあります。

1つ目は子どもと関わる仕事です。

これはクラス担任、バス乗車担当、延長保育担当があります。この業務のすべてに共通して言える事は子どもの安全を見守りつつ、楽しい一日が過ごせるように遊びの提案や提供、生活の補助をすることです。また常に子どもたちの手本となるように意識して行動していました。

2つ目は子どもと関わらない仕事です。

私の勤めていた園ではクラス担任をする傍ら、事務や雑務も行っていました。また、保育室、トイレ、廊下掃除に始まり園で飼育しているウサギの世話、雪かき、給食費や写真代の集金と集計、菜園の手入れなど園に係るありとあらゆることをやっていたように思います。

また月に1度あるクラス便りの発行と出席カード(シール帳)のメッセージや出欠記入、子ども一人ひとりのカリキュラム作成などは園にいる間には出来ない事が多かったので、自宅に持ち帰って作業していました。

「私立幼稚園の正規雇用職員」の1日の仕事の流れ

7時15分 家を出る
7時35分 出勤、保育準備
8時 園バス出発/バス乗車しない場合は朝の打ち合わせ
9時30分 全園児登園、自由活動
10時15分 朝の会
10時30分 全体活動(絵画、制作、リズム遊び、体操、言葉遊びなど)
11時 全体活動②(上記のことをすることもあるが、だいたい外遊びや散歩
11時30分 昼食準備
11時50分 昼食、食べ終えた子から自由活動
※自分も合間を見て一緒に昼食を取る
13時 片付け、降園準備
13時30分 降園開始、バス担当の場合は乗車し、それ以外の時は掃除などをする
15時 全園児帰宅、翌日の保育準備や行事の準備
※延長保育の子達がいる場合もある
16時 帰りの打ち合わせ
17時 終業
※しかし作業が終わらない事がほとんどなので大体仕事を続けている
19時 帰宅

「私立幼稚園の正規雇用職員」の給料・残業・有給休暇について

私の場合ですが、月給は手取りで14万円くらいでした。それには、交通費と住居手当の1万5千円が含まれています。新卒の時は12万円台後半だったと記憶しています。

ちなみに、ボーナスは夏冬あわせて50万円くらいで、寒冷地手当てとして10万円出ていました。残業代は1円も出ません。

有給はかなり使いづらい雰囲気で、平日には使えませんでしたが、夏休みや冬休みに消化していました。

この仕事で、働いているときに困ったこと

改善したかった事は人間関係です。

女性がほとんどの職場なので、陰でコソコソしたり派閥が出来たりとよく言う「女同士のぐちゃぐちゃした争い」みたいなものが多くありました。私はその仲裁を頼まれる事が多く、間に挟まれて大変な思いをしました。

また、経営者の意見は絶対!なところがあり、権力者の一言で保育の方向性が大きく変わることが多くありました。一番大変だったのが、運動会の3日前に大幅な変更を言い渡された事です。

この仕事や職場でよかったこと

それなりに気の合う仲間や、ついてきてくれる後輩が出来、悩みを相談しあったり、仕事が終わってから食事にいったりとプライベートでも楽しむ事が出来た事です。

また、仕事が遅くなると園長が希望通りの差し入れを買ってきてくれたので、食べる事には困りませんでした。また、、クリスマス会やお店屋さんごっこ、お祭りなど、子どもたちだけでなく、職員も楽しめる行事内容だったことが良かったです。

あとはやはり夏休みと冬休みがあり、長い休みが取れる環境であったのは恵まれていたと思います。

「私立幼稚園の正規雇用職員」の仕事エピソード

感動した事は子どもたちに「先生のような幼稚園の先生になりたい」と言われた事と、なわとびやちょうちょ結びなど、何度も挑戦して出来るようになった子の達成感あふれる嬉しそうな表情を見ることが出来た時です。

失敗した事は数え切れないほどありますが、一番心に残っているのは新卒で担任したクラスが私の力量不足で落ち着きのないクラスになってしまい、他の先生から「動物園」と呼ばれていた事です。

また、大変だったことは保護者の対応です。

事実とは異なっていても、自分の子どもの意見を鵜呑みにしてしまい、クレームを入れてくる方や気に入らない事があると毎日のように電話をしてくる方がいました。

「私立幼稚園の正規雇用職員」の職場恋愛について

職場での出会いはほとんどなく、私の園では職場恋愛はありませんでした。

結婚する先生の半分は学生時代に相手を見つけていて、それ以外は友達の紹介や合コンで知り合っていました。正直なところ、友達のツテがなく独身という先生も多くいました。

ちなみに私は友達の紹介で知り合った人と結婚しましたが、それまで出会いが全然なく、30歳を過ぎての結婚でした。

この職業は本当に出会いが少ないので、相手は早いうちに見つけておくのが良いと思います。

まとめ ー「幼稚園の先生」を目指す方へメッセージ

子どもが好きというだけでは出来ない仕事ですが、やりがいはものすごくあります。とにかく努力と根性!!

がんばってください。

本記事は、2018年9月22日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG