公務員になるための情報サイト

「日本郵便株式会社」の「窓口営業」に関する仕事内容・給料レポート

東証一部上場企業の「日本郵便株式会社」に新卒で入社して働く、女性で「窓口営業」のキャリア体験談レポートです。

今回は、その仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

2018年12月12日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
はじめに
「日本郵便株式会社の窓口営業」を目指した理由
「日本郵便株式会社の窓口営業」の仕事内容について
「日本郵便株式会社の窓口営業」の1日の仕事の流れ
「日本郵便株式会社の窓口営業」の給料・残業・有給休暇について
この仕事で、働いているときに困ったこと
この仕事や職場でよかったこと
「日本郵便株式会社の窓口営業」の仕事エピソード
「日本郵便株式会社の窓口営業」の職場恋愛について
まとめ ー「日本郵便株式会社の窓口営業」を目指す方へ
「日本郵便株式会社」の「窓口営業」に関する仕事内容・給料レポート

はじめに

東証一部上場企業の「日本郵便株式会社」に新卒で入社して働く、女性で「窓口営業」のキャリア体験談レポートです。

ちなみにその方は、ファイナンシャルプランナー3級の資格を持っているそうです。

「日本郵便株式会社の窓口営業」を目指した理由

地域に密着した企業で昔から親しみを感じていました。

接客が好きだったので窓口営業が向いているのではと思い、郵便局を選びました。

「日本郵便株式会社の窓口営業」の仕事内容について

郵便局員の仕事内容は、主に郵便と貯金、保険を窓口で販売営業することです。

これらの3つの業務を1人でこなすのは困難なので局内で分担して業務に従事していますが、どの業務においてもノルマがそれぞれ課せられていますので、基本的にはお客様の用事だけに対応するのではなく、どの窓口にでも対応できるように、営業も行いながら全ての業務をこなしていく必要がありました。

郵便について

郵便物の取扱、はがきや切手の販売を行います。また、お中元やお歳暮、ふるさと会といった物販の販売も行っていました。

貯金について

預貯金の取り扱い、新規通帳の発行、送金などを取り扱います。時にはATMに出向き操作のお手伝いをすることもあります。

保険について

既存顧客へのアフターサービスや新規加入の営業を行います。基本的には窓口でやりとりすることになりますが場合によっては、勤務時間内にお客さんの自宅訪問をすることもあります。

「日本郵便株式会社の窓口営業」の1日の仕事の流れ

8時:自宅を出て、自転車で通勤する
8時15分:勤務先に到着
8時30分:掃除 玄関の掃除、窓拭き 機械の立ち上げ
8時45分:朝礼
9時・開局 勤務開始 窓口接客 来訪があればお茶出し
12時:お昼休憩
13時:勤務に戻る
14時:1回目の郵便集荷がくる
16時:貯金窓口締める 締めの作業を行う 金額の確認、取扱書類のチェックなど
17時:閉局 郵便の締めを行う 
※切手、はがきの枚数数え、金額のズレがないか確認をする。
※物販の販売数を数える。
※2回目の郵便集荷がくる。
※全ての確認作業が終わり問題がなければ機械を閉める。
17時30分:終業
17時40分:自転車で家に帰る
18時:帰宅

「日本郵便株式会社の窓口営業」の給料・残業・有給休暇について

私の場合ですが、月給は手取りで13万円で、ボーナスは50万円ほどでした。

残業代と営業手当は別途支給があります。3月ごろに会社の利益が多ければ臨時ボーナスが入ることもありました。

残業は基本的に殆どありませんでした。有給休暇は取りやすかったです。

この仕事で、働いているときに困ったこと

郵便局ごとで業務のやり方が違っていたりするので他の局ではいいことがダメだったりする事があり困っていました。少ない人数での仕事になるのでピリピリした環境の局が多いように思います。

元々、公務員時代から勤めている局員がいるので今もその頃のスタンスでいる方も多くとてもやりづらかったです。ただでさえノルマがキツイので仕方がないのですが、人間関係で上手くいかなくなると局にいづらくなって辞める人も多くいました。

この仕事や職場でよかったこと

元公務員なので公務員気質が残っており福利厚生がしっかりしていました。

残業は殆どありませんし、有給休暇は取りたくなくても取らされるような環境で月に2回は休みを取っていました。その他にも連続休暇などもあるので旅行にも行きやすかったです。

女性に対しては、結婚してこどもが生まれればお祝い金をもらえます。育児休暇もとれますし、どこの地域にもある郵便局なので旦那さんの転勤があったとしても融通が利きやすいです。

給料は安いと思いますが、自分の時間は有意義に過ごすことができると思います。

「日本郵便株式会社の窓口営業」の仕事エピソード

地域に密着しているのでお客さんの殆どは常連客ばかりです。そのため、何度も接していくうちに打ち解けて信頼関係を築くことができます。とても嬉しいことですし、それが営業にも繋がります。あなたにしてもらえてよかった、助かりましたと言われることがやりがいになっていました。

しかし、前はできたのに、あの人はしてくれたなどと融通を効かせてくるお客さんも少なくありません。頭ごなしに話をしてしまうとお客さんが離れてしまい、局の評判も悪くなるので関係が悪くならないように丁寧に説明をしたり謝罪をしなければいけないこともあり、やりがいがある反面、大変さを感じることも多くありました。

「日本郵便株式会社の窓口営業」の職場恋愛について

郵便局内での恋愛となると少人数ですし、年齢層もバラバラなので職場恋愛はしにくいと思います。

同期入社の人達もバラバラの場所に配属されているので時々会うことはできますが遠距離恋愛になると思います。私の場合は、同期の紹介で旦那さんと出会いました。

職場以外で求めるのであれば友人の紹介や自ら街コンに出かけるなどすることになると思います。もしくは窓口にたっているのでお客さんと出会うこともあるかもしれないです。常連の方からお見合い話を持って来られる事もあるかと思います。

まとめ ー「日本郵便株式会社の窓口営業」を目指す方へ

キツイこともありますがやりがいも感じられる職業です。就活頑張って下さい!

この記事に関連するキーワード

民間企業研究(業界・職業情報)に関するおすすめ記事

公務員カレッジに関する新着記事

ページトップ