公務員になるための情報サイト

国立大学法人「三重大学」の基本情報(沿革・職員数など)

国立大学法人の職員を目指す方に知っておいてほしい国立大学法人「三重大学」の基本情報について解説します。

国立大学法人「三重大学」は、「三重師範学校」「三重青年師範学校」「三重農林専門学校」の流れを汲む国立大学です。

2019年08月22日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
はじめに
国立大学法人「三重大学」の沿革について
国立大学法人「三重大学」の理念・スローガンについて
国立大学法人「三重大学」の学章・校歌について
国立大学法人「三重大学」の学長について
国立大学法人「三重大学」の本拠地・キャンパスについて
国立大学法人「三重大学」の教職員数について
国立大学法人「三重大学」の学生数について
国立大学法人「三重大学」の学部について
国立大学法人「三重大学」大学院について
国立大学法人「三重大学」の財務状況について
まとめ
国立大学法人「三重大学」のウェブサイトのURL
そのほかの「国立大学法人」の基本情報はこちらです。

はじめに

国立大学法人「三重大学」は、本拠地(大学本部/キャンパス)は、三重県津市にあり、1949年(昭和24年)に設置された国立大学です。

国立大学法人「三重大学」の入試の偏差値は、学部によって変わりますが、50~70程度のようです。

今回は国立大学法人「三重大学」に関する基本的な情報について解説します。

国立大学法人「三重大学」の沿革について

国立大学法人「三重大学」の沿革は、1949年(昭和24年)に、その前身である「三重師範学校」「三重青年師範学校」「三重青年師範学校」を包括して創設されました。

その後、1973年(昭和48年)に医学部附属病院が設置され、その翌年には医学部附属看護学校が設置された以降も、学部・研究科・施設などが設置されました。

さらに、2004年(平成16年)に国立大学に法人化された後も、2017年(平成29年)には生物物資学部が新たに設置されました。

国立大学法人「三重大学」の理念・スローガンについて

国立大学法人「三重大学」の理念・スローガンは、「総合大学として、教育・研究の実績と伝統を踏まえ、『人類福祉の増進』『自然の中での人類の共生』『地域社会の発展』に貢献できる『人材の育成と研究の創成』を目指し、学術文化の受発信拠点となるべく、切磋琢磨する。」です。

国立大学法人「三重大学」の学章・校歌について

学章について

国立大学法人「三重大学」の学章は、1992年(平成4年)に元三重大学教育学部の宮田 修平教授によって作成されました。

そのデザインは、全体を構成する図形が強いイメージを、波のような太いラインで「開いた本」のように見せて「知」のイメージが表現されています。

しかし、この学章は、2006年(平成18年)の大学法人化を機に見直され、新たに図形と英文字ロゴが作成されました。

特に、この英文字ロゴは、アルファベット文字「MIE」をデザインしたもので、マークの曲線部分のイメージがロゴの「E」部分にも取り込まれています。

校歌について

国立大学法人「三重大学」に校歌はありませんが、応援歌として「勝利の翠風」「我らの意気」「いざ行かん」があります。

国立大学法人「三重大学」の学長について

現在の国立大学法人「三重大学」の学長は、「駒田 美弘(こまだ よしひろ)」さんです。

「駒田 美弘」さんの経歴は、1976年(昭和51年)に三重大学医学部医学科を卒業、1980 年に同大学大学院医学研究科小児科学専攻(博士課程)を修了、1981年(昭和56年)に米国テネシー州セントジュード小児研究病院病理部リサーチフェローに就任、1983年に国立療養所鈴鹿病院小児科医師に就任、1986年に三重大学医学部付属病院小児科助手に就任しました。

その後、1999年(平成11年)に三重大学医学部付属病院小児科学講座教授に就任し、2006年(平成18年)に同大学大学院医学系研究科長・医学部長・医学科長に就任し、2012年に 同大学大学院医学系研究科臨床医学系講座小児科学教授に就任し、2014年(平成26年)に三重大学副学長(危機管理担当)に就任した後、2015年に国立大学法人三重大学の学長に就任しました。

学長の「駒田 美弘」さんは、下記の6つのビジョンを柱に教職員が心を通わせて、教育・研究活動を推進することに努めています。

1)安心感のある運営と改革
2)社会の未来を創る高等教育
3)女性・若手に優しいキャリア支援
4)大学発の地域イノベーション
5)多様で独創的な学術研究
6)自然と共生するグローバルキャンパス

座右の銘は、「一生懸命、一生感動、一生不悟」です。

なお、「駒田 美弘」さんは、国立大学法人「三重大学」の第12代目の学長です。

国立大学法人「三重大学」の本拠地・キャンパスについて

国立大学法人「三重大学」には、本拠地(本部キャンパス)のある「三重キャンパス」があります。

この「三重キャンパス」には、各学部・研究科のほかに、地域戦略センター、先端科学研究支援センター、総合情報処理センター、医学部附属病院などが置かれています。

国立大学法人「三重大学」の教職員数について

国立大学法人「三重大学」の教職員数の総数は、1,963人で、このうち職員数は、1,171人で、教員数は、792人です。

教職員採用に関する情報は、下記ページをご覧ください。

> 国立大学法人「三重大学」の教職員数
http://www.mie-u.ac.jp/profile/guide/basic.html

国立大学法人「三重大学」の学生数について

国立大学法人「三重大学」の2015年~2021年の学生数は、学部学生数は、6,055名(うち外国人学生45名)で、大学院学生数は、1,138名(うち外国人学生127名)です。

(参考URL:http://www.mie-u.ac.jp/profile/guide/basic.html)

国立大学法人「三重大学」の学部について

国立大学法人「三重大学」には、5つの学部があります。

1)人文学部
2)教育学部
3)医学部
4)工学部
5)生物資源学部

国立大学法人「三重大学」大学院について

国立大学法人「三重大学」の大学院は、下記の通り、6つです。

1)人文社会学研究科
2)教育学研究科
3)医学系研究科
4)工学研究科
5)生物資源学研究科
6)地域イノベーション学研究科

国立大学法人「三重大学」の財務状況について

平成29年度の、国立大学法人「三重大学」の収入は、約440億6,600百万円でした。

その主な内訳は、附属病院収入、運営費交付金、産学連携等研究収入および寄付金収入などです。

参考URL:http://www.mie-u.ac.jp/disclosure/files/c284f027c75b889fc88228a02a31c27a.pdf

まとめ

いかがでしたか?

国立大学法人「三重大学」は、2006年(平成18年)に「タイムズ・ハイアー・エデュケーション」において世界大学ランキングに認定されている大学です。

ちなみに、「タイムズ・ハイアー・エデュケーション」とは、イギリスのタイムズ社が新聞の付録冊子として毎年秋に発行している高等教育情報誌のことで、学術研究分野で質・量ともにすぐれた大学に贈られる世界大学ランキングを発表しています。

このような国立大学法人「三重大学」は、全学年を通じて幅広い領域の教育を行い、国際的なコミュニケーション能力の育成に力を入れています。

なお、国立大学法人「三重大学」出身の有名人は、小説家のはやみね かおるさん、短距離走選手の伊藤 佳奈恵さん、アナウンサーの岩崎 和夫さんなどがいらっしゃいます。

国立大学法人「三重大学」のウェブサイトのURL

http://www.mie-u.ac.jp/

そのほかの「国立大学法人」の基本情報はこちらです。

https://koumu.in/tags/61

国立大学法人等職員に関するおすすめ記事

その他公務員関連職に関する新着記事

ページトップ