公務員になるための情報サイト

公立大学法人「群馬県立女子大学」の基本情報(沿革・職員数など)

公立大学法人の職員を目指す方に知っておいてほしい公立大学法人「群馬県立女子大学」の基本情報について解説します。

公立大学法人「群馬県立女子大学」は、群馬県佐波郡にある公立大学法人で、全国に2つしかない公立女子大学のうちの1つです。

2019年12月01日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
はじめに
公立大学法人「群馬県立女子大学」の沿革について
公立大学法人「群馬県立女子大学」の理念・スローガンについて
公立大学法人「群馬県立女子大学」の学章・校歌について
公立大学法人「群馬県立女子大学」の学長について
公立大学法人「群馬県立女子大学」の本拠地・キャンパスについて
公立大学法人「群馬県立女子大学」の教職員数について
公立大学法人「群馬県立女子大学」の学生数について
公立大学法人「群馬県立女子大学」の学部について
公立大学法人「群馬県立女子大学」大学院について
公立大学法人「群馬県立女子大学」の財務状況について
まとめ
公立大学法人「群馬県立女子大学」のウェブサイトのURL
そのほかの「公立大学法人」の基本情報はこちらです。

はじめに

公立大学法人「群馬県立女子大学」は、本拠地(大学本部/キャンパス)は、群馬県佐波郡にあり、1980年(昭和55年)に設置された公立大学です。

公立大学法人「群馬県立女子大学」の入試の偏差値は、学部によって変わりますが、52~62程度のようです。

今回は公立大学法人「群馬県立女子大学」に関する基本的な情報について解説します。

公立大学法人「群馬県立女子大学」の沿革について

公立大学法人「群馬県立女子大学」の沿革は、1977年(昭和52年)県立女子大学設置準備室が設置、1980年(昭和55年)に文部省より設置が認可されて創設されました。

その後、1990年(平成2年)に大学院文学研究科修士課程が設置、2002年(平成14年)に群馬大学・群馬県立女子大学・関東学園大学・上武大学・東洋大学・放送大学による単位互換に関する包括協定書が締結されました。

公立大学法人「群馬県立女子大学」の理念・スローガンについて

公立大学法人「群馬県立女子大学」の理念・スローガンは、「広く知識を授け、深く専門の学芸を教授研究するとともに、家庭生活の向上及び地域社会における文化の進展に寄与し、更に国際化社会に対応し得る広い教養と豊かな情操を備えた人材を育成する」ことです。

公立大学法人「群馬県立女子大学」の学章・校歌について

学章について

公立大学法人「群馬県立女子大学」の学章については確認できませんでしたが、大学のホームページ上では、三枚の花びらをモチーフにした図形がシンボルマークとして使用されています。

校歌について

公立大学法人「群馬県立女子大学」の校歌(学歌)については、確認できませんでした。

公立大学法人「群馬県立女子大学」の学長について

現在の公立大学法人「群馬県立女子大学」の学長は、「小林 良江(こばやし よしえ)」さんです。

「小林 良江」さんの経歴ですが、1978年(昭和53年)に学習院大学法学部政治学科を卒業、1995年(平成7年)にセントラル・オクラホマ大学大学院政治研究科国際政治学専攻修士課程を修了、2002年(平成14年)にハワイ大学マノア校大学院政治研究科国際政治学専攻博士課程を修了しました。

その後、2003年(平成15年)にハワイ大学マノア校 政治学部非常勤講師、ハワイ大学西オアフ校政治学部非常勤講師に就任、2005年(平成17年)に群馬県立女子大学助教授に就任、2007年に同大学学教授に就任した後、公立大学法人「群馬県立女子大学」の学長に就任しました。

ちなみに「小林 良江」さんは、1980年(昭和55年)に公立大学法人「群馬県立女子大学」が開学して以来、初の女性学長です。

学長の「小林 良江」さんは、公立大学法人「群馬県立女子大学」が東日本で唯一の公立女子大学であることから、主に下記の3つの取組に力を入れています。

1)国際化に対応し、新しい時代をリードできる女性を育成する。
2)研究能力や高度の専門性を持つ人材を育成する。
3)特色ある群馬県の発展に資する大学へと改革する。

なお、「小林 良江」さんが、公立大学法人「群馬県立女子大学」の何代目の学長であるかについては、確認できませんでした。

公立大学法人「群馬県立女子大学」の本拠地・キャンパスについて

公立大学法人「群馬県立女子大学」には、本拠地(本部キャンパス)のある「佐波キャンパス」があります。

この「佐波キャンパス」には、文学部、国際コミュニケーション学部、文学研究科、国際コミュニケーション研究科があるほか、図書館、大学会館、キャリア支援センター、CALL教室などが置かれています。

なお、「佐波キャンパス」は、群馬県佐波郡にあり、最寄り駅は、JR「高崎駅」「新町駅」「前橋駅」「伊勢崎駅」です。

公立大学法人「群馬県立女子大学」の教職員数について

公立大学法人「群馬県立女子大学」の教職員数の総数は、185人で、このうち職員数は、50人で、教員数は、135人です。

教職員採用に関する情報は、下記ページをご覧ください。

> 公立大学法人「群馬県立女子大学」の教職員数
参考URL:https://www.gpwu.ac.jp/guide/summary/ 

公立大学法人「群馬県立女子大学」の学生数について

公立大学法人「群馬県立女子大学」の2018年4月1日現在の学生数は、学部学生数は、991名で、大学院学生数は、23名です。

参考URL:https://www.gpwu.ac.jp/guide/summary/

公立大学法人「群馬県立女子大学」の学部について

公立大学法人「群馬県立女子大学」には「文学部」と「国際コミュニケーション学部」があります。

公立大学法人「群馬県立女子大学」大学院について

公立大学法人「群馬県立女子大学」の大学院には、「文学研究科」と「国際コミュニケーション研究科」があります。

公立大学法人「群馬県立女子大学」の財務状況について

公立大学法人「群馬県立女子大学」の財務状況については、確認できませんでした。

まとめ

いかがでしたか?

公立大学法人「群馬県立女子大学」は、東日本で唯一の公立女子大学であり、少人数制の専門的な授業や公立三大学の連携などを特徴とする公立大学です。

公立大学法人「群馬県立女子大学」のウェブサイトのURL

参考URL:https://www.gpwu.ac.jp/

そのほかの「公立大学法人」の基本情報はこちらです。

https://koumu.in/tags/472

国立大学法人など職員に関するおすすめ記事

その他公務員関連職に関する新着記事

ページトップ