公立大学法人「埼玉県立大学」の基本情報(沿革・職員数など)

公立大学法人の職員を目指す方に知っておいてほしい公立大学法人「埼玉県立大学」の基本情報について解説します。 公立大学法人「埼玉県立大学」は、埼玉県越谷市にある公立大学法人で、看護師免許だけでなく、保健師・助産師・養護教諭の免許を取得できる大学です。

はじめに

公立大学法人「埼玉県立大学」は、本拠地(大学本部/キャンパス)は、埼玉県越谷市にあり、1999年(平成11年)に設置された公立大学です。

公立大学法人「埼玉県立大学」の入試の偏差値は、52~59程度のようです。

今回は公立大学法人「埼玉県立大学」に関する基本的な情報について解説します。

公立大学法人「埼玉県立大学」の沿革について

公立大学法人「埼玉県立大学」の沿革は、1993年(平成5年)に大学の基本構想検討委員会が設置されたことから始まります。

その後、1994年に大学の設置予定地を越谷市三野宮地区とすることが決定、大学設立準備室が設置、基本計画が策定され、翌年の1995年には、建設工事基本設計が策定、1997年には工事着工され、1999年(平成11年)に埼玉県立大学が開学されました。

公立大学法人「埼玉県立大学」の理念・スローガンについて

公立大学法人「埼玉県立大学」の理念・スローガンは、「陶冶、進取、創発を基本理念として、保健医療福祉に関する教育・研究の中核となって地域社会に貢献」することです。

この理念のもと、公立大学法人「埼玉県立大学」は、基本理念である「陶冶」「進取」「創発」について、それぞれ目標を定めています。

1)人格の陶冶
温和で誠実な心と主体性を持ち、多様な価値観を尊重できる人間性を磨く。

2)進取の取組
広く先達に学び、未来を指標とする教育・研究に取り組む。

3)新たな価値の創発
多様な連携により、想定以上の新たな価値を創造する。

公立大学法人「埼玉県立大学」の学章・校歌について

学章について

公立大学法人「埼玉県立大学」の学章は、特に確認できませんでしたが、大学のホームページ上では、扇形の図形中に、大文字の「S」と国立大学法人「埼玉県立大学」の頭文字の英語表記「SAITAMA PREFECTURAL UNIVERSITY」とが配されたマークが使用されています。

なお、公立大学法人「埼玉県立大学」には、このマークのほかに、創立20周年を記念したロゴマークがあり、印刷物やグッズなどに使用されています。

このマークは、円の中に大きく書かれた「20th」の文字の下部に「Aniversary」と「2019」の文字が二段に表示され、その円周に沿って「感謝をこめて 地球とともに 飛躍を誓い」と「Saitama Perfectural University」の文字が配されたデザインです。

校歌(大学歌)について

公立大学法人「埼玉県立大学」の校歌(大学歌)は、2016年(平成28年)に大学関係者の募集によって選定された「澄み渡る大空 連携の丘」です。

この校歌(大学歌)は、作詞は、当時、公立大学法人「埼玉県立大学」の学生だった「丸山 暁」さん、作曲は、「旅立ちの日に」で知られている「高橋 浩美」さんです。

公立大学法人「埼玉県立大学」の学長について

現在の公立大学法人「埼玉県立大学」の学長は、「萱場 一則(かやば かずのり)」さんです。

「萱場 一則」さんの経歴ですが、1979年(昭和54年)に自治医科大学(JMU) 医学部医学科を卒業、国立仙台病院研修医に就任、1986年(昭和61年)に自治医科大学地域医療学助手に就任、1987年ワシントン大学(シアトル)研究員に就任、1992年(平成4年)に自治医科大学講師に就任しました。

その後、2000年に日本行動医学会理事・自治医科大学非常勤講師に就任、2003年(平成15年)に埼玉県立大学教授に就任、2009年に埼玉県立大学大学院研究科教授に就任、2013年に日本疫学会理事に就任した後、2017年(平成29年)に公立大学法人「埼玉県立大学」学長に就任しました。

学長の「萱場 一則」さんは、公立大学法人「埼玉県立大学」の大学関係者が、ともに保健医療福祉分野での連携と協働を推進し、地域社会の発展に貢献できるよう努めています。

なお、「萱場 一則」さんが公立大学法人「埼玉県立大学」の何代目の学長であるかについては、確認できませんでした。

公立大学法人「埼玉県立大学」の本拠地・キャンパスについて

公立大学法人「埼玉県立大学」には、本拠地(本部キャンパス)のある「越谷キャンパス」があります。

この「越谷キャンパス」には保健医療福祉学部、保健医療福祉学研究科があるほか、学生会館、情報センターなどが置かれています。

公立大学法人「埼玉県立大学」の教職員数について

公立大学法人「埼玉県立大学」の教職員数の総数は、191人で、このうち職員数は、34人で、教員数は、157人です。

教職員採用に関する情報は、下記ページをご覧ください。

> 公立大学法人「埼玉県立大学」の教職員数
参考URL:https://www.spu.ac.jp/about/disclosure/tabid588.html

公立大学法人「埼玉県立大学」の学生数について

公立大学法人「埼玉県立大学」の平成30年10月現在の学生数は、学部学生数は、1,684名で、大学院学生数は、86名です。

参考URL:https://www.spu.ac.jp/about/numbers/

公立大学法人「埼玉県立大学」の学部について

公立大学法人「埼玉県立大学」には「保健医療福祉学部」があり、5つの科に分かれています。

1)看護学科
2)理学療法学科
3)作業療法学科
4)社会福祉子ども学科
5)健康開発学科

公立大学法人「埼玉県立大学」大学院について

公立大学法人「埼玉県立大学」の大学院は、「保健医療福祉学研究科」で、下記の3つの専修があります。

1)看護学専修
2)リハビリテーション学専修
3)健康福祉科学専修

公立大学法人「埼玉県立大学」の財務状況について

平成29年度の決算報告書では、公立大学法人「埼玉県立大学」の収入は、358万1,749円ということです。

その主な内訳は、運営費交付金、授業料・入学料および検定料、施設整備費補助金などです。

参考URL:https://www.spu.ac.jp/Portals/0/News%20file/zaimu/zaimusyohyou29/02.29kessannhoukokusho.pdf

まとめ

いかがでしたか?

公立大学法人「埼玉県立大学」は、全学科に「共通教育科」が設置されており、学科や専攻に沿った国家資格が取得できることを特徴とする公立大学です。

ちなみに、公立大学法人「埼玉県立大学」出身の有名人は、参議院議員の高階 恵美子さんがいらっしゃいます。

公立大学法人「埼玉県立大学」のウェブサイトのURL

参考URL:https://www.spu.ac.jp

そのほかの「公立大学法人」の基本情報はこちらです。

公立大学法人の記事一覧

本記事は、2019年12月16日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG