「岩手県」の「市役所で働く公務員」の仕事内容・給料レポート

「岩手県」の「市役所で働く公務員」のキャリアレポートです。 今回は、その仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

はじめに

「岩手県」の「市役所で働く公務員」のキャリアレポートです。

レポート者のプロフィール
公務員としての職業・勤務先:市役所職員 / 岩手県にある市役所
性別:女性
雇用体系:正規雇用
所有資格:普通自動車免許 日商簿記検定3級 文部科学省後援秘書検定1級

「市役所職員」を目指した理由

安定した職業に就きたかったというのが1番です。女性なので、産休や育休の制度が整っているところ、そして休暇後も復帰がしやすいところが魅力でした。

「市役所職員」の仕事内容について

水道の経営に携わる仕事をしておりました。主に市民への水道料金の請求(納付書の発送や口座振替など)と徴収です。また、二重支払いにより払い過ぎてしまった方へは還付や充当の手続きを行っておりました。

引越しにより、水道を新たに使い始める方、使用しなくなる方に対して、電話や窓口にて開始・中止の手続きをしておりました。開始時や中止時の注意事項なども合わせて伝えました。 また開閉栓を請け負う委託業者へ連絡し、作業内容の確認や指示出しも行っておりました。

年に2~3度、水道に関する広報の発行を行いました。それに伴う委託業者とのやり取り、住民へのアンケート徴収を行いました。

経理業務として、毎日の収納と支出を管理しておりました。また伝票起票や職員が起票した伝票や仕訳のチェック、更には支払い処理を行っておりました。水道工事などは金額が大きいため、場合によっては予算を調整し、他予算から流用して来るなどの処理を行っておりました。

「市役所職員」の1日の仕事の流れ

8時:家を出発し、自動車にて通勤
8時20分:到着
8時30分:職員朝礼 ~随時電話・お客様対応
9時:前日までに収納した水道料金の確認、システムへの入力
10時:出納検査(前月分の支出と収納額のチェック、不正がないかを会計課により審査を受ける)
12時:昼休憩
13時:昼休憩終了 ~伝票チェック(職員が支払い処理したものを確認し、間違いがなければ確定する。)
15時:コンビニ収納の確認(システムを用いて、当日15時までにコンビニで料金を収めた人のデータを取り込む)
15時15分:支払い処理(取引銀行へ依頼するための書類を作成し、支払い処理を行う。)
17時15分:終業
17時30分頃:自動車にて帰る
18時:自宅に到着

「市役所職員」の給料・残業・有給休暇について

月給は22万円程度(残業込)、ボーナスは60万程度でした。

水道利用開始や中止の多い3~4月以外はほとんど残業することはなく、定時で帰っていたことがほとんどです。 有給もとりやすく、1時間単位で取れました。

この仕事で、働いているときに困ったこと

水道料金を支払わない市民から、水道を止めるなというクレームを受けたことが何度もありました。料金を支払わない限り、開栓をしないと伝えても分かってもらえませんでした。

また、公務員は能力で給与が決まる訳ではなく、年功序列のようなところがあります。クビになることがないので、明らかに仕事が出来ない上司や、パソコンが全く使えないような上司の元で働く可能性もあります。それがストレスと感じてしまうこともあるかもしれません。

この仕事や職場でよかったこと

やはり福利厚生はしっかりしています。特に私が感じていたのは、産休・育休制度です。周りの女性社員も休暇後に復帰し、生き生きと働いていました。有休も融通が聞くことが多いので、子どもが急に熱を出すことがあれば基本的にすぐに駆けつけられますし、学校行事への参加もしやすいです。

また、私の課は助け合いの精神が強く、ひとりだけが極端に忙しいということがありませんでした。忙しい時は周りの人間が手伝い、皆ではやく帰ろうという風潮があり、とても助かっていました。

「市役所職員」の仕事エピソード

やはり「ありがとう」と声をかけてもらえたときは毎回感動しました。こちらが水道を供給するのは当たり前のこと、それに対して市民が水道料金を払うのは当たり前のことかもしれません。そのため、窓口や電話にて「ありがとう」と言われることはほとんどありません。

しかし、電話のときに高齢者の方とちょっとした世間話したときに「お話出来て良かった、ありがとう。」と言われたり、生活保護の方の支払いについて相談に乗ってあげたりすると「配慮してくれてありがとう。」と声をいただくことがあります。その時はとても嬉しいです。

また、アンケートを取ると「美味しいお水をありがとう。」という回答をしてくださる市民の方が多く、この仕事をやっていてよかったと思えます。

「市役所職員」の職場恋愛について

職場恋愛は多いです。職場内で恋愛・そのまま結婚に至る職員はたくさんいました。職場内に元旦那がいる、なんて言う先輩も結構いました。

職場以外だと、他の自治体の職員と恋愛・結婚する方が多いイメージです。仕事の中で、他の自治体の職員と接することももちろん多いので、その中で直接出会って意気投合して、交際に至るようです。

紹介を通して、合コンや複数で飲み会を開くことで、出会って交際に至ったり、という方が多いようです。

まとめ ー「市役所職員」を目指す方へメッセージ

生涯安定を狙うなら絶対公務員です!


本記事は、2019年12月19日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG