公立美術館「伊丹市立美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「伊丹市立美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「伊丹市立美術館」は、兵庫県伊丹市にあり、1987年(昭和62年)に開館された公立美術館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術館「伊丹市立美術館」は、兵庫県伊丹市(阪急伊丹駅近く)にあり、1987年(昭和62年)に開館された公立美術館で、収蔵作品数は、約9,000点と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「伊丹市立美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「伊丹市立美術館」の沿革について

公立美術館「伊丹市立美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「伊丹市立美術館」は、1981年(昭和56年)に伊丹市総合計画(基本構想・基本計画)が策定、文化施設として美術館建設計画が盛り込まれ、「伊丹市立美術館建設懇話会」が発足されました。

1982年に「伊丹市立美術館建設懇話会」により「伊丹市立美術館建設構想」が報告、1985年に美術館建設予算が議決、伊丹市美術品取得基金条例が公布、1986年
に美術館建設工事請負契約議案が可決、美術館建設工事着工・起工式が実施されました。

1987年(昭和62年)に美術館建設工事竣工・引き継ぎが実施、伊丹市立美術館条例が制定、伊丹市立美術館規則が制定された後、公立美術館「伊丹市立美術館」が開館されました。

1990年に美術館地下に常設展示室、図書館、収蔵庫等の増築工事が完成、1993年
に美術館庭園内渡り廊下新設工事が竣工、2000年に新町家(現伊丹市立伊丹郷町館管理棟)建設工事が着工されました。

2001年に伊丹市立美術館の管理が財団法人伊丹市文化振興財団に委託され、建設工事竣工に合わせ美術館事務室が新町家(伊丹郷町館内)に移転され、2006年に機構改革により教育委員会所管から都市創造部文化振興課へ移行、指定管理者制度が導入(財団法人伊丹市文化振興財団)されました。

2010年に指定管理者である財団法人伊丹市文化振興財団が公益財団法人伊丹市文化振興財団に移行、2017年(平成29年)に指定管理者である公益財団法人伊丹市文化振興財団が公益財団法人伊丹スポーツセンターと統合され、「公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団」に名称変更されました。

公立美術館「伊丹市立美術館」の概要について

公立美術館「伊丹市立美術館」は、公益財団法人伊丹市文化振興財団が運営する公立の美術館です。

兵庫県伊丹市にあり、広さ約2,700平方メートル、収蔵資料は約9,000点で、常勤役職員数については確認できませんでした。


また、平成30年度の来館者数は、約7.7万人です。

▼参考URL:公益財団法人 いたみ文化・スポーツ財団|平成30年度事業報告

公立美術館「伊丹市立美術館」の施設・展示について

公立美術館「伊丹市立美術館」には、第1~第3展示室と展示ホール、工芸センターなどがあります。

現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)展覧会「高橋 秀+藤田 桜 素敵なふたり」
会期:2019年11月2日(土)~12月22日(日)
主催:伊丹市立美術館(公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団/伊丹市)
共催:伊丹市教育委員会

2)展覧会「コレクション2 浅野竹二 版を奏でる」
会期:2020年1月18日(土)~3月1日(日)

3)展覧会「2019年度 伊丹市芸術家協会展」
会期:2020年3月7日(土)~3月22日(日)

公立美術館「伊丹市立美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「伊丹市立美術館」のシンボルマークに関する情報については、確認できませんでした。

公立美術館「伊丹市立美術館」の館長について

現在の公立美術館「伊丹市立美術館」の館長は、「佐藤 由紀子(さとう ゆきこ)」さんです。

「佐藤 由紀子」さんの経歴、および公立美術館「伊丹市立美術館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術館「伊丹市立美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「伊丹市立美術館」は、兵庫県伊丹市にあり、最寄り駅は、阪急伊丹駅です。

開館時間は、午前10時~午後6時です。

休館日は、月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)、展示入替期間です。

詳細な情報については、公立美術館「伊丹市立美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:伊丹市立美術館|入館案内
https://artmuseum-itami.jp/jp/category/guide/vist_guide/


公立美術館「伊丹市立美術館」の観覧料について

公立美術館「伊丹市立美術館」の観覧料は、各展覧会によって異なります。

1)展覧会「高橋 秀+藤田 桜 素敵なふたり」(会期:2019年11月2日(土)~12月22日(日))の観覧料は、通常観覧者は、一般は800円、大高生は450円、中小生は150円で、団体観覧者は、一般は700円、大高生は350円、中小生は100円です。

なお、4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)に在住の60歳以上の方は平日、65歳以上の方は土日祝に高齢者割引があります。

詳細な情報については、公立美術館「伊丹市立美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:
伊丹市立美術館|入館案内
https://artmuseum-itami.jp/jp/category/guide/vist_guide/

伊丹市立美術館|次回の展覧会
https://artmuseum-itami.jp/jp/category/exhibition/upcoming_exhibition/

公立美術館「伊丹市立美術館」の職員数について

公立美術館「伊丹市立美術館」の職員数については、確認できませんでした。

公立美術館「伊丹市立美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去の情報もみつかりませんでした。

公立美術館「伊丹市立美術館」の財務状況について

公立美術館「伊丹市立美術館」の運営費については、確認できませんでした。

まとめ

以上、公立美術館「伊丹市立美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立美術館「伊丹市立美術館」は、日本の重要文化財である旧石橋家住宅、旧岡田家住宅などのある「みやのまえ文化の郷」内に設立され、19世紀のフランス代表作家オノレ・ドーミエや明治初期に日本で活躍したジョルジュ・ビゴーなどの作品を収蔵している公立の美術館です。

公立美術館「伊丹市立美術館」のウェブサイトのURL

https://artmuseum-itami.jp/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2022年1月24日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG