公立博物館「大分県立歴史博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「大分県立歴史博物館」の基本情報について解説します。

公立博物館「大分県立歴史博物館」は、大分県宇佐市にあり、1981年に開館された「大分県立宇佐風土記の丘歴史民俗資料館」を前身とする公立博物館です。


はじめに

今回ご紹介する公立博物館「大分県立歴史博物館」は、大分県宇佐市大字高森字京塚(JR宇佐駅近く)にあり、1981年に開館された公立博物館で、文化全般に関する作品や工芸品など大分県の歴史や文化のあらゆる作品を収蔵しています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立博物館「大分県立歴史博物館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立博物館「大分県立歴史博物館」の沿革について

公立博物館「大分県立歴史博物館」の沿革についてご紹介します。

公立博物館「大分県立歴史博物館」は、1981年(昭和56年)の宇佐風土記の丘の開設に伴い、敷地内に、「うさ・くにさきの歴史と文化」をテーマとし、「大分県立宇佐風土記の丘歴史民俗資料館」として開館されました。

その後、1998年(平成10年)名称を公立博物館「大分県立歴史博物館」に改称されました。

公立博物館「大分県立歴史博物館」の概要について

公立博物館「大分県立歴史博物館」は、大分県立歴史博物館協議会が運営する公立の博物館です。

大分県宇佐市にあり、前身は「大分県立宇佐風土記の丘歴史民俗資料館」で、広さ、文化全般に関する作品や工芸品など大分県の歴史や文化のあらゆる作品を収蔵し、常勤役職員は確認できませんでした。

また、平成30年度の来館者数は、70,927人です。

公立博物館「大分県立歴史博物館」の施設・展示について

公立博物館「大分県立歴史博物館」の施設は、常設展示室、企画展示室1~2、展望ロビー、情報サロンなどがあります。

現在開催中の展覧会については、公式ホームページをご確認ください。

公立博物館「大分県立歴史博物館」の研究について

公立博物館「大分県立歴史博物館」の研究については、確認できませんでした。


公立博物館「大分県立歴史博物館」のキャッチコピー・シンボルマークについて

公立博物館「大分県立歴史博物館」のシンボルマークは、県立芸術文化短期大学の「西口 顕一」准教授によってデザインされました。

このマークは、常設展示されている「富貴寺大堂」(レプリカ)の壁画にある文様の一種「宝相華文(ほうそうげもん)」がモチーフとなっています。

具体的には、如来像の光背と螺髪(らほつ)、修正鬼会(しゅじょうおにえ)の炎、勾玉(まがたま)のイメージが組み込まれ、神と仏の信仰が混ざり合って独自の歴史や文化を築く様子が表現されています。

なお、マークの外観は、宇佐神宮などを連想させる朱色で、大分の頭文字「O」を核に渦巻くようにデザインされています。

公立博物館「大分県立歴史博物館」の館長について

現在の公立博物館「大分県立歴史博物館」の館長は、「阿部 辰也(あべ たつや)」さんです。

「阿部 辰也」さんの経歴および公立博物館「大分県立歴史博物館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立博物館「大分県立歴史博物館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立博物館「大分県立歴史博物館」は、大分県宇佐市にあり、最寄り駅は、JR宇佐駅です。

開館時間は、午前9時~午後5時です。

休館日は、毎週月曜日(祝休日の場合には翌平日)、年末年始(12月28日~1月4日)です。

詳細な情報については、公立博物館「大分県立歴史博物館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:https://www.pref.oita.jp/site/rekishihakubutsukan/2002659.html

公立博物館「大分県立歴史博物館」の観覧料について

通常展示普通観覧者は、一般は310円、高・大学生は160円、団体観覧者は、一般は210円、高大学生は100円です。

なお、下記の5つのうち、いずれかに該当する場合には、観覧料は無料です。

1)中学生以下
2)土曜日に観覧する高等学校の生徒
3)大分県内の小・中・高等学校等が教育課程に基づく教育活動として観覧する場合の引率者
4)障がい者とその付添人1名
5)児童福祉施設に入所し、または通所している者およびその引率者

詳細な情報については、公立博物館「大分県立歴史博物館」のホームページなどをご確認ください。


▼参考URL:https://www.pref.oita.jp/site/rekishihakubutsukan/2002659.html

公立博物館「大分県立歴史博物館」の職員数

公立博物館「大分県立歴史博物館」の職員数については、確認できませんでした。

公立博物館「大分県立歴史博物館」の採用人数

現在は募集がなく、過去の情報もみつかりませんでした。

公立博物館「大分県立歴史博物館」の財務状況について

公立博物館「大分県立歴史博物館」の財務状況については、確認できませんでした。

まとめ

以上、公立博物館「大分県立歴史博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立博物館「大分県立歴史博物館」は、文化全般に関する作品や工芸品など大分県の歴史や文化のあらゆる作品を収蔵している公立の博物館です。

公立博物館「大分県立歴史博物館」のウェブサイトのURL

https://www.pref.oita.jp/site/rekishihakubutsukan/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2022年5月25日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG