公立博物館「群馬県立歴史博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「群馬県立歴史博物館」の基本情報について解説します。

公立博物館「群馬県立歴史博物館」は、群馬県高崎市にあり、1979年に開館された公立博物館です。


はじめに

今回ご紹介する公立博物館「群馬県立歴史博物館」は、群馬県高崎市綿貫町992-1(JR高崎駅近く)にあり、1979年に開館された公立博物館で、収蔵作品数は、約90,000点と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立博物館「群馬県立歴史博物館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立博物館「群馬県立歴史博物館」の沿革について

公立博物館「群馬県立歴史博物館」の沿革についてご紹介します。

公立博物館「群馬県立歴史博物館」は、1975年(昭和50年)に博物館建設基本計画が作成、1977年に博物館の建設工事が着工、1979年に開館されました。

2011年(平成23年)に展示中の重要文化財に水滴が落ちる事故が発生、公開承認施設指定が取り消され、2014年に上記事故に関する改修方針により休館、2016年に大規模改修が完了し、リニューアルオープンされました。

公立博物館「群馬県立歴史博物館」の概要について

公立博物館「群馬県立歴史博物館」は、群馬県が運営する公立の博物館です。

群馬県高崎市にあり、広さ7,349平方メートル、収蔵資料は約90,000点で、常勤役職員が平成29年4月1日現在で6名です。

また、平成18年度の来館者数は、98,097人です。

▼参考URL:

https://grekisi.pref.gunma.jp/nenpo/pdf-nenpo39.pdf

https://www.bunka.pref.mie.lg.jp/common/content/000149142.pdf


公立博物館「群馬県立歴史博物館」の施設・展示について

公立博物館「群馬県立歴史博物館」の施設は、企画展示室、テーマ展示室、東国古墳文化展示室、通史展示室があります。

現在開催中の展覧会については、公式ホームページをご確認ください。

公立博物館「群馬県立歴史博物館」の研究について

公立博物館「群馬県立歴史博物館」では、平成29年度に下記の13の研究が行われました。

1)「藤岡市坂原遺跡出土資料の基礎的調査」石田典子

2)「古墳時代~古代にかけての馬生産関連遺跡の基礎的検討」飯田浩光

3)「中近世移行期社会における地侍の研究」簗瀬大輔

4)「上杉氏一族の研究」森田真一

5)「中近世移行期における地域社会の変容とその画期-滝川一益関係文書の研究を通して-」青木裕美

6)「江戸時代における測量技術の進展と幕府の政策について」中山剛志

7)「室町期武家権力の研究」簗瀬大輔、森田真一、青木裕美ほか

8)「山村木工用具調査」武藤直美

9)「東国古墳文化展示室の韓国語版リーフレットの制作のための基礎調査」深澤敦仁ほか

10)「子どものためのハンズ・オン展示の実践に関する検討」中村みき

11)「歴史博物館の学校団体利用促進についての研究」 小林伸之

12)「ボランティアの力を生かした博物館活動」茂木潤平


13)「東国古墳文化展示室における学校団体利用プログラムの開発と活用について」原千紘

公立博物館「群馬県立歴史博物館」のシンボルマークについて

公立博物館「群馬県立歴史博物館」のシンボルマークについての詳細は、確認できませんでしたが、ホームページ上では、美術館のイラストがロゴマークとして使用されています。

公立博物館「群馬県立歴史博物館」の館長について

現在の公立博物館「群馬県立歴史博物館」の館長は、「右島 和夫(みぎしま かずお)」さんです。

「右島 和夫」さんの経歴は、1948年に伊勢崎に生まれ、群馬大学を卒業、関西大大学院修士課程を修了しました。

その後、1977年に群馬県庁職員として勤務、群馬県埋蔵文化財調査研究部長、群馬県教委文化課文化財主監などを歴任、群馬県埋蔵文化財調査事業団理事などを務め、2016年より公立博物館「群馬県立歴史博物」の館長に就任しました。

なお、「右島 和夫」さんが、公立博物館「群馬県立歴史博物館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立博物館「群馬県立歴史博物館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立博物館「群馬県立歴史博物館」は、群馬県高崎市にあり、最寄り駅は、JR高崎駅です。

開館時間は、午前10時~午後5時です。

休館日は、月曜日(祝休日の場合は翌日)、年末年始、展示準備期間です。

詳細な情報については、公立博物館「群馬県立歴史博物館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:http://grekisi.pref.gunma.jp/information.html

公立博物館「群馬県立歴史博物館」の観覧料について

通常展示普通観覧者は、一般は300円、大学・高校生は120円、団体観覧者は、一般は240円、大学・高校生は120円です。

なお、障がい者手帳を持っている方とその介護者1名は無料です。

また、群馬県民の日(10月28日)は無料です。

詳細な情報については、公立博物館「群馬県立歴史博物館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:http://grekisi.pref.gunma.jp/information.html

公立博物館「群馬県立歴史博物館」の職員数

平成19年度の公立博物館「群馬県立歴史博物館」の職員数は、32名です。

▼参考URL:https://www.bunka.pref.mie.lg.jp/common/content/000149142.pdf

公立博物館「群馬県立歴史博物館」の採用人数

現在は募集がなく、過去には2016年度に非常勤嘱託職員(解説員)の募集がありました。


公立博物館「群馬県立歴史博物館」の財務状況について

平成29年度の公立博物館「群馬県立歴史博物館」の運営費は、1億3,294万3,000円でした。

その主な内訳は、嘱託職員経費、館管理運営、改修工事運営費などです。

▼参考URL:https://grekisi.pref.gunma.jp/nenpo/pdf-nenpo39.pdf

まとめ

以上、公立博物館「群馬県立歴史博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立博物館「群馬県立歴史博物館」は、原始・古代・中世・近世・近現代にいたる群馬県の歴史や文化の特色などに関する資料が、約90,000点収蔵されている公立の博物館です。

公立博物館「群馬県立歴史博物館」のウェブサイトのURL

https://grekisi.pref.gunma.jp/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2022年5月23日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG