公立美術館「神戸市立博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「神戸市立博物館」の基本情報について解説します。

公立美術館「神戸市立博物館」は、兵庫県神戸市にあり、1982年(昭和57年)に開館された「神戸市立南蛮美術館」と「神戸市立考古館」を前身とする公立美術館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術館「神戸市立博物館」は、兵庫県神戸市(JR三宮駅またはJR元町駅近く)にあり、1982年(昭和57年)に開館された公立美術館で、収蔵作品数は、約5万点と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「神戸市立博物館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「神戸市立博物館」の沿革について

公立美術館「神戸市立博物館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「神戸市立博物館」は、「神戸市立南蛮美術館」と「神戸市立考古館」が統合されて1982年(昭和57年)に開館されました。

この美術館では、「国際文化交流、東西文化の接触と変容」を主たるテーマとし、地域の「知の拠点」となり、「提案する」博物館、「発信する」博物館としての役割を果たし、神戸を愛し誇りとするよりどころを得られる博物館としての役割を果たすことを目的としています。

公立美術館「神戸市立博物館」の概要について

公立美術館「神戸市立博物館」は、神戸市が運営する公立の美術館です。

兵庫県神戸市にあり、前身は「神戸市立南蛮美術館」と「神戸市立考古館」で、広さ10,073平方メートル、収蔵資料は約5万点で、常勤役職員が平成30年3月31日現在で10名です。

また、平成29年度の来館者数は、37万4,690人です。

▼参考URL:神戸市|神戸市立博物館年報 平成29年度 No.34

公立美術館「神戸市立博物館」の施設・展示について

公立美術館「神戸市立博物館」には、展示室1~5、講堂、書室、ギャラリーなどがあります。

現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。


1)展覧会「神戸市立博物館名品展ーまじわる文化、つなぐ歴史、むすぶ美ー」
会期:2019年11月2日(土)~2019年12月22日(日)
主催:神戸市立博物館、神戸新聞社

2)展覧会「特別展 建築と社会の年代記ー竹中工務店400年の歩みー」
会期:2020年1月11日(土)~2020年3月1日(日)

3)展覧会「特別展 コートールド美術館展 魅惑の印象派」
会期:2020年3月28日(土)~2020年6月21日(日)

公立美術館「神戸市立博物館」のシンボルマークについて

公立美術館「神戸市立博物館」のシンボルマークは、基本テーマである「国際文化交流」と、東西文化の接触と変容に沿って文化交流の窓口となった「神戸」を「帆船」によってデザイン化したものです。

マーク中の3つの帆は、「カルチャー」「センター」「コミュニケーション」を表しています。

公立美術館「神戸市立博物館」の館長について

現在の公立美術館「神戸市立博物館」の館長は、「大谷 幸正(おおたに ゆきまさ)」さんです。

「大谷 幸正」さんの経歴、および公立美術館「神戸市立博物館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術館「神戸市立博物館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「神戸市立博物館」は、兵庫県神戸市にあり、最寄り駅は、JR三宮駅またはJR元町駅です。

開館時間は、10時~17時で、毎週土曜日は21時まで開館します。

休館日は、月曜日(祝休日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)、臨時休館日です。

詳細な情報については、公立美術館「神戸市立博物館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:神戸市立博物館|利用案内
https://www.kobecitymuseum.jp/guide/

公立美術館「神戸市立博物館」の入館料について

公立美術館「神戸市立博物館」の入館料は、1)歴史展示、2)コレクション展、
3)特別展によって異なります。

歴史展示

歴史展示室(1階)は無料です。

コレクション展

コレクション展示室(2階)の入館料は、一般は300円、大学生は150円、高校生以下は無料です。


特別展

特別展は、展覧会ごとに異なります。

今後、まもなく開催される展覧会「神戸市立博物館名品展ーまじわる文化、つなぐ歴史、むすぶ美ー」(会期:2019年11月2日(土)~2019年12月22日(日))の入館料は、普通入館者は、一般は1,000円、大学生は500円で、団体入館者は、一般は800円、大学生は400円です。

高校生以下および障がいのある方は無料、神戸市内在住の万65歳以上の方は一般料金の半額です。

詳細な情報については、公立美術館「神戸市立博物館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:神戸市立博物館|利用案内
https://www.kobecitymuseum.jp/guide/

公立美術館「神戸市立博物館」の職員数について

平成29年現在の公立美術館「神戸市立博物館」の職員数は、23名です。

▼参考URL:神戸市|神戸市立博物館年報 平成29年度 No.34

公立美術館「神戸市立博物館」の採用情報について

現在は募集を締め切りましたが、2019年に神戸市職員(学芸員)の募集がありました。

公立美術館「神戸市立博物館」の財務状況について

平成29年度の、公立美術館「神戸市立博物館」の運営費は、5億9,843万4千円でした。

その主な内訳は、特別展開催費用、管理運営費などです。

▼参考URL:神戸市|神戸市立博物館年報 平成29年度 No.34

まとめ

以上、公立美術館「神戸市立博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立美術館「神戸市立博物館」は、「国際文化交流ー東西文化の接触と変容」をテーマとして国宝を含む考古学資料や「聖フランシスコ・ザビエル像」などの著名な美術品や神戸ゆかりの芸術家による作品などを所蔵している公立の美術館です。

公立美術館「神戸市立博物館」のウェブサイトのURL

https://www.kobecitymuseum.jp/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2022年5月16日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG