平成30年度「熊本県職員」採用情報 – 地方上級などの採用試験まとめ

平成30年度 地方公務員採用試験の「熊本県職員」の試験日程のお知らせです。

平成30年度の熊本県庁の採用募集職種は、大きくわけて「行政事職」「事務職」「技術職」「資格免許職」があります。なお「大学卒業程度採用」は、行政・技術・資格免許職など複数の職種区分があります。

はじめに

地方公務員である「熊本県庁」の平成30年度の公務員採用試験情報について紹介します。

熊本県職員の「大学卒業程度採用」は、行政・技術・資格免許職など複数の職種区分があり、2次試験と3次試験に個別面接による「面接試験」があります。

また、熊本県職員の「大学卒業程度採用」の職種区分「行政」および「警察行政」の受験者で、英語・中国語・韓国語・朝鮮語で一定の水準以上の資格を有する場合には、1次試験において満点に達するまで20点が加点されます。

「熊本県庁」で働く公務員として知っておきたいこと

熊本県は、九州地方の中央に位置し、人口は全国で第23位の約177万人(平成27年国勢調査情報)の県です。

面積は、茨城県と大阪府を足した広さで第15位で、市町村数は45エリア、14市23町8村です。県庁所在は熊本市で、政令指定都市でもあります。

その他、阿蘇火山のある阿蘇市、天草四郎メモリアルホールのある上浅草市などがあります。

県の強み(産業の特徴)

熊本県は、2008年には世界中の国の3分の2の国より大きな経済規模を有していた県ですが、2016年の熊本地震の影響により各産業で大きな被害が生じました。農水産業においても、農地の地割れ、隆起、液状化や農水産業関連施設の破損などが発生しました。現在は、各産業分野で復興支援が行われています。

各産業の特徴として、農業では、「トマト」「きくらげ」の生産量が全国第1位、「スイカ」「温州ミカン(早生:うち極早生みかん)」「デコポン(不知火)」「ヒノユタカ(肥の豊)」の収穫量が全国第1位、「しょうが」の生産量が全国第2位となっています。

水産業では、有明海沿岸の「のり」の養殖を基幹として、「真珠」「くるまえび」の養殖や、「あさり」「はまぐり」の漁獲が行われています。

工業では、輸送用機械、電子部品・デバイ ス、食料品の製造が中心で、 「光ディスク装置」「地下足袋」「二輪自動車(原動機付自転車、モ ータスクータを含む)」などの出荷額が全国第1位です。

「熊本県」が募集する職種紹介

平成30年度の熊本県庁の採用募集職種は、一般行政・警察行政・教育行政などの「行政事職」、警察事務や学校事務の「事務職」、「技術職」、「資格免許職」、「船舶職員」などがあります。

熊本県職員「大学卒程度」の採用試験情報

平成30年度では、熊本県職員「大学卒業程度採用」の職種区分は、「行政」「警察行政」「教育行政」「心理判定員」「総合土木」「建築」「機械」「農学」「林学」「畜産」「水産」で募集を予定しています。

熊本県職員「大学卒業程度採用」の受験資格は、22~35才の年齢での資格があります(※試験実施年度の4/1の年齢)。また、21才の年齢までで、短期大学を除く学校教育法による大学を卒業、または、2019年3月末までに卒業見込みの人にも資格があります。

なお、職種区分「心理判定員」については、短期大学を除く学校教育法において、心理学を専攻し、卒業した人、または、卒業見込みであることが要件となっています。ただし、教養課程のみの心理学を履修した人は含まれませんので、ご注意ください。

熊本県職員「大学卒業程度採用」の試験内容は、1次試験は、択一式「教養試験」、択一式「専門試験」で、2次試験は、「論文試験」、個別面接による「口述試験」、3次試験は、個別面接および集団討論による「口述試験」です。

なお、職種区分「行政」および「警察行政」は、英語・中国語・韓国語・朝鮮語で一定の水準以上の資格を有する人には、1次試験において満点に達するまで20点が加点されます。

申込期間は、4月26日(木)~5月11日(金)、1次試験の日程は、6月24日(日)、2次試験の日程は、7月9日(月)~7月16日(月)、3次試験の日程は、7月26日(木)~8月2日(木)を予定しています。

最終合格発表は、8月上旬の予定です。

熊本県職員「資格免許職(前期)」の採用試験情報

平成30年度では、熊本県職員「資格免許職(前期)」の職種区分は、「社会福祉」「薬剤師」「保健師」で募集を予定しています。

熊本県職員「資格免許職(前期)」の受験資格は、40才の年齢まで資格があります(※試験実施年度の4/1の年齢)。また、各職種区分について、下記の資格を満たすことが要件となっています。

区分:「社会福祉」

職種区分「社会福祉」の受験資格は、社会福祉士の資格を取得している人、または、児童福祉施設の設備および運営に関する基準第82条に規定する児童自立支援専門員の資格を取得または2019年3月末までに資格を取得見込みの人が該当します。ただし、同条2号の社会福祉士の資格については取得見込みの人をのぞきます。

区分:「薬剤師」

職種区分「薬剤師」の受験資格は、薬剤師の免許を取得、または、2019年春季の国家試験で免許を取得見込みの人が該当します。

区分:「保健師」

職種区分「保健師」の受験資格は、保健師の免許を取得、または、2019年春季の国家試験で免許を取得見込みの人が該当します。

熊本県職員「資格免許職(前期)」の試験内容は、1次試験は、択一式「教養試験」、択一式「専門試験」で、2次試験は、「論文試験」、個別面接による「口述試験」、3次試験は、個別面接および集団討論による「口述試験」です。

申込期間は、4月26日(木)~5月11日(金)、1次試験の日程は、6月24日(日)、2次試験の日程は、7月9日(月)~7月16日(月)、3次試験の日程は、7月26日(木)~8月2日(木)を予定しています。

最終合格発表は、8月上旬の予定です。

熊本県職員「獣医師」の採用選考情報

熊本県職員「獣医師」の受験資格は、日本国籍を有し、59才の年齢までで(※試験実施年度の4/1の年齢)、獣医師の免許を取得しているか、または、2019年春季の国家試験で免許取得見込みの人に資格があります。

試験内容は、「専門試験」「小論文試験」「人物試験」です。

申込期間は、5月1日(火)~5月31日(金)、選考試験の日程は、6月16日(土)を予定しています。

最終合格発表は、7月10日(火)の予定です。

熊本県職員「船舶職員(航海士・機関士)」の採用選考情報

熊本県職員「船舶職員(航海士・機関士)」の受験資格は、日本国籍を有し、35才の年齢までで(※試験実施年度の4/1の年齢)、職種区分「航海士」は、5級海技士(航海)以上を有している人、職種区分「機関士」は、5級海技士(機関)以上を有している人に資格があります。

試験内容は、「専門試験」「小論文試験」「人物試験」です。

申込期間は、5月1日(火)~5月31日(金)、選考試験の日程は、6月16日(土)を予定しています。

最終合格発表は、7月10日(火)の予定です。

熊本県職員「理学療法士」の採用選考情報

熊本県職員「理学療法士」受験資格は、35才の年齢までで(※試験実施年度の4/1の年齢)、理学療法士免許を取得している人、または、2019年春季の国家試験で免許を取得見込みの人に資格があります。

試験内容は、「専門試験」「小論文試験」「人物試験」です。

申込期間は、5月1日(火)~5月31日(金)、選考試験の日程は、6月16日(土)を予定しています。

最終合格発表は、7月10日(火)の予定です。

熊本県職員「高等学校卒業程度」の採用試験情報

平成30年度では、熊本県職員「高等学校卒業程度」の職種区分は、「一般事務」「警察事務」「教育事務」「一般土木」「農業土木」「林業」で募集を予定しています。

熊本県職員「高等学校卒業程度」の受験資格は、18~21才の年齢まで資格があります(※試験実施年度の4/1の年齢)。ただし、短期大学を除く学校教育法による大学を卒業または2019年3月末までに卒業見込みの人をのぞきます。

試験内容は、1次試験は、「教養試験」と「適性試験(事務系)」または「専門試験(技術系)」で、2次試験は「作文試験」と「面接試験」です。

申込期間は、8月3日(金)~8月24日(金)、1次試験の日程は、9月23日(日)、2次試験の日程は、「作文試験」が10月20日(土)、「面接試験」が10月27日(土)~29日(月)を予定しています。

最終合格発表は、11月上旬の予定です。

熊本県職員「民間企業等経験者」の採用試験情報

平成30年度では、熊本県職員の民間企業等経験者を対象とする職種区分は、「行政」と「保健師」で募集を予定しています。

熊本県職員「民間企業等経験者」の受験資格は、59才の年齢までで(※試験実施年度の4/1の年齢)、民間企業等における職務経験年数が2011年4月27日~2018年4月26日までの間に通算4年以上ある人に資格があります。

試験内容は、1次試験は、「教養試験」と「論文試験」、2次試験は、「面接試験」、3次試験は、「面接試験」です。

申込期間は、4月26日(木)~5月11日(金)、1次試験の日程は、6月24日(日)、2次試験の日程は、8月25日(土)・8月26日(日)・9月1日(土)のいずれか1日、3次試験の日程は、10月6日(土)を予定しています。

最終合格発表は、10月下旬の予定です。

熊本県職員「資格免許職(後期)」の採用試験情報

平成30年度では、熊本県職員「資格免許職(後期)」の職種区分は、「保育士」「学校図書館事務」「臨床検査技士」「看護師」で募集を予定しています。

区分:「保育士」

職種区分「保育士」の受験資格は、29才の年齢まで資格があります(※試験実施年度の4/1の年齢)。

試験内容は、1次試験は、「教養試験」と「専門試験」で、2次試験は「論文試験」、3次試験は、「面接試験」です。

申込期間は、8月3日(金)~8月24日(金)、1次試験の日程は、9月23日(日)、2次試験の日程は、「論文試験」が10月20日(土)、「面接試験」が10月27日(土)~10月29日(月)を予定しています。

区分:「学校図書館事務」

職種区分「学校図書館事務」の受験資格は、35才の年齢まで資格があります(※試験実施年度の4/1の年齢)。

試験内容は、1次試験は、「教養試験」と「専門試験」で、2次試験は「論文試験」、3次試験は、「面接試験」です。

申込期間は、8月3日(金)~8月24日(金)、1次試験の日程は、9月23日(日)、2次試験の日程は、「論文試験」が10月20日(土)、「面接試験」が10月27日(土)~10月29日(月)を予定しています。

最終合格発表は、11月上旬の予定です。

区分:「臨床検査技師」

職種区分「臨床検査技師」の受験資格は、29才の年齢まで資格があります(※試験実施年度の4/1の年齢)。

試験内容は、1次試験は、「教養試験」と「専門試験」で、2次試験は「論文試験」、3次試験は、「面接試験」です。

申込期間は、8月3日(金)~8月24日(金)、1次試験の日程は、9月23日(日)、2次試験の日程は、「論文試験」が10月20日(土)、「面接試験」が10月27日(土)~10月29日(月)を予定しています。

最終合格発表は、11月上旬の予定です。

区分:「看護師」

職種区分「看護師」の受験資格は、40才の年齢まで資格があります(※試験実施年度の4/1の年齢)。

試験内容は、1次試験は、「教養試験」と「専門試験」で、2次試験は「論文試験」、3次試験は、「面接試験」です。

申込期間は、8月3日(金)~8月24日(金)、1次試験の日程は、9月23日(日)、2次試験の日程は、「論文試験」が11月4日(日)、「面接試験」が11月10日(土)~11月11日(日)を予定しています。

最終合格発表は、11月下旬の予定です。

熊本県職員「身体障害者対象」の採用試験情報

平成30年度では、熊本県職員「身体障害者対象」の職種区分は、「一般事務」「教育事務」で募集を予定しています。

熊本県職員「身体障害者対象」の受験資格は、18~35才の年齢での資格があります(※試験実施年度の4/1の年齢)。また、身体障害者手帳の交付を受けていて通勤ができ、かつ、介護者なしに職宇の遂行が可能な人であることが要件となっています。

試験内容は、1次試験は、「教養試験」と「作文試験(2次試験で評価)」で、2次試験は、「面接試験」です。

申込期間は、8月3日(金)~8月24日(金)、1次試験の日程は、9月23日(日)、2次試験の日程は、11月24日(土)または11月25日(日)のいずれか1日を予定しています。

最終合格発表は、11月下旬の予定です。

その他注目情報「熊本復旧・復興4カ年計画」について

熊本県では、2019年度までに取り組む必要のある地方創生に関する施策などを加え、2016年に県政運営の新たな基本方針となる「熊本復旧・復興4カ年戦略」を策定しました。

具体的には、「安心で希望に満ちた暮らしの創造」「未来へつなぐ資産の創造」「次代を担う力強い地域産業の創造」「世界とつながる新たな熊本の創造」の4つの方向性を柱に、被災者の生活再建支援、住宅耐震化の推進、医療・社会福祉施設の防災対策の促進、県内企業の再生・発展、空港・港の機能向上、くまモンを利用した県ブランドの世界展開などに取り組み、災害に強く誇れる資産を次世代につなぎ、夢にあふれる新たな熊本県を目指しています。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、熊本県の平成30年度の採用試験情報をお届けしました。

参考になれば幸いです。

県の採用案内ページURL

https://www.pref.kumamoto.jp/saiyou/hpkiji/pub/List.aspx?c_id=3&class_set_id=15&class_id=6389

本記事は、2018年6月21日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG
【AD】オンライン・カウンセリングサービス