【経理も担当】「小規模動物病院」で働く「動物看護師」の仕事・給料レポ

小規模動物病院で正社員として働く、女性の「動物看護師」によるキャリア体験談レポートです。

今回は、その「動物看護師」の仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

はじめに

小規模動物病院で正社員として働く、女性の「動物看護師」によるキャリア体験談レポートです。

「小規模動物病院の動物看護師」を目指した理由

小さい頃から猫を飼っていて、動物に関わる仕事がしたいと思っていたからです。

また、近所に動物病院で働いているお姉さんがいて、その人の話を聞いて同じ仕事に興味を持ちました。

「小規模動物病院の動物看護師」の仕事内容について

主な仕事内容は、病院内の清掃・窓口受付や電話応対(予約管理)・患者のカルテ作成・病院の獣医師の指示のもとでの診療サポートなどです。

特に看護師の資格は持っていませんので動物相手に治療は出来ませんが、医師の指示の元でのサポートはしていました。

例えば、ペットをベッドに乗せたり、暴れる仔を抑えたり、手術前に綺麗に体を洗ってあげたり、等です。

また、重傷な仔だと手術や治療のために泊まりがけの子もいたので、その仔たちの食事・散歩・排泄処理・シャワーなどのお世話も担当していました。

他には、その病院で勤務しているアルバイト・正社員・獣医師の給料計算等の経理も担当していましたし、カルテ作成などもしていたので、患者さんのいない空き時間などにそういった事務作業も比較的ありました。

他には、病院内で薬も出していたのですが、それらの在庫を確認して、少なくなってきている物に関しては発注処理をするなどの在庫管理も担当していました。

「小規模動物病院の動物看護師」の1日の仕事の流れ

8:00 自宅を出て、車で出勤
8:15 到着 制服に着替えて、病院内の清掃開始
8:30 職員ミーティング 予約・手術患者の確認
8:40 予約患者のカルテの整理
9:00- 午前中の診察開始 基本的には窓口受付・電話応対業務
10:00-11:00 医師のサポート業務を中心にして、空き時間に経理などの事務作業
12:00 午前の診療終了 簡単に病院内を清掃
12:00-15:00 病院が受付時間外
※空き時間なので、家に帰ってお昼ご飯などを済ませる。
14:30 再度自宅を出て、車で出勤
14:45 到着 カルテの準備
15:00- 午後の診療開始 基本的には窓口受付・電話応対業務
18:00 午後の受付終了
18:00-19:00 レジの金額の確認作業・薬の在庫確認・病院内の清掃・泊まりの仔達のエサやり等

「小規模動物病院の動物看護師」の給料・残業・有給休暇について

私の場合ですが、月給22万円(残業代込)で、ボーナスは年2回で合計約50万円でした。ちなみに、年収は約320万円でした。

人が少なかったので、有給を取りたい時は前もって周りの人に伝えておく必要はありましたが、取れないということはありませんでした。

患者さんの状況によっては残業になることもあったので、終業時間が読めないという部分はありました。

この仕事で、働いているときに困ったこと

困ったことは、毎日終業時間が前後するので、友人などと約束する時間が読めないことです。

動物病院は色々な患者がいるので、治療内容は患者によって全く異なってきます。

例えば、終業時間ギリギリに重症患者が運び込まれてきたとしても、その仔を診ないわけにはいきません。終わり間際からの手術で2時間残業に…なんてこともしばしばありました。

あとは、小さな病院だったので、保険が国民保険でした。社会保険であればもらえる年金額が増えるのにもったいないなぁと感じたことはあります。

この仕事や職場でよかったこと

働いていた病院の皆さんがとてもあたたかくて、アットホームで働きやすかったことが一番よかった点です。

獣医の先生・その奥様(事務員)・先輩など、みなペットを飼っていて動物好きという共通点があったので、動物の話をしたら何時までも終わらないくらいでした。

過ごす時間も長かったので、家族と言っていいほど仲良く、仕事もやりやすかったです。

また、自分が動物が大好きだったので、仕事が嫌だと思ったことは一度もなく、楽しく仕事することが出来たのもいい点だと思います。

「小規模動物病院の動物看護師」の仕事エピソード

どの仕事でもそうだと思いますが、やはり感謝されることは一番嬉しく思います。

一番嬉しかったのは、患者さんに顔と名前を憶えてもらえたことです。

病院は患者さんにとっては何度も来たくはない場所だと思います。元気な仔は通わなくてもいいわけなので…。ですから、通ってくる人は何かしら心配を抱えていることが多くあります。そういった方に少しでも安心してもらえるように、常に笑顔で対応しようと思っています。

一度来た患者さんの名前は忘れないようにしています。犬種・名前・飼い主さんの名前・症状などは覚えるようにして、次に来た時にお話が出来るようにしています。

ある時、以前お腹の調子が悪くて来院していたチワワの仔が、また来院されました。「●●ちゃん、お腹は治ったかな?今日はどうしましたか?何か心配なことがありますか?」とお話ししたところ、「名前に症状まで覚えていてくれるんですね…。プロですね。本当にありがとう。私もあなたの笑顔は覚えてますけどね!」と笑って言ってくださりました。

毎日笑顔で患者さんが不安にならないように頑張ろうと思っていた私にとって、とても嬉しい言葉でした。

「動物病院の動物看護師」の職場恋愛について

職場恋愛・職場結婚は、うちの病院は1人もいませんでした。

というのも、働いている人は獣医師の先生以外全て女性だったからです。その先生も既に結婚していたので、職場での恋愛は必然的に出来ない感じでした。

皆、結婚する時は職場以外で出会ったわけなんですが、ほとんどの人は友人の紹介やコンパで知り合ったという感じです。

ただ1人の先輩は、動物の愛護団体にボランティアに行っていた時、そこに手伝いに来ていた人と結婚されました。

まとめ ー「動物病院の動物看護師」を目指す方へメッセージ

動物病院の仕事は、大切な命を預かる大変な仕事です。

でも動物大好きな人ならきっと出来ると思います!

本記事は、2018年11月14日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG