公立美術館「神奈川県立近代美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「神奈川県立近代美術館」の基本情報について解説します。 公立美術館「神奈川県立近代美術館」は、神奈川県鎌倉市にあり、1951年(昭和26年)に開館された公立美術館です。

はじめに

今回ご紹介する公立美術館「神奈川県立近代美術館」は、神奈川県鎌倉市(JR逗子駅近く)にあり、1951年(昭和26年)に開館された公立美術館で、収蔵作品数は、約1万4,000点と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「神奈川県立近代美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「神奈川県立近代美術館」の沿革について

公立美術館「神奈川県立近代美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「神奈川県立近代美術館」は、1951年(昭和26年)に日本で最初の公立近代美術館として開館されました。

その後、1966年(昭和41年)に新館・別棟を増設、2016年(平成28年)に鎌倉館が閉館、旧鎌倉館本館が神奈川県指定重要文化財に指定、旧鎌倉館本館が鶴岡八幡宮に譲渡されました。

公立美術館「神奈川県立近代美術館」の概要について

公立美術館「神奈川県立近代美術館」は、神奈川県立近代美術館が運営する公立の美術館です。

閉館した本館である「鎌倉館」は、神奈川県鎌倉市にあり、広さ、2,435.04平方メートル、収蔵資料は約1万4,000点で、常勤役職員が2017年現在で5名です。

また、2006年度の来館者数は、114,281人です。

▼参考URL:
https://www.nier.go.jp/jissen/syakaikyouikuka/070820/kanagawa.pdf
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/wordpress/wp-content/uploads/annual_2017.pdf

公立美術館「神奈川県立近代美術館」の施設・展示について

現在、公立美術館「神奈川県立近代美術館」には、葉山館、鎌倉別館があります。

葉山館について

公立美術館「神奈川県立近代美術館」の葉山館では、企画展およびコレクション展が開催されます。

現在、開催および近日開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)企画展「柚木沙弥郎の『鳥獣戯画』」
会期:2019年7月13日~2019年9月8日
会場:展示室1

2)企画展「みえるもののむこう」
会期:2019年7月13日~2019年9月8日
会場:企画室2、3

3)企画展「日本・フィンランド国交樹立100周年記念 没後30年『カイ・フランク』」
会期:2019年9月21日~2019年12月25日
会場:展示室2、3

4)コレクション展「音をみる、色をきく『美術が奏でる音楽』」
会期:2019年9月21日~2019年12月25日
会場:展示室1

鎌倉別館について

公立美術館「神奈川県立近代美術館」の鎌倉別館では、企画展が開催されます。

今後、開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)企画展「鎌倉別館リニューアル・オープン記念展 ふたたびの『近代』」
会期:2019年10月12日~2020年1月19日

2)企画展「生誕120年・没後100年『関根正二展』」
会期:2020年2月1日~2020年3月22日

公立美術館「神奈川県立近代美術館」の研究について

2017年度に公立美術館「神奈川県立近代美術館」が行った研究は、下記の通りです。

1)「木下杢太郎の詩集『食後の唄』と『木下杢太郎詩集』の挿画について」(橋 秀文)

2)「1937 年の『ソヴィエト連邦建設』に見る大粛清の影ーロシア革命への言及に着目して」(籾山 昌夫)

公立美術館「神奈川県立近代美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「神奈川県立近代美術館」のシンボルマークは、群青色の長方形と2つの大きさの異なる正方形とを組み合わせ、大きな正方形の横に小さな黒い円を配したデザインです。

▼引用ページ
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f530038/p860256.html

公立美術館「神奈川県立近代美術館」の館長について

現在の公立美術館「神奈川県立近代美術館」の館長は、「水沢 勉(みずさわ つとむ)」さんです。

「水沢 勉」さんの経歴は、1976年(昭和51年)に慶應義塾大学美学美術史学科を卒業、1978年に慶應義塾大学大学院修士課程を修了、神奈川県立近代美術館学芸員として勤務しました。

その後、2008年(平成20年)に横浜トリエンナーレ2008の総合ディレクターに就任した後、2011年(平成23年)に神奈川近代美術館館長に就任しました。

なお、「水沢 勉」さんは、公立美術館「神奈川県立近代美術館」の第7代目の館長です。

公立美術館「神奈川県立近代美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「神奈川県立近代美術館」の葉山館は、神奈川県三浦郡にあり、最寄り駅は、「新逗子駅」です。

開館時間は、午前9時30分~午後5時までです。

休館日は、月曜日(祝休日を除く)、展示替期間、年末年始(12月29日~午後5時)です。

公立美術館「神奈川県立近代美術館」の鎌倉別館は、改修工事のため2019年9月まで休館中です。

詳細な情報については、公立美術館「神奈川県立近代美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/hayama/visit

公立美術館「神奈川県立近代美術館」の入館料について

通常展示普通入館者は、一般は250円、20歳未満と学生は150円、65歳以上および高校生は100円、団体入館者は、一般は150円、20歳未満と学生は100円です。

なお、中学生以下は無料で、2019年度の無料開館日は、5月18日(土)、11月3日です。

また、毎月第1日曜日は、18歳未満の子供連れの家族は割引料金(65歳以上の人を除く)です。

詳細な情報については、公立美術館「神奈川県立近代美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/hayama/visit
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/hayama/visit/concessions

公立美術館「神奈川県立近代美術館」の職員数について

公立美術館「神奈川県立近代美術館」の職員数は、2017年現在で30名です。

▼参考URL:
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/wordpress/wp-content/uploads/annual_2017.pdf

公立美術館「神奈川県立近代美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去の情報もみつかりませんでした。

公立美術館「神奈川県立近代美術館」の財務状況について

平成29年度の、公立美術館「神奈川県立近代美術館」の運営費は、5,858万3,222円でした。

その主な内訳は、観覧料収入、図書販売などです。

▼参考URL:
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/wordpress/wp-content/uploads/annual_2017.pdf

まとめ

いかがでしたか?

公立美術館「神奈川県立近代美術館」は、日本で最初の公立近代美術館で、展覧会だけでなく教育普及活動プログラムなどを組んで多様な形で楽しめることを目指している美術館です。

公立美術館「神奈川県立近代美術館」のウェブサイトのURL

http://www.moma.pref.kanagawa.jp/

そのほかの「公立美術館」の基本情報はこちらです。

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2020年4月27日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG