公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「川崎市岡本太郎美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」は、神奈川県川崎市にあり、1999年(平成11年)に開館された公立美術館です。

はじめに

今回ご紹介する公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」は、神奈川県川崎市(向ヶ丘遊園駅近く)にあり、1999年(平成11年)に開館された公立美術館で、収蔵作品数は、1779点と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」の沿革について

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」は、1991年(平成3年)に岡本太郎氏の所有する主要作品352点が寄贈され、美術館建設が決定、1992年に「仮称岡本記念館建設構想委員会」が設置されました。

1993年に岡本太郎氏の所有する主要作品1427点が追加寄贈され、「仮称岡本記念館建設基本計画策定委員会」が設置、「仮称岡本太郎美術館建設委員会」が設置、1996年に岡本太郎氏が逝去(享年84歳)、美術館建設工事が着工されました。

1997年に展示工事、シンボルタワー「母の塔」工事が着工、1999年(平成11年)に川崎市岡本太郎美術館が開館されました。

なお、2003年に入館者数30万人を達成、2007年に入館者数60万人を達成、2009年に開館10周年を迎え、2011年に入館者数90万人を達成、岡本太郎生誕100年誕生日記念イベントを開催、2012年に入館者数100万人を達成、2018年(平成30年)に入館者数150万人を達成しています。

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」の概要について

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」は、川崎市が運営する公立の美術館です。

神奈川県川崎市にあり、広さ4,993平方メートル、収蔵資料は1,779点で、常勤役職員が平成29年度現在で6名です。

また、29年度の来館者数は、144万9,010人です。

参考URL:http://www.taromuseum.jp/aboutmuseum/report29.pdf

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」の施設・展示について

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」には、高さ30メートルのシンボルタワー「母の塔」があります。

この「母の塔」は、下記の3つをイメージして原型に忠実に再現・製作されました。

1)大地に深く根ざした巨木のたくましさ
2)ゆたかでふくよかな母のやさしさ
3)天空に向かって燃えさかる永遠の生命

展示は、「常設展示室」と「企画展示室」で行われており、常設展は2019年10月18日(金)まで工事のため、休室しています。

現在、行われている企画展は、下記の通りです。

企画展

展覧会:「岡本太郎美術館20周年記念/これまでの企画展みんな見せます!/前期:岡本太郎・陽門時代から現代へ」

会期2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)

主催:川崎市岡本太郎美術館、岡本太郎記念館、東京国立近代美術館、川崎市市民ミュージアム、中村正義の美術館、昭和女子大学

協力:光葉博物館、井戸尻考古館、ワンダーアートプロダクション、特定非営利活動法人熱帯森林保護団体、早稲田大学、廣村デザイン事務所、二子流東京鬼剣舞

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」のシンボルマークは、「太陽の塔」の顔です。

このマークは、複数ある「岡本 太郎」さんが描いた顔の作品から、「岡本 太郎」さんの養女にあたる「岡本 敏子」さんが選定しました。

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」の館長について

現在の公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」の館長は、「北條 秀衛(ほうじょう ひでもり)」さんです。

「北條 秀衛」さんの経歴は、2006年(平成18年)に川崎市文化財団の副理事長に就任、2011年に同理事長を務めた後、2012年に川崎市岡本太郎美術館の館長に就任しました。

なお、「北條 秀衛」さんが、公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」の何代目の館長であるかについては、確認できませんでした。

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」は、神奈川県川崎市にあり、最寄り駅は、向ヶ丘遊園駅です。

開館時間は、9:30~17:00です。

休館日は、月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、臨時休館日です。

詳細な情報については、公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」のホームページなどをご確認ください。

参考URL:http://www.taromuseum.jp/useguide/hoursadmission.html

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」の入館料について

入館料は、展覧会ごとに異なります。

2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)の期間は、下記の通りです。

企画展示普通入館者は、一般は1000円、高・大学生・65歳以上は800円、団体入館者は、一般は800円、高・大学生・65歳以上は640円です。

なお、中学生以下、身体・精神障がい者・戦争病者・被爆者の方と介護者1名は無料です。

詳細な情報については、公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」のホームページなどをご確認ください。

参考URL:http://www.taromuseum.jp/useguide/hoursadmission.html

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」の職員数について

平成29年度の公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」の職員数は、13名です。

参考URL:http://www.taromuseum.jp/aboutmuseum/report29.pdf

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、2019年3月には学芸員1名の募集がありました。

参考URL:https://www.museum.or.jp/modules/gakugeiin/index.php?controller=dtl&ctg=2&theme=2&id=4492

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」の財務状況について

平成29年度の、公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」の運営費は、2,872万8,000円でした。

その主な内訳は、観覧料、イベント収入などです。

参考URL:http://www.taromuseum.jp/aboutmuseum/report29.pdf

まとめ

いかがでしたか?

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」は、岡本太郎さんが川崎市に寄贈した作品を収蔵している美術館です。

公立美術館「川崎市岡本太郎美術館」のウェブサイトのURL

http://www.taromuseum.jp/

そのほかの「公立美術館」の基本情報はこちらです。

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2020年5月2日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG
【AD】オンライン・カウンセリングサービス