公立美術博物館「豊橋市美術博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「豊橋市美術博物館」の基本情報について解説します。

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」は、愛知県豊橋市にあり、1979年(昭和54年)に開館された公立美術博物館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術博物館「豊橋市美術博物館」は、愛知県豊橋市(JR豊橋駅近く)にあり、1979年(昭和54年)に開館された公立美術博物館で、収蔵作品数は、約1,000点以上と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術博物館「豊橋市美術博物館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」の沿革について

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」の沿革についてご紹介します。

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」は、1975年(昭和50年)に基本計画案が作成、1976年に豊橋市民文化会館運営委員会へ基本計画案が諮問、1977年に起工式が開催、1978年に付属施設民俗資料収蔵室が開設されました。

その後、1979年(昭和54年)に定礎式が開催、公立美術博物館「豊橋市美術博物館」が開館、中部建築賞が授与されました。

1980年に中部電力省エネルギー建築賞が授与され、2011年(平成23年)に増築部設計プロポーザルが実施、2013年に増築部基本設計が実施、2014年に増築部実施設計が実施、増築部起工式が開催、2016年(平成28年)に増築部の供用が開始されました。

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」の概要について

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」は、豊橋市が運営する公立の博物館です。

愛知県豊橋市にあり、広さ約4千平方メートル、収蔵資料は1,000点以上で、常勤役職員については確認できませんでした。

また、平成21年度の来館者数は、約22万人です。

▼参考URL:豊橋市|資料編
(http://www.city.toyohashi.lg.jp/secure/5185/k-shiryou.pdf)

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」の施設・展示について

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」の施設は、第1~第3展示室、特別展示室、第1~第5常設展示室があります。


現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)展覧会「開館40周年記念 豊橋市美術博物館コレクション名品展『ナイン・ストーリーズ』」
会期:2019年10月5日(土)~11月17日(日)

2)展覧会「遺跡でブラトヨハシ展」
会期:2019年11月23日(土)~2020年1月26日(日)

3)展覧会「第69回豊橋市民展」
会期:2019年12月10日(火)~12月15日(日)、12月17日(火)~12月22日(日)

4)展覧会「未来へつなぐ災害の歴史」
会期:2020年2月1日(土)~3月22日(日)

5)展覧会「開館40周年記念 ストラスブール美術館展 印象派からモダンアートへの眺望」
会期:2020年2月8日(土)~3月29日(日)

6)展覧会「郷土の美術第3期」
会期:2019年11月30日(土)~2020年1月26日(日)

7)展覧会「常設展 第4期」
会期:2019年11月23日(土)~2020年1月26日(日)

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」のシンボルマークについて

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」のシンボルマークに関する情報については、確認できませんでした。

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」の館長について

現在の公立美術博物館「豊橋市美術博物館」の館長は、「毛利 伊知郎(もうり いちろう)」さんです。

「毛利 伊知郎」さんの経歴は、1982年(昭和57年)に三重県立美術館学芸員として勤務、学芸課長、副館長などを経て、2013年に同館の館長に就任しました。

その後、2016年(平成28年)に三重県立美術館顧問に就任し、公立美術館「豊橋市美術博物館」の館長に就任しました。

なお、「毛利 伊知郎」さんが、公立美術博物館「豊橋市美術博物館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」は、愛知県豊橋市にあり、最寄り駅は、豊橋駅です。

開館時間は、午前9時~午後5時です。


休館日は、月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)です。

詳細な情報については、公立美術博物館「豊橋市美術博物館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:豊橋市美術博物館|利用案内
http://www.toyohashi-bihaku.jp/?page_id=91

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」の観覧料について

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」の観覧料は、常設展および一般ギャラリーは無料です。

企画展の観覧料については、展覧会ごとに異なります。

1)展覧会「開館40周年記念 豊橋市美術博物館コレクション名品展『ナイン・ストーリーズ』」(会期:2019年10月5日(土)~11月17日(日))は、普通観覧者は、一般・大学生は600円、小・中・高生は300円、団体観覧者は、一般・大学生は400円、小・中・高生は200円です。

2)展覧会「遺跡でブラトヨハシ展」(会期:2019年11月23日(土)~2020年1月26日(日))の観覧料は無料です。

3)展覧会「第69回豊橋市民展」(会期:2019年12月10日(火)~12月15日(日)、12月17日(火)~12月22日(日))の観覧料は無料です。

4)展覧会「未来へつなぐ災害の歴史」(会期:2020年2月1日(土)~3月22日(日))の観覧料は、普通観覧者は、一般・大学生は500円、小・中・高生は200円、団体観覧者は、一般・大学生は400円、小・中・高生は150円です。

5)展覧会「開館40周年記念 ストラスブール美術館展 印象派からモダンアートへの眺望」(会期:2020年2月8日(土)~3月29日(日))の観覧料は、普通観覧者は、一般・大学生は1,200円、小・中・高生は600円、団体観覧者は、一般・大学生は1,000円、小・中・高生は400円です。

なお、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添の方1名、および「ほの国こどもパスポート(東三河地域在住または在学者)」をお持ちの小中学生は無料です。

詳細な情報については、公立美術博物館「豊橋市美術博物館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:豊橋市美術博物館|利用案内
http://www.toyohashi-bihaku.jp/?page_id=91

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」の職員数

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」の職員数については、確認できませんでした。

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」の採用人数

現在は募集を締め切りましたが、令和元年度に豊橋市職員(学芸員:近代・近世史)の募集がありました。

▼参考URL:豊橋市|令和元年度豊橋市職員採用候補者試験(一般)
http://www.city.toyohashi.lg.jp/38526.htm

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」の財務状況について

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」の運営費については、確認できませんでした。

まとめ

以上、公立美術博物館「豊橋市美術博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立美術博物館「豊橋市美術博物館」は、郷土にゆかりのある作家の美術品や歴史・陶磁器・考古・民俗などの各資料を酒造している公立の美術博物館です。


公立美術博物館「豊橋市美術博物館」のウェブサイトのURL

http://www.toyohashi-bihaku.jp/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2021年12月26日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG