公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「高浜市やきものの里かわら美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」は、愛知県高浜市にあり、1995年(平成7年)に開館された公立美術館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」は、愛知県高浜市(高浜港駅近く)にあり、1995年(平成7年)に開館された日本で唯一の「かわら」をテーマにした公立美術館で、収蔵作品数は、約2,500点です。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」の沿革について

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」は、1988年(昭和63年)に「やきものの里構想」について住民から陳情があり、1989年(平成元年)にやきものの里基本構想が策定、プロジェクトチームが編成されました。

その後、1990年にやきものの里基本構想が策定、第4次高浜市総合計画が策定、1993年に森前公園整備工事が着工、1994年にやきものの里「高浜」コア施設建設工事が竣工、森前公園整備工事が竣工、1995年(平成7年)に公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」が開館されました。

1997年に来館者10万人を達成、1998年に博物館登録、1999年(平成11年)に来館者20万人を達成、2002年に来館者30万人を達成、2004年に来館者40万人達成、2006年に来館者50万人を達成、2008年に来館者60万人を達成、美術館運営が乃村工藝社・NTTファシリティーズ美術館運営共同事業体に指定管理されました。

2010年に来館者70万人を達成、2011年に来館者80万人を達成、2014年に来館者90万人を達成、2016年(平成28年)に来館者100万人を達成しました。

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」の概要について

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」は、高浜市が運営する公立の美術館です。

愛知県高浜市にあり、愛称は「かわら美術館」で、広さ約4,700平方メートル、収蔵資料は約2,500点で、常勤役職員が平成30年度現在で1名です。

また、平成30年度の来館者数は、約2万人です。

▼参考URL:かわら美術館|平成30年度 かわら美術館 年報


公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」の施設・展示について

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」には、ホール、スタジオ、常設展示コーナー、陶芸創作室、展示室、モノコトギャラリーなどがあります。

現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)展覧会「山本良比古ー緻密な風景を描いた『虹の絵師』」(企画展)
会期:2019年9月28日(土)~12月26日(木)
主催:高浜市やきものの里かわら美術館、中日新聞社、中日新聞社会事業団
後援:愛知県教育委員会、高浜市、高浜市教育委員会、高浜市観光協会、名古屋鉄道株式会社

2)展覧会「たかはま・かわら・三州瓦」(常設展)

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」のシンボルマークに関する情報については確認できませんでしたが、ホームページ上では、円の中心にオレンジ色の円をほどこし、その周りを瓦状の図形で囲んだ図形がロゴマークとして使用されています。

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」の館長について

現在の公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」の館長は、「若松 文人(わかまつ ふみひと)」さんです。

「若松 文人」さんの経歴については、確認できませんでした。

なお、「若松 文人」さんは、公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」の第3代目の館長です。

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」は、愛知県高浜市にあり、最寄り駅は、高浜駅です。

開館時間は、午前10時~午後5時です。

休館日は、月曜日・火曜日(祝日の場合は翌平日)、12月27日~1月3日です。

詳細な情報については、公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:かわら美術館|美術館のご案内
http://www.takahama-kawara-museum.com/info/

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」の観覧料について

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」の観覧料は、常設展と特別展・企画展によって分かれています。

常設展は、無料です。


特別展・企画展は、展覧会ごとに異なります。

現在開催中の展覧会「山本良比古ー緻密な風景を描いた『虹の絵師』」(会期:2019年9月28日(土)~12月26日(木))は、普通観覧者は、高校生以上は400円、団体観覧者は、高校生以上は320円です。

中学生以下は無料です。

なお、割引制度の詳細な情報については、公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:かわら美術館|美術館のご案内
http://www.takahama-kawara-museum.com/info/

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」の職員数について

平成30年度の公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」の職員数は、9名です。

▼参考URL:かわら美術館|平成30年度 かわら美術館 年報

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去には2018年度に学芸員の募集がありました。

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」の財務状況について

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」の運営費については、確認できませんでした。

まとめ

以上、公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」は、瓦の関連資料を収蔵しているほか、陶芸創作体験やコンサートなども利用でき、瓦をテーマにした日本で唯一の公立美術館です。

公立美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」のウェブサイトのURL

http://www.takahama-kawara-museum.com/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2021年12月29日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG