公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」の基本情報について解説します。

公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」は、兵庫県南あわじ市にあり、1991年(平成3年)に開館された公立美術館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」は、兵庫県南あわじ市(高速バス駅「志知」または「陸の港西淡」近く)にあり、1991年(平成3年)に開館された公立美術館で、収蔵作品数は、約470点と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」の沿革について

公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」は、1980年(昭和55年)に幼・少年期を淡路島で過ごした玉青画伯が、大阪で画家として頭角を表した後に黄檗宗(禅宗)の僧籍に入り、数十点におよぶ襖絵を書いたことから始まります。

その後、玉青画伯の襖絵を通じて地元の開業医である「滝川 弘」氏が1990年に 美術館建設の構想を提案し、建設費用の全額を寄付したことにより、1991年(平成3年)に地域の芸術文化振興の拠点となることを目的に公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」が開館されました。

公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」の概要について

公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」は、南あわじ市が運営する公立の美術館です。

兵庫県南あわじ市にあり、愛称は「玉青館」で、収蔵資料は約470点で、広さおよび常勤役職員については確認できませんでした。

また、平成30年度の来館者数は、7,000人です。

▼参考URL:兵庫県博物館協会トップページ|南あわじ市滝川記念美術館 玉青館
https://www.city.minamiawaji.hyogo.jp/soshiki/gyokuseikan/main.html

公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」の施設・展示について

現在、公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」の特別展示室が工事中で、現在開催中の展覧会はなく、今後開催予定の展覧会については未定です。

公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」のシンボルマークについて

公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」のシンボルマークに関する情報については、確認できませんでした。


公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」の館長について

現在の公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」の館長および現在、公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」の館長が何代目であるかについては確認できませんでした。

公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」は、兵庫県南あわじ市にあり、最寄り駅は、高速バス駅「志知」または「陸の港西淡」です。

開館時間は、9時~17時です。

休館日は、毎週月曜日、祝日の翌日、年末年始です。

詳細な情報については、公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:南あわじ市|南あわじ市滝川記念美術館 玉青館
https://www.city.minamiawaji.hyogo.jp/soshiki/gyokuseikan/main.html

公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」の入館料について

普通入館者は、大人は300円、大・高校生は200円、小・中学生は100円、団体入館者は、大人は240円、大・高校生は160円、小・中学生は80円です。

なお、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を提示された方は無料です。

詳細な情報については、公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:南あわじ市|南あわじ市滝川記念美術館 玉青館
https://www.city.minamiawaji.hyogo.jp/soshiki/gyokuseikan/main.html

公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」の職員数について

公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」の職員数については、確認できませんでした。

公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去の情報もみつかりませんでした。

公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」の財務状況について

平成30年度の、公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」の運営費は、1億8,000万円でした。

その主な内訳は、特定財源と一般財源です。

▼参考URL:南あわじ市|【地方創生交付金を充当した事業に係る総合戦略検証委員会外部評価】


まとめ

以上、公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」は、中国の故宮博物館を模した外観で、現代南画の第一人者である直原玉青の作品を中心に収蔵し日本初の現代南画を取り扱う公立の美術館です。

公立美術館「南あわじ市滝川記念美術館玉青館」のウェブサイトのURL

https://www.city.minamiawaji.hyogo.jp/soshiki/gyokuseikan/main.html

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2022年1月28日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG