公立美術館「和歌山県立近代美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「和歌山県立近代美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「和歌山県立近代美術館」は、和歌山県和歌山市にあり、1963年(昭和38年)に開館された「和歌山県立美術館」を前身とする公立美術館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術館「和歌山県立近代美術館」は、和歌山県和歌山市(JR和歌山駅近く)にあり、1963年(昭和38年)に開館された公立美術館で、収蔵作品数は、1万点以上と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「和歌山県立近代美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「和歌山県立近代美術館」の沿革について

公立美術館「和歌山県立近代美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「和歌山県立近代美術館」は、その前身となる「和歌山県立美術館」の開館に向けて美術館建設委員会が設置・起工された1962年(昭和37年)までさかのぼります。

その翌年の1963年に「和歌山県立美術館」が開館され、1968年に新美術館についての構想が検討され、1970年(昭和45年)に公立美術館「和歌山県立近代美術館」が開館されました。

公立美術館「和歌山県立近代美術館」の概要について

公立美術館「和歌山県立近代美術館」は、和歌山県が運営する公立の美術館です。

和歌山県和歌山市にあり、前身は「和歌山県立美術館」で、広さ1,740平方メートル、収蔵資料は1万点以上で、常勤役職員については確認できませんでした。

また、平成28年度の来館者数は、7万1,518人です。

▼参考URL:和歌山県立近代美術館|平成28年度 和歌山県立近代美術館の運営状況に対する評価書
(http://www.momaw.jp/files/assessment_h28_2016.pdf)

公立美術館「和歌山県立近代美術館」の施設・展示について

公立美術館「和歌山県立近代美術館」には、特別展示室、コレクション展示室などがあります。

現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。


1)展覧会「特別展2020日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク」
会期:2019年11月2日(土)~12月15日(日)
主催:和歌山県立近代美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
後援:駐日チェコ共和国大使館、チェコセンター東京

2)展覧会「コレクション展2019ー冬 特集『ニホンラシサを探せ』」
会期:2019年11月2日(土)~12月15日(日)

3)展覧会「外交史料展 外交史料と近代日本のあゆみ」
会期:2019年11月2日(土)~12月15日(日)

公立美術館「和歌山県立近代美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「和歌山県立近代美術館」のシンボルマークに関する情報については、確認できませんでしたが、複数の立方体を結合した大きな立方体の一部に色をつけ、上部の立方体に「V」の文字を配し、立方体の右下に掛かるように半楕円を配した図形がロゴマークとして使用されています。

公立美術館「和歌山県立近代美術館」の館長について

現在の公立美術館「和歌山県立近代美術館」の館長は、「山野 英嗣(やまの えいじ)」さんです。

「山野 英嗣」さんの経歴は、独立行政法人国立美術館・京都国立近代美術館の学芸課長就任を経て、2017年に公立美術館「和歌山県立近代美術館」の館長に就任しました。

なお、「山野 英嗣」さんが、公立美術館「和歌山県立近代美術館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術館「和歌山県立近代美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「和歌山県立近代美術館」は、和歌山県和歌山市にあり、最寄り駅は、JR和歌山駅です。

開館時間は、9:30~17:00です。

休館日は、月曜日(祝休日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)、展示替え期間です。

詳細な情報については、公立美術館「和歌山県立近代美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:和歌山県立近代美術館|ご利用案内
https://www.momaw.jp/guide/

公立美術館「和歌山県立近代美術館」の観覧料について

公立美術館「和歌山県立近代美術館」の観覧料は、常設展と企画展によって異なります。

常設展

常設展の観覧料は、普通観覧者は、一般は340円、大学生は230円で、団体観覧者は、一般は270円、大学生は180円です。

なお、高校生以下、65歳以上、障がい者の方、県内に在学中の外国人留学生は無料です。


企画展

企画展の観覧料は、展覧会ごとに異なります。

1)展覧会「特別展2020日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク」(会期:2019年11月2日(土)~12月15日(日))の観覧料は、普通観覧者は、一般は1,000円、大学生は800円で、団体観覧者は、一般は800円、大学生は640円です。

2)展覧会「コレクション展2019ー冬 特集『ニホンラシサを探せ』」(会期:2019年11月2日(土)~12月15日(日))および3)展覧会「外交史料展 外交史料と近代日本のあゆみ」(会期:2019年11月2日(土)~12月15日(日))の観覧料は、普通観覧者は、一般は350円、大学生は240円で、団体観覧者は、一般は270円、大学生は180円です。

なお、高校生以下、65歳以上、障がい者の方、県内に在学中の外国人留学生は無料です。

詳細な情報については、公立美術館「和歌山県立近代美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:和歌山県立近代美術館|ご利用案内
https://www.momaw.jp/guide/

公立美術館「和歌山県立近代美術館」の職員数について

公立美術館「和歌山県立近代美術館」の職員数については、確認できませんでした。

公立美術館「和歌山県立近代美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去には平成25年度に学芸員の募集がありました。

▼参考URL:和歌山県立近代美術館|平成25年度 和歌山県立近代美術館 学芸員採用選考試験案内
(http://www.momaw.jp/files/%E5%92%8C%E6%AD%8C%E5%B1%B1%E7%9C%8C%E7%AB%8B%E8%BF%91%E4%BB%A3%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8%E5%AD%A6%E8%8A%B8%E5%93%A1%E6%8E%A1%E7%94%A8%E8%A9%A6%E9%A8%93%E6%A1%88%E5%86%85.pdf)

公立美術館「和歌山県立近代美術館」の財務状況について

公立美術館「和歌山県立近代美術館」の運営費については、確認できませんでした。

まとめ

以上、公立美術館「和歌山県立近代美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立美術館「和歌山県立近代美術館」は、「和歌山県立美術館」を前身とし、保田 龍門、川口 軌外、川端 龍子、浜口 陽三、田中 恭吉など郷土作家の作品を展示している公立の美術館です。

公立美術館「和歌山県立近代美術館」のウェブサイトのURL

http://www.momaw.jp/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2022年1月31日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG