公立美術館「熊野古道なかへち美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「熊野古道なかへち美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」は、和歌山県田辺市にあり、1998年(平成10年)に開館された「中辺路町立熊野古道なかへち美術館」を前身とする公立美術館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術館「熊野古道なかへち美術館」は、和歌山県田辺市(紀伊田辺駅近く)にあり、1998年(平成10年)に開館された公立美術館で、収蔵作品数は、1,000点以上と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「熊野古道なかへち美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」の沿革について

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」は、1998年(平成10年)に「中辺路町立熊野古道なかへち美術館」として開館されました。

この美術館は、国際的に活躍している建築家ユニット「妹島和世+西澤立衛/SANAA」が手がけたもので、その後、2005年(平成17年)に市町村の合併によって「田辺市立美術館」の分館としてリニューアルされました。

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」の概要について

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」は、田辺市教育委員会が運営する公立の美術館です。

和歌山県田辺市にあり、全身は「中辺路町立熊野古道なかへち美術館」で、広さ752,30平方メートル、収蔵資料は1,000点以上で、常勤役職員については確認できませんでした。

また、平成19年度の来館者数は、5,984人です。

▼参考URL:田辺市|熊野古道なかへち美術館 入館者数一覧

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」の施設・展示について

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」には、展示スペース(B1階~2階)、図書室、サロンがあります。

現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。


1)展覧会「清高の画家 日高 昌克」
会期:2019年10月12日(土)~11月24日(日)

2)展覧会「没後50年 鍋井 克之」
会期:2019年12月7日(土)~2020年1月19日(日)

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」のシンボルマークに関する情報については、確認できませんでした。

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」の館長について

現在の公立美術館「熊野古道なかへち美術館」の館長は、「糸川 一彦(いとかわ かずひこ)」さんです。

「糸川 一彦」さんの経歴および、「糸川 一彦」さんが公立美術館「熊野古道なかへち美術館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」は、和歌山県田辺市にあり、最寄り駅は、紀伊田辺駅です。

開館時間は、午前10時~午後5時です。

休館日は、毎週月曜日(祝・休日の場合はその翌日)、土・日曜日を除く祝日の翌日、12月28日~1月4日、展示替期間です。

詳細な情報については、公立美術館「熊野古道なかへち美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:熊野古道なかへち美術館|熊野古道なかへち美術館のごあんない
http://www.city.tanabe.lg.jp/nakahechibijutsukan/info.html

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」の観覧料について

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」の観覧料は、小企画展と特別展によって異なります。

小企画展

小企画展の観覧料は、普通観覧者は250円で、団体観覧者は、200円です。

18歳未満・学生は無料です。

特別展

特別展の観覧料は、その都度、定められます。

現在開催中の展覧会「清高の画家 日高 昌克」(会期:2019年10月12日(土)~11月24日(日))の観覧料は、普通観覧者は、一般は260円で、団体観覧者は、一般は200円です。


学生・18歳未満の方は無料です。

詳細な情報については、公立美術館「熊野古道なかへち美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:熊野古道なかへち美術館|特集展示 清高の画家 日高昌克
http://www.city.tanabe.lg.jp/nakahechibijutsukan/exhibitions/191012bunjinga_hidaka.html

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」の職員数について

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」の職員数については、確認できませんでした。

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去の情報もみつかりませんでした。

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」の財務状況について

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」の運営費については、確認できませんでした。

まとめ

以上、公立美術館「熊野古道なかへち美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」は、日本画家の野中瀬 晩花氏と南画家である渡瀬 凌雲氏の作品を中心に、郷土にゆかりある日本画家の作品を収蔵・展示している公立の美術館です。

公立美術館「熊野古道なかへち美術館」のウェブサイトのURL

http://www.city.tanabe.lg.jp/nakahechibijutsukan/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2022年2月4日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG