公立美術館「大分県立美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「大分県立美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「大分県立美術館」は、大分県大分市にあり、2015年に開館された公立美術館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術館「大分県立美術館」は、大分県大分市寿町2番1号(JR大分駅近く)にあり、2015年に開館された公立美術館で、収蔵作品数は、約5,000点と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「大分県立美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「大分県立美術館」の沿革について

公立美術館「大分県立美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「大分県立美術館」は、2009年(平成21年)に芸術会館(県立美術館)の基本構想策定に着手することを表明、2010年に大分県美術館構想検討委員会が基本構想の答申をとりまとめ、2011年に新しい美術館の建設が表明されました。

その後、2011年に美術館基本設計・実施設計が実施、2013年に美術館建設工事の着工、2013年に公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団が美術館とiichiko総合文化センターの指定管理者に指定されました。

2014年に美術館が竣工され、2015年に公立美術館「大分県立美術館」が開館されました。

公立美術館「大分県立美術館」の概要について

公立美術館「大分県立美術館」は、公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団が運営する公立の美術館です。

大分県大分市にあり、愛称は「OPAM(オーパム)」で、広さ6,800平方メートル、収蔵資料は約5,000点で、常勤役職員が平成30年度現在で4名です。

また、平成30年度の来館者数は、13万4,395人です。

▼参考URL:大分県立美術館|平成30年度 大分県立美術館 年報

公立美術館「大分県立美術館」の施設・展示について

公立美術館「大分県立美術館」には、展示室A(企画展示室)、アトリウム、研修室、アトリエ(創作活動室)、プレイルーム、ギャラリー、ライブラリー(情報コーナー)、コレクション展示室1~3、展示室B(県民ギャラリー)があります。


現在開催中の展覧会については、公式ホームページをご確認ください。

公立美術館「大分県立美術館」の研究について

公立美術館「大分県立美術館」の研究については、確認できませんでした。

公立美術館「大分県立美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「大分県立美術館」のシンボルマークは、グラフィックデザイナー「平野 敬子」さんによってデザインされました。

このシンボルマークは、「大分県立美術館」を認知してもらうため、大分県立美術館の欧文表記「Oita Prefectural Art Museum」の頭文字O・P・A・Mを用いた「OPAM」(オーパム)という愛称を造形化したものです。

マーク中の「O」は、太陽をイメージさせる円、「A」は天に延びるような長体にしてマークに動きを取り入れることで、図書館の特徴である可変性・拡張性・多様性が象徴化・視覚化されています。

公立美術館「大分県立美術館」の特別顧問について

現在の公立美術館「大分県立美術館」の特別顧問は、「井上 洋一(いのうえ よういち)」さんです。

「井上 洋一」さんの経歴は、1985年に東京国立博物館研究員として任官、学芸部考古課先史室長、企画部事業課企画展示室長、事業部教育普及課長、事業部事業企画課長、学芸企画部企画課長を歴任し、2014年に九州国立博物館学芸部長に就任しました。

その後、2015年に東京国立博物館学芸企画部長に就任、2017年に東京国立博物館副館長に就任、2019年に公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団理事に選任され、同日付けで公立美術館「大分県立美術館」の特別顧問に就任しました。

公立美術館「大分県立美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「大分県立美術館」は、大分県大分市にあり、最寄り駅は、JR大分駅です。

開館時間は、10:00~19:00です。

休館日は、原則無休です。

詳細な情報については、公立美術館「大分県立美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:大分県立美術館|美術館ご利用案内
http://www.opam.jp/page/infomation.html

公立美術館「大分県立美術館」の観覧料について

通常展示普通観覧者は、一般は300円、大学生・高校生は200円、団体観覧者は、一般は250円、大学生・高校生は150円です。

なお、下記の4つのいずれかに該当する場合には、無料となります。


1)中学生以下
2)高校生による土曜日の観覧
3)県内の小学・中学・高校生(これらに準ずる者を含む)とその引率者が教育課程に基づく教育活動として観覧する場合
4)障がい者手帳等をご提示の方とその付添者1名

企画展の観覧料は、別途料金が発生します。

詳細な情報については、公立美術館「大分県立美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:大分県立美術館|美術館ご利用案内
http://www.opam.jp/page/infomation.html

公立美術館「大分県立美術館」の職員数について

平成30年度現在、公立美術館「大分県立美術館」の職員数は、13名です。

▼参考URL:大分県立美術館|平成30年度 大分県立美術館 年報

公立美術館「大分県立美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去には、平成30年度に臨時職員の募集がありました。

▼参考URL:大分県立美術館|臨時職員の募集について
https://www.opam.jp/topics/detail/481

公立美術館「大分県立美術館」の財務状況について

平成30年度の、公立美術館「大分県立美術館」の運営費は、10億2,730万9,947円でした。

その主な内訳は、基本財産等運用益、受取会費、事業収益、受託事業収益、受取補助金等、受取負担金、受取寄付金、雑収益などです。

▼参考URL:大分県立美術館|平成30年度 大分県立美術館 年報

まとめ

以上、公立美術館「大分県立美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立美術館「大分県立美術館」は、大分の近世美術、近代日本画・洋画・工芸・彫刻・立体作品などを中心に収蔵している公立の美術館です。

公立美術館「大分県立美術館」のウェブサイトのURL

http://www.opam.jp/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2021年3月24日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG