公立美術館「山形美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「山形美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「山形美術館」は、山形県山形市にあり、1964年(昭和39年)に開館された公立美術館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術館「山形美術館」は、山形県山形市(JR山形駅近く)にあり、1964年(昭和39年)に開館された公立美術館で、吉野石膏の寄託作品やフランス近代の絵画を収蔵しています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「山形美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「山形美術館」の沿革について

公立美術館「山形美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「山形美術館」は、「公立美術館より一段と幅広い県民の美術館」との理念に基づき、1963年(昭和38年)に財団法人山形美術博物館が設立、翌年の1964年に開館されました。

その後、1979年(昭和54年)に県立博物館が霞城公園の博物館機能を移管し、1979年に山形美術館と改称されました。

1985年(昭和60年)には新館がオープンし、荻須高徳の指導に基づいて収集した服部コレクションおよび吉野石膏からの寄託作品を収蔵していることから、東北でも有数のフランス近代絵画美術館として知られています。

2011年に公益財団法人に移行、2014年(平成26年)に開館50周年を迎えています。

公立美術館「山形美術館」の概要について

公立美術館「山形美術館」は、公益財団法人山形美術館が運営する公立の美術館です。

山形県山形市にあり、広さ6,400平方メートル、吉野石膏の寄託作品やフランス近代の絵画を収蔵しており、役職員は、平成30年6月27日現在で評議員11名、理事10名、監事2名、顧問3名です。

また、平成29年度の来館者数は、86,669人です。

▼参考URL:
山形美術館|山形美術館 平成29年度事業報告
山形美術館|公益財団法人山形美術館役員等名簿


公立美術館「山形美術館」の施設・展示について

公立美術館「山形美術館」には、長谷川コレクション記念室、第1~第3、第5展示室、吉野石膏コレクション室、新海竹太郎竹蔵彫刻室があります。

なお、現在は展覧会の準備中で、今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)展覧会「第74回 山形総合美術展」
会期:2019年8月31日(土)~2019年9月16日(月)
主催:山形新聞・山形放送、山形県美術連盟、山形美術館、巡回展開催地教育委員会

2)展覧会「第44回 山形県総合書道展」
会期:2019年9月21日(土)~2019年9月29日(日)
主催:山形県総合書道連盟、山形新聞・山形放送、山形美術館

3)展覧会「再興 第104回院展山形展」
会期:2019年11月7日(木)~2019年11月19日(火)

4)展覧会「北斎づくし 漫画から富士まで」
会期:2019年12月5日(木)~2020年1月26日(日)

5)展覧会「もっとしりたい山形の魅力 長谷川コレクション×服部コレクションPart2」
会期:2019年12月5日(木)~2020年1月26日(日)

6)展覧会「第54回 山形県写真展」
会期:2020年2月20日(木)~2020年3月22日(日)

公立美術館「山形美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「山形美術館」のシンボルマークは、ホームページ上では、楕円図形中に図形と「山形美術館(Yamagata Museum of Art on Facebook)」の頭文字「YMA」を並記して使用されています。

公立美術館「山形美術館」の館長について

現在の公立美術館「山形美術館」の館長は、「菅野 滋(かんの しげる)」さんです。

「菅野 滋」さんの経歴、および公立美術館「山形美術館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術館「山形美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「山形美術館」は、山形県山形市にあり、最寄り駅は、JR山形駅です。

開館時間は、10:00~17:00です。

休館日は、毎週月曜日、12月28日~1月3日、展示替え期間です。

詳細な情報については、公立美術館「山形美術館」のホームページなどをご確認ください。


▼参考URL:山形美術館|開館時間・休館日・入館料
http://www.yamagata-art-museum.or.jp/information

公立美術館「山形美術館」の入館料について

通常展示普通入館者は、一般は600円、高大生は300円、小中生は100円で、団体入館者は、一般は480円、高大生は240円、小中生は80円です。

なお、障がい者手帳を持っている方とその付添者は半額、常設展に限り65歳以上にはシニア割引があります。

また、特別展、共催展の入館料はその都度異なりますので、ご注意ください。

詳細な情報については、公立美術館「山形美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:山形美術館|開館時間・休館日・入館料
http://www.yamagata-art-museum.or.jp/information

公立美術館「山形美術館」の職員数について

公立美術館「山形美術館」の職員数については、確認できませんでした。

公立美術館「山形美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去には2017年(平成29年)に学芸員職員の募集がありました。

▼参考URL:山形美術館|公益財団法人山形美術館学芸員職員採用について
http://www.yamagata-art-museum.or.jp/news/topics/2521.html

公立美術館「山形美術館」の財務状況について

平成30年度の、公立美術館「山形美術館」の運営費は、19億7,976万2,340円でした。

その主な内訳については、確認できませんでした。

▼参考URL:山形美術館|平成30年度 決算報告

まとめ

以上、公立美術館「山形美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立美術館「山形美術館」は、日本美術、東洋美術、フランス美術を柱とする収蔵品と常設展、他分野による企画展、巡回展を開催し、「公立美術館より一段と幅広い県民の美術館」を目指している公立の美術館です。

公立美術館「山形美術館」のウェブサイトのURL

http://www.yamagata-art-museum.or.jp/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2021年7月19日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG