公立博物館「福島県立博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「福島県立博物館」の基本情報について解説します。

公立博物館「福島県立博物館」は、福島県会津若松市にあり、1986年(昭和60年)に開館された公立博物館です。


はじめに

今回ご紹介する公立博物館「福島県立博物館」は、福島県会津若松市(JR会津若松駅近く)にあり、1986年(昭和60年)に開館された公立博物館で、福島県の歴史や文化・自然に関する資料を収蔵しています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立博物館「福島県立博物館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立博物館「福島県立博物館」の沿革について

公立博物館「福島県立博物館」の沿革についてご紹介します。

公立博物館「福島県立博物館」は、1986年(昭和61年)に開館されました。

特に指定管理者が置かれることはなく、福島県が直営しており。福島県の古代から現代までの歴史や民俗・自然資料などが展示されています。

公立博物館「福島県立博物館」の概要について

公立博物館「福島県立博物館」は、福島県が運営する公立の博物館です。

福島県会津若松市にあり、略称は「けんぱく」で、広さ、福島県の歴史や文化・自然に関する資料を収蔵しており、常勤役職員が2019年度現在で5名です。

また、平成18年度の来館者数は、104,686人です。

▼参考URL:福島県立博物館|博物館組織図・職員紹介
https://general-museum.fcs.ed.jp/page_about/organization

公立博物館「福島県立博物館」の施設・展示について

公立博物館「福島県立博物館」の施設は、企画展示室、総合展示室、部門展示室、収蔵資料展示室があります。

総合展示室

総合展示室は、福島県の自然や人間について、人類が住み始めた時代を下記の5つに分けて展示しています。


1)原始(旧石器~弥生時代)
2)古代(古墳~平安時代)
3)中世(鎌倉~戦国時代)
4)近世(江戸時代)
5)近・現代(明治~昭和)

分門展示室

部門展示室は、下記の4つのテーマに分かれて展示されています。

1)考古「よみがえる会津大塚山古墳」
2)歴史・美術「テーマ展『いいたてミュージアム』」
3)民俗「展示室リニューアル『雪国・会津の暮らしと祈り』」
4)福島県の自然

企画展・特集展

企画展・特集展は、季節ごとに開催されており、今後開始予定の展覧会は、下記の通りです。

1)展覧会「あにまるずーどうぶつの考古学ー」(企画展)
会期:2019年9月7日~11月17日
2)展覧会「震災遺産を考える」(特集展)
会期:2020年2月11日~4月12日

公立博物館「福島県立博物館」のキャッチコピー・シンボルマークについて

公立博物館「福島県立博物館」のシンボルマークは、公募により選定された「上平 琉菜」さんの作品を原案としたもので、フタバスズキリュウが福島の卵を抱いているデザインです。

公立博物館「福島県立博物館」の館長について

現在の公立博物館「福島県立博物館」の館長は、「赤坂 憲雄(あかさか のりお)」さんです。

「赤坂 憲雄」さんの経歴は、1978年(昭和53年)に東京大学文学部を卒業、1988年に法政大学・立教大学などの非常勤講師に就任、1992年に東北芸術工科大学教養部助教授に就任、1996年(平成8年)に同大学の教授に就任しました。

その後、1999年に同東北文化研究センター所長に就任した後、2004年(平成16年)に公立博物館「福島県立博物館」の館長に就任しました。

なお、「赤坂 憲雄」さんが、公立博物館「福島県立博物館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立博物館「福島県立博物館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立博物館「福島県立博物館」は、福島県会津若松市にあり、最寄り駅は、JR会津若松駅です。

開館時間は、9:30~17:00です。

休館日は、毎週月曜日(祝日または振休の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始(12月28日~1月4日)、臨時休館日(2019年度は6月18日(火)および12月10日(火))です。

詳細な情報については、公立博物館「福島県立博物館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:福島県立博物館|開館時間・休館日
https://general-museum.fcs.ed.jp/page_information/opening_hours


公立博物館「福島県立博物館」の観覧料について

常設展普通入館者は、一般・大学生は270円、団体入館者は、一般・大学生は210円です。

なお、下記の方は無料です。

1)小・中学生および高校生
2)身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を提示した方
3)一種・一級手帳を交付されている方の介護者1名
4)福島県の交付する外国人留学生文化施設等無料観覧証を提示した方

また、企画展の観覧料は展覧会ごとに異なります。

詳細な情報については、公立博物館「福島県立博物館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:福島県立博物館|利用料金・無料開放
https://general-museum.fcs.ed.jp/page_information/price

公立博物館「福島県立博物館」の職員数

平成29年度の公立博物館「福島県立博物館」の職員数は、27名です。

▼参考URL:福島県立博物館|博物館組織図・職員紹介
https://general-museum.fcs.ed.jp/page_about/organization

公立博物館「福島県立博物館」の採用人数

現在は募集がなく、過去の情報もみつかりませんでした。

公立博物館「福島県立博物館」の財務状況について

平成18年度の、公立博物館「福島県立博物館」の運営費は、2,021万4,000円でした。

その主な内訳は、使用料および手数料、諸収入などです。

▼参考URL:福島県立博物館|平成18年度 年報

まとめ

以上、公立美術館「福島県立博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立博物館「福島県立博物館」は、福島県の歴史や文化、自然に関する情報を提供し、人が自由に交流・語り合う場となり、災害や社会情勢に関わる課題に取り組むことを目指している公立の博物館です。

公立博物館「福島県立博物館」のウェブサイトのURL

https://general-museum.fcs.ed.jp/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2021年7月16日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG