平成30年度地方公務員「東京都職員Ⅰ類B」資格不要専門職の採用試験日程

平成30年度 地方公務員採用試験の「東京都職員Ⅰ類B」専門職(区分:環境検査・林業・畜産・水産・造園・心理)の試験日程のお知らせです。

東京都職員Ⅰ類Bは大学卒程度試験で、試験の区分が複数あり、一部区分に試験科目にプレゼンテーションがある「新方式」を導入していることが特徴です。

国家公務員・地方公務員ともにさまざまな職に応じて、採用試験が用意されています。

本ページでは、地方公務員採用試験の「東京都職員Ⅰ類B」の中で、専門的な職種で受験資格に必要な資格や免許がない、試験区分「環境検査」「林業」「畜産」「水産」「造園」「心理」について解説します。

地方公務員「東京都職員Ⅰ類B」の採用試験について

東京都職員Ⅰ類B採用試験は、大学卒業者を対象にした採用試験区分です。別に東京都職員採用試験はⅠ類Aは大学院卒者向け、Ⅱ類は大学卒者向け、Ⅲ類は高卒者向けで構成されます。

一般的に他ではⅠ類が上級職採用試験、Ⅱ類が中級職採用試験にあたります。

筆記試験の出題程度は大学卒業程度です。

「東京都職員Ⅰ類B」採用試験の区分について

試験の区分については、職種によって分かれており、行政、土木、建築、機械、電気、環境検査、林業、畜産、水産、造園、心理、福祉A、福祉C、衛生監視、栄養士、獣医、薬剤A、薬剤Bがあります。

この中で、複数の区分を受験することはできませんが、東京都職員Ⅰ類A採用試験との併願はできます。

平成30年度地方公務員採用試験「東京都職員Ⅰ類A」の試験日程

平成30年度 地方公務員採用試験の「東京都職員Ⅰ類A」の試験日程・内容のお知らせです。

それぞれの職務内容により、東京都の知事部局、交通局、水道局、下水道局、行政委員会、学校、産業労働局、建設局、福祉保健局、病院経営本部などに配属されます。

「東京都職員Ⅰ類B」(環境検査・林業・畜産・水産・造園・心理)採用試験の受験資格について

受験資格には、日本国籍を有する者で「22歳以上29歳未満」(平成31年4月1日現在)の年齢制限があります。試験区分の心理については、国籍は関係ありません。

「東京都職員Ⅰ類B」資格不要専門職の試験日程・内容について

専門的な職種で受験資格に必要な資格や免許がない、試験区分「環境検査」「林業」「畜産」「水産」「造園」「心理」の採用試験についてです。

<応募受付期間>

「東京都職員Ⅰ類B」採用試験の申込方法は次の2種類あります。

▼インターネットによる申込
受付期間は、2018年4月3日(火)10:00~4月9日(月)15:00です。受信有効です。

▼郵送(簡易書留)による申込
受付期間は、2018年4月2日(月)~4月6日(金)の消印有効です。

<第一次試験の日程・内容>

▼試験科目:
>「教養試験」
一般教養について大学卒業程度の五肢択一式の筆記試験です問題数は40題で、知能分野から24題、知識分野から16題が出題されます。

>「課題式論文」
問題数は1題必須解答となり、解答文字数は1,000字以上1,500字程度です。全試験区分共通です。

>「専門試験」
この試験は高度な専門知識についての記述式試験です。この問題は、次の出題範囲の5題から3題選択し、解答します。出題範囲は、試験区分によって異なります。

【区分:環境検査】
出題範囲:有機化学、無機化学、分析化学、物理化学、応用化学、生化学、生物学概論、生態学、微生物学

【区分:林業】
出題範囲:林政学、森林経理学、造林学、砂防工学、森林土木学、林産一般、生物学概論

【区分:畜産】
出題範囲:畜産繁殖学、畜産飼養学、飼料学、畜産衛生学、生物学概論、生態学、育種学

【区分:水産】
出題範囲:水産通論、海洋学、水産資源学、水産法制、水産生物学、水産養殖学、漁業学、水産利用学、水産経済学

【区分:造園】
出題範囲:造園原論(造園史含む)、造園植物(植栽含む)、造園工学(測量含む)、造園計画設計管理(自然・都市公園、都市・地方計画含む)、造園関連基礎(土壌肥料学、花き園芸学等)、生物学概論、生態学

【区分:心理】
出題範囲:心理学基礎論、心理学持論、臨床心理学

▼試験日:2018年5月6日(日)

▼合格発表日:2018年6月6日(水)10:00

なお、合格について、「教養試験」「課題式論文」「専門試験」の総合成績で決定されますが、試験科目の1つでも、一定基準以下の成績があると、不合格になる場合があります。

<第二次試験の日程・内容>

▼試験種目:「口述試験」
この試験は人物についての個別面接です。試験当日、面接シートまたはエントリーシートの提出があります。

▼試験日:2018年6月21日(木)~29日(金)

▼最終合格者発表日:2018年7月20日(金)10:00

都庁専門職(資格不要)の仕事や職場紹介ページについて

東京都Ⅰ類Bの専門的な職種(資格不要)である環境検査・林業・畜産・水産・造園・心理等の仕事内容について、また、職場となる都庁各局の機能や役割について、東京都ホームページの職員採用専用サイトに説明されています。

> 東京都職員採用サイト:現場を覗く(プロジェクト紹介)
http://www.saiyou2.metro.tokyo.jp/technology/
(一例)
・子供を守れなくなった家庭を、守るための相談所(福祉・心理分野)
・人間が使った水を生まれ変わらせて、もう一度自然に戻す(機械・電気・環境検査分野)
・世界に誇れる「おもてなし」の場として、あるべき姿に復元し未来に継承していく(造園分野)

> 東京都職員採用サイト:都庁の仕事(都庁各局紹介)
http://www.saiyou2.metro.tokyo.jp/pc/work/

また、都政を支えるプロ職員を育成するため、さまざまな人材育成プロフラムが紹介されています。東京都では資格取得等の自己啓発支援や職場外・海外研修等も実施されています。

> 東京都職員採用サイト:人材育成
http://www.saiyou2.metro.tokyo.jp/pc/training/

その他にも、採用や都庁に関する情報や職員のインタビューも掲載されていますので、ぜひご覧ください。

まとめ – 採用予定人数

いかがでしたか?

最後に、平成30年度 地方公務員採用試験の「東京都職員Ⅰ類B」専門職(環境検査・林業・畜産・水産・造園・心理)採用予定数についてご案内します。

採用予定数は、環境検査区分が15名、林業区分が5名、畜産区分が1名、水産区分が3名、造園区分が5名、心理区分が4名と発表されています。ただし、採用予定数は変動することがありますので、留意ください。

関連ページ:地方上級「東京都職員」給料・年収・退職金について

地方公務員(地方上級)の東京都職員の平均の月給料や年収モデル、参考初任給や定められている福利厚生についてご紹介します。東京都は一般的に、東京都区部、多摩地域、東京都島嶼部に分けられ、現在基礎自治体として23区、26市、5町、8村の合計62市町村が存在し、約二万人の職員が働いています。

本記事は、2018年4月19日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG
【AD】オンライン・カウンセリングサービス