公立美術館「市立小樽美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「市立小樽美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「市立小樽美術館」は、北海道小樽市にあり、1979年(昭和54年)に開館された公立美術館です。

はじめに

今回ご紹介する公立美術館「市立小樽美術館」は、北海道小樽市(JR小樽駅近く)にあり、1979年(昭和54年)に開館された公立美術館で、収蔵作品数は、2,700点以上と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「市立小樽美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「市立小樽美術館」の沿革について

公立美術館「市立小樽美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「市立小樽美術館」は、1979年(昭和54年)に開館されました。

この美術館は、小樽市分庁舎(旧小樽地方貯金局)にあり、市立小樽文学館が併設されています。

さらに、小樽にゆかりのある美術家を中心に調査・収集・保存・展示され、美術作品・美術関係書資料の収集などは市民団体(市立小樽美術館協力会)によって行われています。

公立美術館「市立小樽美術館」の概要について

公立美術館「市立小樽美術館」は、小樽市が運営する公立の美術館です。

北海道小樽市にあり、広さは市民ギャラリー1が62.4平方メートル、市民ギャラリー2は93.6平方メートルで、収蔵資料は2,700点以上で、常勤役職員については確認できませんでした。

また、平成29年度の来館者数は、11,690人です。

▼参考URL:

新収蔵~小樽美術の流れと現況


https://www.city.otaru.lg.jp/simin/kyoiku/gakko_kyoiku/kyoikuiinkai/edu_tenken.data/H30jimu_hyoka.pdf

公立美術館「市立小樽美術館」の施設・展示について

公立美術館「市立小樽美術館」には、中村善策記念ホール、一原有徳記念ホール、企画展示室、市民ギャラリー・多目的ギャラリーがあります。

現在開催中の展覧会および今後開催予定の展覧会は。下記の通りです。

1)展覧会「開館40周年記念特別展3 小樽・美術館の現在シリーズテーマ展『風土』」
会期:2019年10月26日(土)~2020年1月12日(日)
会場:企画展示室

2)展覧会「中村善策『空のいろ、海のいろ』」
会期:2019年7月20日(土)~2020年1月12日(日)
会場:中村善策記念ホール

3)展覧会「幻視者一原有徳の世界16 詩人との出会い・米谷祐司の遺したもの」
会期:2019年10月26日(土)~2020年2月24日(月)
会場:一原有徳記念ホール

公立美術館「市立小樽美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「市立小樽美術館」のシンボルマークに関する情報については、確認できませんでした。

公立美術館「市立小樽美術館」の館長について

現在の公立美術館「市立小樽美術館」の館長は、「新明 英仁(しんみょう ひでひと)」さんです。

「新明 英仁」さんの経歴は、東北大学文学部東洋日本美術史学科を卒業、1980年(昭和55年)に北海道立近代美術館学芸員に就任、1982年に北海道立旭川美術館学芸員に就任、1989年に北海道立近代美術館主任学芸員に就任しました。

1991年(平成3年)に北海道立旭川美術館学芸課長に就任、2008年に北海道立近代美術館学芸第一課長に就任、2010年に北海道立文学館学芸主幹に就任した後、2016年に公立美術館「市立小樽美術館」の館長に就任しました。

なお、「新明 英仁」さんが、公立美術館「市立小樽美術館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術館「市立小樽美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「市立小樽美術館」は、北海道小樽市にあり、最寄り駅は、JR小樽駅です。

開館時間は、午前9時30~午後5時です。

休館日は、月曜日、祝日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日)です。

詳細な情報については、公立美術館「市立小樽美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:https://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/artmuseum/

公立美術館「市立小樽美術館」の観覧料について

公立美術館「市立小樽美術館」の観覧料は、企画展と特別展によって異なります。

企画展

企画展の観覧料は、普通観覧者は、一般は300円、高校生は150円、市内在住の70歳以上の方は150円で、団体観覧者は、一般は240円、高校生は120円、市内在住の70歳以上の方は120円です。

なお、中学生以下および障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介護者は無料です。

特別展

特別展の観覧料は、展覧会によって異なります。

1)現在開催中の展覧会「開館40周年記念特別展3 小樽・美術館の現在シリーズテーマ展『風土』」(会期:2019年10月26日(土)~2020年1月12日(日))の観覧料は、普通観覧者は、一般は600円、高校生・市内高齢者は300円、団体観覧者は、一般は480円、高校生・市内高齢者は240円です。

小中学生は無料です。

2)現在開催中の展覧会「幻視者一原有徳の世界16 詩人との出会い・米谷祐司の遺したもの」(会期:2019年10月26日(土)~2020年2月24日(月))の観覧料は、普通観覧者は、一般は600円、高校生・市内在住の70歳以上の方は300円、団体観覧者は、一般は480円、高校生・市内在住の70歳以上の方は240円です。

中学生以下および、障がい害者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方は無料です。

詳細な情報については、公立美術館「市立小樽美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:
https://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/artmuseum/
https://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/artmuseum/tenrankai.html

公立美術館「市立小樽美術館」の職員数について

公立美術館「市立小樽美術館」の職員数については、確認できませんでした。

公立美術館「市立小樽美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去には平成29年度に小樽市職員(学芸員)の募集がありました。

▼参考URL:https://www.city.otaru.lg.jp/sisei_tokei/kyuyo_saiyo/syokuin_saiyo/saiyo/syokuin_saiyou_29gakugeiin.html

公立美術館「市立小樽美術館」の財務状況について

公立美術館「市立小樽美術館」の運営費については、確認できませんでした。

まとめ

いかがでしたか?

公立美術館「市立小樽美術館」は、小樽市分庁舎にあり、小樽にゆかりのある美術館の作品を中心に収蔵・展示している公立の美術館です。

公立美術館「市立小樽美術館」のウェブサイトのURL

https://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/artmuseum/

そのほかの「公立美術館」の基本情報はこちらです。

https://koumu.in/tags/公立美術館

本記事は、2020年3月2日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

札幌市立大学
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG