公立美術館「福島県立美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「福島県立美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「福島県立美術館」は、福島県福島市にあり、1984年(昭和59年)に開館された公立美術館です。

はじめに

今回ご紹介する公立美術館「福島県立美術館」は、福島県福島市(JR福島駅近く)にあり、1984年(昭和59年)に開館された公立美術館で、収蔵作品数は、1,600点以上と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「福島県立美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「福島県立美術館」の沿革について

公立美術館「福島県立美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「福島県立美術館」は、1977年(昭和52年)に文化を考える県民会議を設置、文化に関する県民意識調査を実施、1978年に文化振興会議が設置、1979年に文化施設等整備基金条例が制定、福島県立美術館基本構想検討委員会を設置、美術品等取得基金条例が制定されました。

その後、1980年(昭和55年)に美術館・図書館の建設地が福島市に決定、版画家斎藤清氏より県に自作227点が寄贈され、福島県立美術館収集評価委員会が設置、美術館・図書館の建設地が福島大学経済学部跡地に決定されました。

1981年に美術館実施設計が委託、1982年に美術館設計の工事着工、1984年に美術館本体工事が完了し、公立美術館「福島県立美術博物館」が開館されました。

1995年(平成7年)に入館者が通算100万人を突破、1998年に「ピカソ回顧展」で67,125人が来場、1999年にホームページが設置・公開、2003年に友の会が発足されました。

2004年に「特定非営利活動法人 福島県立美術館協力会」が発足、2006年に入館者通算200万人が記録、2010年に「古代エジプト 神秘のミイラ展」で64,700人が来場、2011年に「スタジオジブリ・レイアウト展」で74,378人が来場、入館者通算300万人を突破しました。

2012年に震災復旧工事のため1日以降臨時休館(同年再開館)、2013年(平成25年)に「若冲が来てくれました展」で155,592人が来場、「フェルメールとレンブラント展」で104,510人が来場しました。

公立美術館「福島県立美術館」の概要について

公立美術館「福島県立美術館」は、福島県が運営する公立の美術館です。

福島県福島市にあり、広さ9,680平方メートル、収蔵資料は1,600点以上で、常勤役職員については確認できませんでした。

また、平成24年度の来館者数は、80,631人です。

▼参考URL:https://www.smma.jp/survey/museum/17fmoa.html

公立美術館「福島県立美術館」の施設・展示について

公立美術館「福島県立美術館」には、常設展示室、企画展示室があります。

現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)展覧会「美のおもちゃ箱ー河野保雄コレクション展」(第2期常設展示)
会期:2019年6月29日(土)~9月1日(日)

2)展覧会「やなぎみわ展 神話機械」
会期:2019年7月6日(土)~9月1日(日)

3)展覧会「生誕120年・没後100年 関根正二展」
(会期未定)

公立美術館「福島県立美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「福島県立美術館」のシンボルマークは、確認できませんでしたが、ホームページ上では、美術館の図形がロゴマークとして使用されていました。

公立美術館「福島県立美術館」の館長について

現在の公立美術館「福島県立美術館」の館長は、「早川 博明(はやかわ ひろあき)」さんです。

「早川 博明」さんの経歴、および公立美術館「福島県立美術館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術館「福島県立美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「福島県立美術館」は、福島県福島市、最寄り駅は、福島駅です。

開館時間は、9時30分~17時です。

休館日は、祝祭日を除く月曜日、土日を除く祝祭日の翌日、年末年始(12月28日~1月4日)です。

なお、2019年度については、下記の通り、臨時休館日が実施されます。

1)館内消毒にともなう臨時休館:2019年3月11日~25日
2)展示替にともなう臨時休館:2019年5月7日~13日、6月24日~28日、9月2~6日、11月11日~18日
3)施設メンテナンスにともなう臨時休館:2020年3月9日~19日

詳細な情報については、公立美術館「福島県立美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:https://art-museum.fcs.ed.jp/%E5%88%A9%E7%94%A8%E6%A1%88%E5%86%85/%E9%96%8B%E9%A4%A8%E6%99%82%E9%96%93%E3%83%BB%E6%96%99%E9%87%91

公立美術館「福島県立美術館」の観覧料について

常設展普通観覧者は、一般・大学生は270円、団体観覧者は、一般・大学生は210円です。

なお、企画展は展覧会ごとに異なります。

現在開催中の展覧会「やなぎみわ展 神話機械」(会期:2019年7月6日(土)~9月1日(日))の普通観覧者は、一般・大学生は1,000円、高校生は500円、小・中学生は300円、団体観覧者は、一般・大学生800円、高校生は400円、小・中学生は200円です。

詳細な情報については、公立美術館「福島県立美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:
https://art-museum.fcs.ed.jp/%E5%88%A9%E7%94%A8%E6%A1%88%E5%86%85/%E9%96%8B%E9%A4%A8%E6%99%82%E9%96%93%E3%83%BB%E6%96%99%E9%87%91
https://art-museum.fcs.ed.jp/%E5%B1%95%E7%A4%BA/%E4%BC%81%E7%94%BB%E5%B1%95

公立美術館「福島県立美術館」の職員数について

公立美術館「福島県立美術館」の職員数については、確認できませんでした。

公立美術館「福島県立美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去の情報もみつかりませんでした。

公立美術館「福島県立美術館」の財務状況について

公立美術館「福島県立美術館」を運営する福島県の財務状況については確認できましたが、公立美術館「福島県立美術館」の運営費は、確認できませんでした。

▼参考URL:https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/302229.pdf

まとめ

いかがでしたか?

公立美術館「福島県立美術館」は、福島県立図書館と併置され、福島県白河市生誕の関根正二の作品をはじめ、アメリカ合衆国20世紀の具象絵画および福島県出身の版画家である斉藤清のコレクションを特徴とする公立の美術館です。

公立美術館「福島県立美術館」のウェブサイトのURL

https://art-museum.fcs.ed.jp/

そのほかの「公立美術館」の基本情報はこちらです。

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2020年3月26日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG