公立美術館「石川県七尾美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「石川県七尾美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「石川県七尾美術館」は、石川県七尾市にあり、1995年(平成7年)に開館された公立美術館です。

はじめに

今回ご紹介する公立美術館「石川県七尾美術館」は、石川県七尾市(JR七尾駅近く)にあり、1995年(平成7年)に開館された公立美術館で、収蔵作品数は、およそ287点と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「石川県七尾美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「石川県七尾美術館」の沿革について

公立美術館「石川県七尾美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「石川県七尾美術館」は、1988年(昭和63年)に七尾市の名誉市民である故「池田 文夫」氏の蒐集美術品「池田コレクション」125点の寄贈によって美術館建設の気運が高まり、翌年、美術館建設準備委員会が発足されました。

その後、1990年(平成2年)に準備委員会にて視察結果を基に現在地での建設構想をまとめ、その翌年に美術館建設委員会が発足、1992年に建物名称を(仮称)七尾アート館とし、美術館企画運営委員会が発足されました。

1993年(平成5年)に七尾市教育委員会文化課内に美術館開館準備室が設置、実施設計が完了、美術館起工式が挙行、1994年に美術館の名称が「石川県七尾美術館」に正式決定、美術館の建物が完成し、財団法人七尾美術館が設立されました。

1995年に開館記念として「池田コレクション」22点が追加寄贈、七尾市が財団法人七尾美術館に管理運営を委託して、公立美術館「石川県七尾美術館」が開館されました。

2005年に開館10周年記念として「池田コレクション」23点が追加寄贈、2006年に七尾市が財団法人七尾美術館を指定管理者に指名され、2007年(平成19年)に来館者が50万人を迎えました。

2011年(平成23年)に「池田コレクション」34点が追加寄贈され、2012年に指定管理者である財団法人七尾美術館が公益財団法人七尾美術館に移行されました。

2014年には公益財団法人七尾美術館が公益財団法人能登島ガラス美術館を吸収合併し、新たに公益財団法人七尾美術財団となり、2015年(平成27年)に開館20周年記念として「池田コレクション」83点が追加寄贈されました。

公立美術館「石川県七尾美術館」の概要について

公立美術館「石川県七尾美術館」は、公益財団法人七尾美術財団が運営する公立の美術館です。

石川県七尾市にあり、愛称は「七尾美術館」で、広さ3,050.17平方メートル、収蔵資料はおよそ287点で、公立美術館「石川県七尾美術館」を運営する公益財団法人七尾美術財団の常勤役職員は平成30年7月7日現在で11名です。

また、平成28年度の来館者数は、40,406人です。

▼参考URL:https://www.city.nanao.lg.jp/kikakuzaisei/shise/sesaku/kaikaku/documents/h28kannriunnei_s.pdf

公立美術館「石川県七尾美術館」の施設・展示について

公立美術館「石川県七尾美術館」には、第1~第3展示室、アートホールなどがあります。

このうち第3展示室は、市民ギャラリーとしても使用されています。

現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)展覧会「大正ロマンとモダンデザイン~大正イマジュリィの世界~」
会期:2019年8月3日(土)~9月16日(月・祝)
会場:第1~第3展示室

2)展覧会「茶道具とりどり 名品がかたるー能登の美術」
会期:2019年9月21日(土)~10月20日(日)
会場:第1~第2展示室

3)展覧会「MOA美術館七尾中能登児童作品展」
会期:2019年10月10日(木)~10月13日(日)
会場:第3展示室

4)展覧会「第14回 彩の会・写団のと展」
会期:2019年10月18日(金)~10月20日(日)
会場:第3展示室

5)展覧会「第65回 七尾市美術展」
会期:2019年10月25日(金)~28日(月)
会場:第1~第3展示室

6)展覧会「2019イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」
会期:2019年11月1日(金)~12月8日(日)
会場:第1~第3展示室

7)展覧会「池田コレクション展示」
会期:2019年8月3日(土)~9月16日(月・祝)、2019年10月25日(金)~10月28日(月)、2019年11月1日(月)~12月8日(日)
会場:第3展示室

8)展覧会「冬の優品おもてなし~等伯、浮世絵、現代絵画まで~」
会期:2019年12月14日(土)~2020年2月11日(火・祝)
会場:第1~第2展示室

9)展覧会「第76回 北國写真展七尾展」
会期:2019年12月19日(木)~12月22日(日)
会場:第3展示室

10)展覧会「新収蔵品展 ノスタルジア」
会期:2020年2月22日(土)~4月19日(日)
会場:第1~第2展示室

公立美術館「石川県七尾美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「石川県七尾美術館」のシンボルマークについては、確認できませんでした。

公立美術館「石川県七尾美術館」の館長について

現在の公立美術館「石川県七尾美術館」の館長は、「嶋崎 丞(しまざき じょう)」さんです。

「嶋崎 丞」さんの経歴は、九州大学大学院文学研究科国史学専攻修士課程を修了し、1959年(昭和34年)に公立美術館「石川県美術館」の職員となり、資料課長、専業課長に就任しました。

その後、1980年(昭和55年)に同開設準備室長に就任、1983年(昭和58年)に同副館長に就任した後、1991年(平成3年)に公立美術館「石川県七尾美術館」の館長に就任しました。

なお、「嶋崎 丞」さんが、公立美術館「石川県七尾美術館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術館「石川県七尾美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「石川県七尾美術館」は、石川県七尾市にあり、最寄り駅は、JR七尾駅です。

開館時間は、9:00~17:00です。

休館日は、展示替え期間です。

詳細な情報については、公立美術館「石川県七尾美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:https://nanao-art-museum.jp/?cat=10

公立美術館「石川県七尾美術館」の観覧料について

公立美術館「石川県七尾美術館」の観覧料は、展覧会によって異なります。

1)展覧会「大正ロマンとモダンデザイン~大正イマジュリィの世界~」(会期:2019年8月3日(土)~9月16日(月・祝))の観覧料は、普通観覧者は、一般は800円、大高生は350円、中学生以下は無料、団体観覧者は、一般は700円、大高生は300円です。

2)展覧会「茶道具とりどり 名品がかたるー能登の美術」(会期:2019年9月21日(土)~10月20日(日)の観覧料は、普通観覧者は、一般は500円、大高生は350円、中学生以下は無料、団体観覧者は、一般は400円、大高生は300円です。

3)展覧会「MOA美術館七尾中能登児童作品展」(会期:2019年10月10日(木)~10月13日(日))の観覧料は、無料です。

4)展覧会「第14回 彩の会・写団のと展」(会期:2019年10月18日(金)~10月20日(日))の観覧料は、無料です。

5)展覧会「第65回 七尾市美術展」(会期:2019年10月25日(金)~28日(月)
会場:第1~第3展示室)の観覧料は、無料です。

6)展覧会「2019イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」(会期:2019年11月1日(金)~12月8日(日))の観覧料は、普通観覧者は、一般は800円、大高生は350円、中学生以下は無料、一般は700円、大高生は300円です。

7)展覧会「池田コレクション展示」(会期:2019年8月3日(土)~9月16日(月・祝)、2019年10月25日(金)~10月28日(月)、2019年11月1日(月)~12月8日(日))の観覧料は、同じ会期の展覧会観覧料に含まれます。

8)展覧会「冬の優品おもてなし~等伯、浮世絵、現代絵画まで~」(会期:2019年12月14日(土)~2020年2月11日(火・祝))の観覧料は、普通観覧者は、一般は500円、大高生は350円、中学生以下は無料、団体観覧者は、一般は400円、大高生は300円です。

9)展覧会「第76回 北國写真展七尾展」(会期:2019年12月19日(木)~12月22日(日))の観覧料は、無料です。

10)展覧会「新収蔵品展 ノスタルジア」(会期:2020年2月22日(土)~4月19日(日))の観覧料は、普通観覧者は、一般は350円、大高生は280円、中学生以下は無料、団体観覧者は、一般は280円、大高生は220円です。

詳細な情報については、公立美術館「石川県七尾美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:https://nanao-art-museum.jp/?cat=10

公立美術館「石川県七尾美術館」の職員数について

公立美術館「石川県七尾美術館」の職員数については、確認できませんでした。

公立美術館「石川県七尾美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去には2016年に公立美術館「石川県七尾美術館」を運営する公益財団法人七尾美術財団による美術系学芸員(正職員)の募集がありました。

なお、この募集は、採用された場合には、公立美術館「石川県七尾美術館」または公立美術館「石川県能登島ガラス美術館」に勤務することになる旨の内容でした。

▼参考URL:
https://www.museum.or.jp/modules/gakugeiin/index.php?controller=dtl&ctg=2&theme=2&id=2199

公立美術館「石川県七尾美術館」の財務状況について

公立美術館「石川県七尾美術館」の財務状況については、確認できませんでした。

まとめ

いかがでしたか?

公立美術館「石川県七尾美術館」は、能登半島唯一の総合美術館で、七尾市の名誉市民である池田文夫氏からの遺贈品を収蔵している公立の美術館です。

公立美術館「石川県七尾美術館」のウェブサイトのURL

https://nanao-art-museum.jp/

そのほかの「公立美術館」の基本情報はこちらです。

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2020年8月8日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG
【AD】オンライン・カウンセリングサービス