公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「諏訪市原田泰治美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」は、長野県諏訪市にあり、1998年(平成10年)に開館された公立美術館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」は、長野県諏訪市(上諏訪駅近く)にあり、1998年(平成10年)に開館された公立美術館で、諏訪市出身のグラフィックデザイナー兼画家である「原田 泰治」氏の作品を中心に収蔵しています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」の沿革について

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」は、グラフィックデザイナー兼画家である「原田 泰治」氏の作品を諏訪市に残したいとの思いから諏訪市によって1998年(平成10年)に開館されました。

この美術館には、下記の2つの願いが込められています。

1)詩情豊かな原田泰治の世界を中心に、ナイーブアートの世界への発信拠点となる。

2)多くの人々から愛される人に優しい美術館を目指す。

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」の概要について

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」は、諏訪市が運営する公立の美術館です。

長野県諏訪市にあり、広さ約6,000平方メートル、諏訪市出身のグラフィックデザイナー兼画家である「原田 泰治」氏の作品を中心に収蔵し、常勤役職員および来館者数については確認できませんでした。

▼参考URL:諏訪市|諏訪市原田泰治美術館

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」の施設・展示について

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」には、第1展示室、第2展示室、ギャラリーさざなみなどがあります。


現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)展覧会「原田泰治 デザインの世界」
会期:2019年8月7日(水)~2020年1月13日(月・祝)
会場:第1展示室

2)展覧会「原田泰治×さだまさし 二人の友情展」
会期:2019年8月7日(木)~2020年1月13日(月・祝)
会場:第2展示室

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」のシンボルマークは、「原田 泰治」氏によってデザインされました。

このマークは美術館の外観と「人に優しい美術館」を表す2本の足がモチーフとなっています。

マークの上部を表す「R」部分が「希望の虹」を表し、「TAIZI HARADA MUSEUM」のそれぞれの頭文字である「T」「H」「M」が組み合わされています。

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」の館長について

現在の公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」の館長は、名誉館長として「さだまさし」さんが就任しています。

「さだまさし」さんの経歴は、1973年(昭和48年)に全国デビューし、1974年に日本レコード大賞作詞賞を受賞、1977年にソロ歌手へと転向、1996年(平成8年)に長崎県県民栄誉賞を受賞、2002年にひろすけ童話賞を受賞、2006年に日本レコード大賞特別賞を受賞、2018年(平成30年)に通算45枚目のオリジナルアルバムをリリースしました。

なお、「さだまさし」さんが、公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」は、長野県諏訪市にあり、最寄り駅は、上諏訪駅です。

開館時間は、午前9時~午後5時です。

休館日は、月曜日(祝日は開館)、年末年始、展示替え日です。

詳細な情報については、公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:諏訪市原田泰治美術館|ご利用案内
http://www.taizi-artmuseum.jp/use/

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」の入館料について

通常展示普通入館者は、大人は820円、中・高校生は410円、小学生、200円、障がい者(大人)は410円、団体入館者は、大人は720円、中・高校生は300円、小学生は100円、障がい者(大人)は300円です。


なお、障がい者(小人)は無料です。

詳細な情報については、公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:諏訪市原田泰治美術館|ご利用案内
http://www.taizi-artmuseum.jp/use/

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」の職員数について

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」の職員数については、確認できませんでした。

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去には契約社員(学芸員)の募集がありました。

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」の財務状況について

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」の財務状況については、確認できませんでした。

まとめ

以上、公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」は、諏訪市出身のグラフィックデザイナー兼画家である「原田 泰治」氏の作品を収蔵し、同原田氏と信仰の深い歌手の「さだまさし」さんが名誉館長である公立の美術館です。

公立美術館「諏訪市原田泰治美術館」のウェブサイトのURL

http://www.taizi-artmuseum.jp/

その他の「公立美術館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2021年8月2日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG