公立美術館「岐阜県美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「岐阜県美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「岐阜県美術館」は、岐阜県岐阜市にあり、1982年(昭和57年)年に開館された公立美術館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術館「岐阜県美術館」は、岐阜県岐阜市(JR西岐阜駅近く)にあり、1982年(昭和57年)に開館された公立美術館で、収蔵作品数は、約4,000点と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「岐阜県美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「岐阜県美術館」の沿革について

公立美術館「岐阜県美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「岐阜県美術館」は、1975年(昭和50年)に岐阜県美術館建設懇談会が発足、1976年に岐阜県美術館建設専門委員会が発足、1978年に建設用地を岐阜市宇佐4-1東洋紡績跡地の一部に決定、1979年に美術館開設準備室が設置されました。

その後、1980年(昭和55年)に岐阜県美術館基本設計が完了、岐阜県美術館起工式が開催、1981年にシンボル・マークが発表、1982年(昭和57年)に公立美術館「岐阜県美術館」が開館されました。

1983年には来場者が13万人、1984年には32万人、1989年(平成元年)には141万人を達成、ハイビジョンギャラリーが開設、1995年(平成7年)にはマルチメディア工房が完成されました。

▼参考URL:https://bijutsutecho.com/exhibitions/2305

公立美術館「岐阜県美術館」の概要について

公立美術館「岐阜県美術館」は、岐阜県が運営する公立の美術館です。

岐阜県岐阜市にあり、愛称は「県民文化の森 岐阜県美術館」で、広さ約8千平方メートル、収蔵資料は約4,000点で、常勤役職員については確認できませんでした。

また、平成30年度の来館者数は、約22万人です。

公立美術館「岐阜県美術館」の施設・展示について

公立美術館「岐阜県美術館」には、展示室1~3があります。


現在は休館中ですが、今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)展覧会「リニューアルオープン企画特別企画1 ETERNAL IDOL」
会期:2019年11月3日(日)~12月20日(金)
会場:展示室1

2)展覧会「リニューアルオープン特別企画2『セカンド・フラッシュ』」
会期:2019年11月3日(日)~2020年1月5日(日)
会場:展示室3

3)展覧会「リニューアルオープン特別企画3 イメージする力、生きる力 ある日の『美術と教育』の出来事」
会期:2019年11月3日(日)~2020年1月5日(日)
会場:展示室1、展示室3

4)展覧会「カラー・マジック 田口コレクションと安藤基金コレクションから」
会期:2020年1月4日(土)~3月22日(日)
会場:展示室1

公立美術館「岐阜県美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「岐阜県美術館」のシンボルマークは、1981年(昭和56年)に発表されました。

このマークは、「岐阜(GIHU)」の「G」を図形化したものです。

公立美術館「岐阜県美術館」の館長について

現在の公立美術館「岐阜県美術館」の館長は、「日比野 克彦(ひびの かつひこ)」さんです。

「日比野 克彦」さんの経歴は、多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科に進学、1年在学した後、東京藝術大学美術学部デザイン学科に再入学し、1982年(昭和57年)に卒業、1984年に同大学大学院修士課程を修了しました。

1986年にシドニー・ビエンナーレ、1995年(平成7年)に年ヴェネチア・ビエンナーレに出品、1995年に東京藝術大学美術学部デザイン学科助教授に就任、1999年に東京藝術大学美術学部先端芸術表現科助教授・准教授に就任、2007年に同大学の教授に就任した後、2015年(平成27年)に岐阜県美術館の館長に就任しました。

なお、「日比野 克彦」さんが、公立美術館「岐阜県美術館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術館「岐阜県美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「岐阜県美術館」は、岐阜県岐阜市にあり、最寄り駅は、JR西岐阜駅です。

開館時間は、10時~18時です。

休館日は、月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月23日~1月3日)、臨時休館日です。

なお、2018年11月4日(日)~2019年11月2日(土)は、改修工事・リノベーション期間のため休館です。


詳細な情報については、公立美術館「岐阜県美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:岐阜県美術館|利用案内
https://kenbi.pref.gifu.lg.jp/visitor/

公立美術館「岐阜県美術館」の観覧料について

通常展示普通観覧者は、一般は340円、大学生は220円、団体観覧者は、一般は280円、大学生は160円です。

なお、身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方、およびその付き添いの方1名は無料です。

詳細な情報については、公立美術館「岐阜県美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:岐阜県美術館|利用案内
https://kenbi.pref.gifu.lg.jp/visitor/

公立美術館「岐阜県美術館」の職員数について

公立美術館「岐阜県美術館」の職員数については、確認できませんでした。

公立美術館「岐阜県美術館」の採用情報について

現在は募集を終了していますが、令和元年度に管理業務専門職(学芸員)の募集がありました。

▼参考URL:岐阜県美術館|令和元年度 岐阜県美術館 管理業務専門職の募集について

公立美術館「岐阜県美術館」の財務状況について

平成25年度の、公立美術館「岐阜県美術館」の運営費は、3,077万8千円でした。その主な内訳は、使用料・手数料などです。

まとめ

以上、公立美術館「岐阜県美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立美術館「岐阜県美術館」は、岐阜県出身者やゆかりのある画家・芸術家の作品やオディロン・ルドンの作品を多数収蔵している公立の美術館です。

公立美術館「岐阜県美術館」のウェブサイトのURL

https://kenbi.pref.gifu.lg.jp/

その他の「公立美術館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2021年7月23日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG