公立美術館「豊田市美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「豊田市美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「豊田市美術館」は、愛知県豊田市にあり、1995年(平成7年)に開館された公立美術館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術館「豊田市美術館」は、愛知県豊田市(JR豊田駅近く)にあり、1995年(平成7年)に開館された公立美術館で、収蔵作品数は、3,000点と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「豊田市美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「豊田市美術館」の沿革について

公立美術館「豊田市美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「豊田市美術館」は、1995年(平成7年)に開館されました。

1999年より美術作家を招いたワークショップが行われ、2011年(平成23年)には市制60周年事業として「フェルメール『地理学者』とオランダ・フランドル絵画展」が開催され、71日間で10万人を超える来場者を記録しました。

公立美術館「豊田市美術館」の概要について

公立美術館「豊田市美術館」は、豊田市が運営する公立の美術館です。

愛知県豊田市にあり、広さ約1.1万平方メートル、収蔵資料は約3,000点で、常勤役職員については確認できませんでした。

また、2016年に開催された「ジブリの立体建造物展」では66日間の会期で、来館者数、約29.5万人となりました。

公立美術館「豊田市美術館」の施設・展示について

公立美術館「豊田市美術館」には、常設展示室として展示室1~5、小堀四郎室として展示室6、宮脇清・綾子室として展示室7、企画展示室として展示室8、市民ギャラリーとして展示室9があるほか、高橋節郎館展示室1~2があります。

現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)展覧会「クリムト展 ウィーンと日本1900」
会期:2019年7月23日(火)~10月14日(月)
会場:展示室8
主催:豊田市美術館、朝日新聞社、中京テレビ放送、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館


2)展覧会「あいちトリエンナーレ2019 情の時代」
会期:2019年8月1日(木)~2019年10月14日(月)

3)展覧会「岡崎乾二郞 視覚のカイソウ」
会期:2019年11月23日(土)~2020年2月24日(月)

公立美術館「豊田市美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「豊田市美術館」のシンボルマークに関する情報については、確認できませんでしたが、ホームページ上では、四角形を組み合わせて正方形にデザインした図形がロゴマークとして使用されています。

公立美術館「豊田市美術館」の館長について

現在の公立美術館「豊田市美術館」の館長は、「村田 眞宏(むらた まさひろ)」さんです。

「村田 眞宏」さんの経歴は、関西大学大学院文学研究科博士課程前期課程を修了、福島県立美術館学芸員、愛知県美術館美術課長、企画業務課長、副館長などを経て、2011年に公立美術館「愛知県美術館」の館長に就任した後、2015年(平成27年)に公立美術館「豊田市美術館」の館長に就任しました。

なお、「村田 眞宏」さんが、公立美術館「豊田市美術館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術館「豊田市美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「豊田市美術館」は、愛知県豊田市にあり、最寄り駅は、JR豊田駅です。

開館時間は、10:00~17:30です。

休館日は、祝日を除く月曜日、展示替え期間です。

詳細な情報については、公立美術館「豊田市美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:豊田市美術館|開館情報・アクセス
https://www.museum.toyota.aichi.jp/visit/

公立美術館「豊田市美術館」の観覧料について

公立美術館「豊田市美術館」の観覧料は、常設展と企画展/常設特別展で分かれています。

常設展

常設展の普通観覧者は、一般は300円、高校・大学生は200円、団体観覧者は、一般は250円、高校・大学生は150円です。

なお、中学生以下は無料です。

減免などの詳細な情報については、公立美術館「豊田市美術館」のホームページなどをご確認ください。


▼参考URL:豊田市美術館|観覧料
https://www.museum.toyota.aichi.jp/visit/admission.html

企画展/常設特別展

現在開催中の展覧会「クリムト展 ウィーンと日本1900」(会期:2019年7月23日(火)~10月14日(月))の観覧料は、普通観覧者は、一般は1,600円、大学生は1,300円、団体観覧者は、一般は1,400円、大学生は1,100円で、高校生以下は無料です。

なお、障がい者手帳をお持ちの方とその介添者1名および豊田市内在住の75歳以上の方は無料です。

▼参考URL:豊田市美術館|クリムト展 ウィーンと日本 1900
https://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/klimt/

公立美術館「豊田市美術館」の職員数について

公立美術館「豊田市美術館」の職員数については、確認できませんでした。

公立美術館「豊田市美術館」の採用情報について

現在は募集を締め切りましたが、令和2年度に豊田市職員(学芸員)の募集がありました。

公立美術館「豊田市美術館」の財務状況について

公立美術館「豊田市美術館」の運営費については確認できませんでした。

まとめ

以上、公立美術館「豊田市美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立美術館「豊田市美術館」は、漆芸で著名な高橋節郎の作品を収蔵する高橋節郎館を併設し、20世紀の美術やデザインを収蔵し、現代美術の企画展で全国的に知られている公立の美術館です。

公立美術館「豊田市美術館」のウェブサイトのURL

https://www.museum.toyota.aichi.jp/

その他の「公立美術館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2021年12月15日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG