公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「神戸市立小磯記念美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」は、兵庫県神戸市にあり、1992年(平成4年)に開館された公立美術館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」は、兵庫県神戸市(六甲ライナー「アイランド北口駅」近く)にあり、1992年(平成4年)に開館された公立美術館で、収蔵作品数は、約2,500点と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」の沿革について

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」は、「小磯 良平」氏が死去された1988年(昭和63年)までさかのぼります。

その後、1989年(平成1年)に小磯良平の2000点以上の作品が遺族から神戸市に寄贈され、1992年(平成4年)に公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」が開館されました。

1995年に阪神・淡路大震災で建物が被害を受けて休館、復旧して再開館され、2008年(平成20年)には観覧者数が100万人を達成しました。

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」の概要について

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」は、神戸市が運営する公立の美術館です。

兵庫県神戸市にあり、広さ4,000平方メートル、収蔵資料は約2,500点で、常勤役職員については確認できませんでした。

また、平成30年度の来館者数は、3万1,141人です。

▼参考URL:神戸|平成30年度 入館者実績
http://www.city.kobe.lg.jp/child/education/kyouikuiinkaikaigi/31/img/310422houkoku4.pdf

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」の施設・展示について

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」には、第1~第3展示室、小磯良平アトリエ、ハイビジョンギャラリーなどがあります。


現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)展覧会「絵画の”まなざし”を感じて」
会期:2019年9月14日(土)~11月10日(日)

2)展覧会「黄昏の絵画たちー近代絵画に描かれた夕日・夕景」
会期:2019年11月16日(土)~2020年1月26日(日)

3)展覧会「人形を描くー小磯良平と西洋人形ー」
会期:2020年2月6日(木)~4月5日(日)

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」のシンボルマークについては、確認できませんでした。

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」の館長について

現在の公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」の館長は、「岡 泰正(おか やすまさ)」さんです。

「岡 泰正」さんの経歴は、関西大学文学部哲学科美学美術史専修を卒業、同大学大学院文学研究科博士課程前期課程を修了し、1982年(昭和57年)に神戸市立博物館設立準備室に学芸員として勤務した後、展示企画担当部長に就任しました。

その後、2011年(平成23年)に「日欧美術交流史論 17‐19世紀におけるイメージの接触と変容」で関西大学博士(文学)を取得し、長崎市出島展示検討委員会委員に就任した後、2015年(平成27年)に公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」の館長に就任しました。

なお、「岡 泰正」さんが、公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」は、兵庫県神戸市にあり、最寄り駅は、六甲ライナー「アイランド北口駅」です。

開館時間は、10:00~17:00です。

休館日は、月曜日(祝休日の場合はその直近の平日)、臨時休館日です。

詳細な情報については、公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:神戸市立小磯記念美術館|利用案内
https://www.city.kobe.lg.jp/a45010/kanko/bunka/bunkashisetsu/koisogallery/riyou/

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」の観覧料について

現在開催中の展覧会「絵画のまなざしを感じて」(会期:2019年9月14日(土)~11月10日(日))の観覧料は、普通観覧者は、一般は200円、大学生は100円で、団体観覧者は、一般は160円、大学生は50円です。


通常展示普通観覧者は、一般・大学生は円、団体観覧者は円です。

なお、障がい者の方とその介護の方1名は無料で、神戸市内に居住する万65歳以上の方は収蔵作品展は全額免除、特別展は当日一般の半額となります。

詳細な情報については、公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:神戸市立小磯記念美術館|利用案内
https://www.city.kobe.lg.jp/a45010/kanko/bunka/bunkashisetsu/koisogallery/riyou/

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」の職員数について

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」の職員数については、確認できませんでした。

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去には平成29年度に学芸員(美術)の募集がありました。

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」の財務状況について

平成27年度の公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」の運営費は、1億162万8千円でした。

その主な内訳は、展示会開催費、資料整理費などです。

▼参考URL:神戸市立小磯記念美術館年報 平成27年度

まとめ

以上、公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」は、小磯良平の作品を寄贈されたことによって開館し、個人美術館としては全国でも屈指と評価されている公立の美術館です。

公立美術館「神戸市立小磯記念美術館」のウェブサイトのURL

https://www.city.kobe.lg.jp/kanko/bunka/bunkashisetsu/koisogallery/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2021年3月26日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG