公立美術館「山口県立美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい公立美術館「山口県立美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「山口県立美術館」は、山口県山口市にあり、1979年に開館された公立美術館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術館「山口県立美術館」は、山口県山口市亀山町3-1(JR新山口駅近く)にあり、1979年に開館された公立美術館で、香月泰男・雪舟・狩野芳崖(ほうがい)・小林和作(わさく)などの作品が収蔵されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「山口県立美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「山口県立美術館」の沿革について

公立美術館「山口県立美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「山口県立美術館」は、1974年11月に山口県立美術館建設基本方針が策定され、1977年8月に起工式が着工、美術館開設準備室が設置、1979年に竣工式が行われ、同年10月に開館されました。

その後、1989年3月に収蔵庫等増設工事が完工、2011年に指定管理者制度が導入、
2012年に美術館改修工事が完工、2016年に指定管理者が第2期に指定されました。

公立美術館「山口県立美術館」の概要について

公立美術館「山口県立美術館」は、サントリーパブリシティサービスグループが運営する公立の美術館です。

山口県山口市にあり、広さ11,618.330平方メートル、山口県山口市亀山町3-1(JR新山口駅近く)にあり、1979年に開館された公立美術館で、香月泰男・雪舟・狩野芳崖(ほうがい)・小林和作(わさく)などの作品が収蔵され、常勤役職員については確認できませんでした。

また、令和元年度の来館者数は、11万4,929人です。

公立美術館「山口県立美術館」の施設・展示について

公立美術館「山口県立美術館」には、展示室A~Fがあります。

展覧会は、コレクション展と特別展が開催されています。

現在開催されている展覧会等の詳細等については、公式ホームページにてご確認ください。


公立美術館「山口県立美術館」の研究について

公立美術館「山口県立美術館」の研究は、日本美術史上最大の巨匠のひとりであり、山口県にも関わりの深い室町時代の画家「雪舟」の専門的研究を進めるために、1997年に「雪舟研究会」が組織されました。

この「雪舟研究会で行われた」総合的な学術研究の成果については、定期的にシンポジウムや講演会、研究誌に公表されています。

公立美術館「山口県立美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「山口県立美術館」のシンボルマークについては、確認できませんでした。

公立美術館「山口県立美術館」の館長について

現在の公立美術館「山口県立美術館」の館長は、「岡田 実(おかだ みのる)」さんです。

「岡田 実」さんの経歴および公立美術館「山口県立美術館」の何代目の館長であるかについては、確認できませんでした。

公立美術館「山口県立美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「山口県立美術館」は、山口県山口市にあり、最寄り駅は、JR新山口駅です。

開館時間は、午前9時~午後5時です。

休館日は、月曜日(祝日・休日の場合は開館)、年末年始、展示替え期間・館内整備期間です。

詳細な情報については、公立美術館「山口県立美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL: 山口県立美術館|利用案内
https://www.yma-web.jp/info/

公立美術館「山口県立美術館」の入館料について

通常展示普通入館者は、一般は300円、学生は200円、団体入館者は、一般は240円、学生は160円です。

なお、18歳未満の方、小・中・高等学校、特別支援学校に在学する方、身体障害者手帳・精神障害者手帳・療育手帳・戦病者手帳の交付を受けている方とその介護の方1名、および、生活保護を受けている方は無料です。

詳細な情報については、公立美術館「山口県立美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL: 山口県立美術館|利用案内
https://www.yma-web.jp/info/

公立美術館「山口県立美術館」の職員数について

公立美術館「山口県立美術館」の職員数については、確認できませんでした。


公立美術館「山口県立美術館」の採用情報について

公立美術館「山口県立美術館」は、美術館スタッフを登録制度で募集しています。

採用時は時給扱いですが、正社員登用制度があります。

登録情報の有効期限は、登録から1年間です。

なお、すぐに選考を希望される場合には、公立美術館「山口県立美術館」に募集のある職種についてお問合せください。

公立美術館「山口県立美術館」の財務状況について

公立美術館「山口県立美術館」の財務状況については、確認できませんでした。

まとめ

以上、公立美術館「山口県立美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立美術館「山口県立美術館」は、山口県出身でシベリア抑留体験を描いたシベリアシリーズで有名な「香月泰男」の作品の寄贈によって建造・開館された公立の美術館です。

公立美術館「山口県立美術館」のウェブサイトのURL

https://www.yma-web.jp/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2021年5月10日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG