公立美術館「愛媛県美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「愛媛県美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「愛媛県美術館」は、愛知県松山市にあり、1970年に開館された「愛媛県立美術館」を前身とする公立美術館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術館「愛媛県美術館」は、愛媛県松山市堀之内(JR松山駅近く)にあり、1970年に開館された「愛媛県立美術館」を前身とする公立美術館で、収蔵作品数は、11,900点と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「愛媛県美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「愛媛県美術館」の沿革について

公立美術館「愛媛県美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「愛媛県美術館」は、1970年に「愛媛県立美術館」が開館、1979年に「愛媛県立美術館分館郷土美術館」が設置、生活文化県政推進懇談会で新しい美術館の建設が提言されました。

その後、1996年(平成8年)に起工式が開催、1998年に「愛媛県立美術館」が廃止され、公立美術館「愛媛県美術館」が設置されました。

この公立美術館「愛媛県美術館」は、来館者の皆様に美術作品を鑑賞すること、作品を創ること、それらを通して学ぶことを楽しむ参加創造型の美術館です。

公立美術館「愛媛県美術館」の概要について

公立美術館「愛媛県美術館」は、愛媛県が運営する公立の美術館です。

本館は、愛媛県松山市にあり、前身は「愛媛県立美術館」で、広さ10,921平方メートル、収蔵資料は11,900点で、常勤役職員が平成30年3月31日現在で11名です。

また、平成30年度の来館者数は、37万1,132人です。

▼参考URL:愛媛県立美術館|愛媛県美術館 平成29年度年報・研究紀要第17号

公立美術館「愛媛県美術館」の施設・展示について

公立美術館「愛媛県美術館」には、本館、南館、分館があります。


本館

本館は、1階に企画室、講堂、図書コーナー、2階に常設展示室、特別展示室、犬種いつがあります。

南館

南館は、1階から3階まで県民ギャラリー、県民アトリエ、ふれあいアートセンターがあります。

分館

分館は、1922年に旧松山藩主の子孫久松定謨が建てた別邸「萬翠荘」のことで、1979年から「愛媛県立美術館分館郷土美術館」として芸術作品の展示会が行われていましたが、現在は廃止されています。

なお、現在開催中の展覧会については、公式ホームページをご確認ください。

公立美術館「愛媛県美術館」の研究について

公立美術館「愛媛県美術館」では、平成30年度に下記の2つの研究が行われました。

1)「アトリエにおける版画制作の安全性を考える」石﨑 三佳子
2)「高橋周桑 人と作品」長井 健

公立美術館「愛媛県美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「愛媛県美術館」のシンボルマークの詳細については、確認できませんでしたが、ホームページ上では緑色の横3本の幾何図形がロゴマークとして使用されています。

公立美術館「愛媛県美術館」の館長について

現在の公立美術館「愛媛県美術館」の館長は、「水口 洋(みなくち ひろし)」さんです。

「水口 洋」さんの経歴および公立美術館「愛媛県美術館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術館「愛媛県美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「愛媛県美術館」は、愛媛県松山市にあり、最寄り駅は、JR松山駅です。

開館時間は、9時40分~18時です。

休館日は、月曜日(祝休日の場合はその翌日)、毎月第1火曜日(この週の月曜日は開館)、年末年始(12月29日~1月3日)です。

詳細な情報については、公立美術館「愛媛県美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:愛媛県美術館|利用案内
https://www.ehime-art.jp/annai/

公立美術館「愛媛県美術館」の入館料について

通常展示普通入館者は、一般は310円、高大生は200円、団体入館者は、一般は250円、高大生は160円です。


なお、小中学生、満65歳以上の方、療育手帳・身体障害者手帳・精神障害者行く福祉手帳を持っている方は無料です。

詳細な情報については、公立美術館「愛媛県美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:愛媛県美術館|利用案内
https://www.ehime-art.jp/annai/

公立美術館「愛媛県美術館」の職員数について

公立美術館「愛媛県美術館」の職員数については、平成30年3月31日現在で、29名です。

公立美術館「愛媛県美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去の情報もみつかりませんでした。

公立美術館「愛媛県美術館」の財務状況について

公立美術館「愛媛県美術館」の財務状況については、確認できませんでした。

まとめ

以上、公立美術館「愛媛県美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立美術館「愛媛県美術館」は、近代日本を代表する安田靫彦、中村彝等の作品や、郷土出身作家である杉浦非水、柳瀬正夢、野間仁根、真鍋博、畦地梅太郎等の大規模なコレクションを収蔵する公立の美術館です。

公立美術館「愛媛県美術館」のウェブサイトのURL

https://www.ehime-art.jp/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2021年3月15日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG