公立美術館「西脇市岡之山美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「西脇市岡之山美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「西脇市岡之山美術館」は、兵庫県西脇市にあり、1984年(昭和59年)に開館された公立美術館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術館「西脇市岡之山美術館」は、兵庫県西脇市(JR「日本へそ公園」駅近く)にあり、1984年(昭和59年)に開館された公立美術館で、西脇市出身の美術家である横尾忠則の作品を収蔵しています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「西脇市岡之山美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「西脇市岡之山美術館」の沿革について

公立美術館「西脇市岡之山美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「西脇市岡之山美術館」は、1984年(昭和59年)に「横尾 忠則」氏の作品展示と保存を目的として開館され、当初は財団法人西脇市岡之山美術館として運営されていました。

その後、2002年(平成14年)に財団法人西脇市文化振興財団に改編、2005年に西脇市スポーツ振興財団、西脇市公共施設管理協会を加えて財団法人西脇市文化・スポーツ振興財団に改編されました。

2012年に公益財団法人西脇市文化・スポーツ振興財団に名称変更され、2013年(平成25年)からは「横尾 忠則」氏の作品に留めず、現代美術の企画展示をする美術館として運営されています。

公立美術館「西脇市岡之山美術館」の概要について

公立美術館「西脇市岡之山美術館」は、公益財団法人西脇市文化・スポーツ振興財団が運営する公立の美術館です。

兵庫県西脇市にあり、広さ387.96平方メートル、西脇市出身の美術家であえる横尾忠則の作品を収蔵しており、職員数は平成30年現在で5名です。

また平成30年度の来館者数は、3,470人です。

▼参考URL:西脇市|平成30年度公益財団法人西 脇市文化・スポーツ振興財団事業及び決算の報告について

公立美術館「西脇市岡之山美術館」の施設・展示について

公立美術館「西脇市岡之山美術館」には、本館とアトリエがあります。


本館には、ギャラリー、プロジェクションルーム、ミーティングルームなどがあります。

現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)展覧会「『星とアート』展ー星を忘れない。天空のイメージー」
会期:2019年8月4日(日)~12月1日(日)

2)展覧会「アートの扉3『池田 慎(いけだ しん)』展」
会期:2019年12月15日(日)~2020年3月22日(日)

公立美術館「西脇市岡之山美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「西脇市岡之山美術館」のシンボルマークに関する情報については、確認できませんでした。

公立美術館「西脇市岡之山美術館」の館長について

現在の公立美術館「西脇市岡之山美術館」の館長は、「吉岡 輝寿(よしおか てるひさ)」さんです。

「吉岡 輝寿」さんの経歴、および公立美術館「西脇市岡之山美術館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術館「西脇市岡之山美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「西脇市岡之山美術館」は、兵庫県西脇市にあり、最寄り駅は、JR「日本へそ公園駅」です。

開館時間は、10:00~17:00です。

休館日は、月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日(土・日を除く)、年末年始(12月29日~1月3日)です。

詳細な情報については、公立美術館「西脇市岡之山美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:西脇市岡之山美術館|ご利用案内
http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/guideline/

公立美術館「西脇市岡之山美術館」の入館料について

普通入館者は、大人は310円、高・大学生は210円、小・中学生は110円、団体入館者は、大人は260円、高・大学生は160円、小・中学生は80円です。

なお、障がい者は団体割引料金で、付添の方1名は無料です。

詳細な情報については、公立美術館「西脇市岡之山美術館」のホームページなどをご確認ください。


▼参考URL:西脇市岡之山美術館|ご利用案内
http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/guideline/

公立美術館「西脇市岡之山美術館」の職員数について

公立美術館「西脇市岡之山美術館」の職員数は、平成30年度現在で5人です。

参考URL:https://www.city.nishiwaki.lg.jp/material/files/group/23/20190823houkokudai12goubunnkasupo-tusinkouzaidan.pdf

公立美術館「西脇市岡之山美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去の情報もみつかりませんでした。

公立美術館「西脇市岡之山美術館」の財務状況について

平成30年度の公立美術館「西脇市岡之山美術館」の運営費は、103万3,574円でした。

その主な内訳は、入館料、講座受講料、施設使用料などです。

▼参考URL:西脇市|平成30年度公益財団法人西 脇市文化・スポーツ振興財団事業及び決算の報告について

まとめ

以上、公立美術館「西脇市岡之山美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立美術館「西脇市岡之山美術館」は、西脇市出身の芸術家である「横尾 忠則」氏の作品の展示と保存とを目的として開館され、現在は、現代美術の展示拠点として運営されている公立の美術館です。

公立美術館「西脇市岡之山美術館」のウェブサイトのURL

http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2022年5月4日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG