公立博物館「岡山シティミュージアム」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「岡山シティミュージアム」の基本情報について解説します。

公立博物館「岡山シティミュージアム」は、岡山県岡山市にあり、2005年(平成17年)に開館された「岡山市デジタルミュージアム」を前身とする公立博物館です。


はじめに

今回ご紹介する公立博物館「岡山シティミュージアム」は、岡山県岡山市(JR岡山駅近く)にあり、2005年(平成17年)に開館された公立博物館で、岡山市を中心とした地域の歴史や生活文化の実物資料などを収蔵しています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立博物館「岡山シティミュージアム」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立博物館「岡山シティミュージアム」の沿革について

公立博物館「岡山シティミュージアム」の沿革についてご紹介します。

公立博物館「岡山シティミュージアム」は、2002年(平成14年)に岡山駅西口にリットシティビルが着工され、2005年にリットシティビル完成され、「岡山市デジタルミュージアム」としてグランドオープンされました。

その後、2012年(平成24年)に公立博物館「岡山シティミュージアム」に名称変更されました。

公立博物館「岡山シティミュージアム」の概要について

公立博物館「岡山シティミュージアム」は、岡山市が運営する公立の博物館です。

岡山県岡山市にあり、前身は「岡山市デジタルミュージアム」で、広さ6,200平方メートル、岡山市を中心とした地域の歴史や生活文化の実物資料などを収蔵しており、常勤役職員および来館者数については、確認できませんでした。

公立博物館「岡山シティミュージアム」の施設・展示について

公立博物館「岡山シティミュージアム」の施設は、リットシティビル内の4階と5階にあります。

4階には、企画展示室と講義室、5階には、岡山空襲展示室、企画展示コーナー、まちのシンボル鐘撞堂、岡山城とまちのひろがり、岡山の祭り、岡山の自然、岡山情報宝庫があります。

現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)展覧会「おかやまと桃太郎展3」
会期:2019年11月26日(火)~2020年1月19日(日)
会場:5階展示室


2)展覧会「絵師100人展 06」
会期:219年12月12日(木)~2020年1月26日(日)
会場:4階企画展示室

3)展覧会「特別展 蜷川実花展ー虚構と現実の間にー」
会期:2020年2月1日(土)~3月31日(火)
会場:4階企画展示室

4)展覧会「常設展 岡山の歴史と文化/岡山市埋蔵文化財発掘調査速報展」
会期:2020年2月15日(土)~4月4日(日)
会場:5階常設展示室

公立博物館「岡山シティミュージアム」のキャッチコピー・シンボルマークについて

公立博物館「岡山シティミュージアム」のシンボルマークは、「岡山の歴史と今、誇りを記録・保存し、展示・発信する」というコンセプトを、「旭川」と「岡山城」の位置関係をモチーフにデザインしたものです。

このマークは、中央にある赤い円が岡山城の位置を示し、青い筆跡の線が旭川の形状を表し、力強さと躍動感が表現されています。

公立博物館「岡山シティミュージアム」の館長について

現在の公立博物館「岡山シティミュージアム」の館長および、現在、公立博物館「岡山シティミュージアム」の館長が何代目であるかについては確認できませんでした。

公立博物館「岡山シティミュージアム」のアクセス・開館時間・休館日について

公立博物館「岡山シティミュージアム」は、岡山県岡山市にあり、最寄り駅は、JR岡山駅です。

開館時間は、午前10時~午後6時です。

休館日は、全館休館、4階のみ休館、5階のみ休館があります。

詳細な情報については、公立博物館「岡山シティミュージアム」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:http://www.city.okayama.jp/okayama-city-museum/

公立博物館「岡山シティミュージアム」の入場料について

公立博物館「岡山シティミュージアム」の入場料は、常設展、企画展、特別展によって異なります。

常設展

通常展普通入場者は、一般は310円、高・大学生は210円です。

なお、中学生以下、65歳以上の方、および身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・自立支援医療受給者証・特定疾患医療受給者証・特定医療費受給宇者数・小児慢性特定疾患医療受給者証・介護保険被保険者証を持参の方と付添の方1名は無料です。

企画展

企画展「絵師100人展 06」(会期:219年12月12日(木)~2020年1月26日(日))の入場料は、一般は800円、高・大学生600円、小・中学生400円です。


特別展

特別展「蜷川実花展ー虚構と現実の間にー」(会期:2020年2月1日(土)~3月31日(火))の入場料は、一般は、1,300円、中・高校生は800円です。

詳細な情報については、公立博物館「岡山シティミュージアム」のホームページなどをご確認ください。

公立博物館「岡山シティミュージアム」の職員数

公立博物館「岡山シティミュージアム」の職員数については、確認できませんでした

公立博物館「岡山シティミュージアム」の採用人数

現在は募集を締め切りましたが、令和元年には任用職員(学芸員)の募集がありました。

▼参考URL:http://www.city.okayama.jp/hofuku/engo/engo_00253.html

公立博物館「岡山シティミュージアム」の財務状況について

公立博物館「岡山シティミュージアム」の運営費については、確認できませんでした。

まとめ

以上、公立博物館「岡山シティミュージアム」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立博物館「岡山シティミュージアム」は、岡山城、伝統工芸品の備前焼など、岡山市を中心とする地域の歴史や生活文化の実物資料を収蔵・展示している公立の博物館です。

公立博物館「岡山シティミュージアム」のウェブサイトのURL

http://www.city.okayama.jp/okayama-city-museum/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2021年8月20日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG